フラワーアーティスが考える、休息時間の過ごし方。「リモートワークで一息つきたいときは、身近な草花に目を向けて」
2020.03.28

第59回 前田有紀の『週末・気分転〈花〉』 フラワーアーティスが考える、休息時間の過ごし方。「リモートワークで一息つきたいときは、身近な草花に目を向けて」

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。今回はリモートワークの合間で出会った草花のお話です。
前田 有紀
前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀さんの記事一覧 →

突然ですが…

突然ですが第二子を授かりました。この夏に出産する予定でいます。会う方にも少しずつ報告をしているところですが、幸い体調はとてもよく、毎日もりもりと食べています。おもむくままに食べ過ぎてしまっているためか、今月だけでも2・3ケ月妊娠が進んだようなお腹の大きさに!次の検診で怒られやしないかと少しドキドキしています。

仕事の合間に〈海蔵寺〉へ。

FotoJet (2)

このご時勢もあり、身重なこともありあまり遠出はできていませんが、少し前にたまたまテレワークだった夫と休憩時間が重なり、30分ほど2人で住まいのある鎌倉で集合しました。訪れたのは〈海蔵寺(かいぞうじ)〉という扇ヶ谷にあるお寺です。

DSC00875

この時は、鎌倉はまだ桜が咲いていなかったのですが、「花寺」としても知られている〈海蔵寺〉では、いつの季節に訪れても、お花がひっそりと咲いていて、季節の移ろいを実感できる場所です。

FotoJet (1)

入り口すぐの真っ白なユキヤナギが満開でした。

DSC00876
DSC00888

そして、お寺の外ではタンポポが咲き始めていました。当たり前に季節ごとに花を咲かせる植物には元気がもらえますね。静かに一緒に同じ景色を眺めて「じゃ、仕事戻るね!」「うん、お互い頑張ろう!」と、目を合わせて解散したほんのひとときのこと。最近は、家事や育児のこと、色々なオペレーションの業務連絡が多くて、一緒に景色を眺めることをしていなかったなと振り返りました。

気持ちをお花に乗せて届けてみませんか?

DSC00996

私の運営してる花屋でも、ご自宅用に、またギフト用に、生花のオーダーをするお客様が増えてきました。なかなか会いにいけないからこそ、気持ちを伝える手段として、お花を選んでくださっている方が多いことが嬉しいです。こんな時だからこそ「気持ち」をお花に乗せてお届けできるように前向きな気持ちでしっかりブーケをお作りしていきます!

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る