「パフェはお持ち帰り」の時代。人気フルーツパーラーのテイクアウトパフェ8選
2020.02.08

フルーツのフレッシュさがたまらない! 「パフェはお持ち帰り」の時代。人気フルーツパーラーのテイクアウトパフェ8選

2020年の幕開けとともに、パッと華やぐスイーツニュースが到着。さまざまな視点から、Hanako編集部が今シーズンのスイーツブームを大予報。今回は、美しさと多層的味わいはそのまま持ち帰って楽しめるようになったフルーツパーラーのパフェをご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.『パーラー系の中で完成度が一番高い!』〈京橋千疋屋東京駅一番街店〉/東京

1219_Hnk3パフェ_0439_bDN-removebg-preview
「苺パフェ」800円

目利きにより選び抜かれた果物がそろう1881年創業の果物店。東京駅一番街店限定で、旬のフルーツを使った持ち帰り用パフェを販売。果物の魅力を活かすため、フルーツのソース、ムース、生クリームなどシンプルな素材を合わせる。

1219_Hnk3パフェ_0432_bDN-removebg-preview
「メロンパフェ」900円
1219_Hnk3パフェ_0447_bDN-removebg-preview
「フルーツパフェ」800円

〈京橋千疋屋(きょうばしせんびきや)東京駅一番街店〉
■東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅一番街B1
■03-3212-2517
■8:30~19:30LO(土日祝~20:00LO)無休

2.『フルーツカットの美しさはさすがの一言』〈新宿高野本店〉/新宿

1219_Hnk3パフェ_0011_bDN-removebg-preview
「いちごシャンパーニュ」1,000円

1885年創業の老舗高級フルーツ専門店。新宿高野本店限定で、旬の果物を使った持ち帰り用パフェを販売。マスクメロンはメロンムース、メロンジュレ、クレームブリュレを重ね、いちごはイチゴコンポート、イチゴシャンパンゼリー、ビターショコラムースを重ねている。

1219_Hnk3パフェ_0015_bDN-removebg-preview
「マスクメロンパフェ」1,300円

〈新宿高野本店〉
■東京都新宿区新宿3-26-11B2
■03-5368-5151
■10:00~20:30(日祝~20:00)不定休

3.『果物がおいしくてレトロな雰囲気も魅力』〈パティスリー銀座千疋屋 エキュート赤羽店〉/赤羽

1219_Hnk3パフェ_0031_bDN-removebg-preview
「苺パフェ」800円

果物専門店〈銀座千疋屋〉の伝統を踏襲した〈パティスリー銀座千疋屋〉では、エキュート赤羽店限定で季節ごとに持ち帰り用パフェを販売。生クリーム、バニラムースのほかサクサクのフィアンティーヌ、ディプロマットクリームなどを合わせている。

1219_Hnk3パフェ_0048_bDN-removebg-preview
「フルーツパフェ」800円
1219_Hnk3パフェ_0018_bDN-removebg-preview
「メロンパフェ」900円

〈パティスリー銀座千疋屋 エキュート赤羽店〉
■東京都北区赤羽1-1-1JR赤羽駅〈エキュート赤羽〉内
■03-5939-7315
■9:30~22:00(日祝~21:00)無休

今回紹介してくれたのは…

パフェ

齋藤優子(さいとう・ゆうこ)/京都在住で東京と行ったり来たり。スイーツやカレーを愛してやまない美食家ライター。『Hanako』『BRUTUS』などに、フード、スイーツジャンルを中心に執筆中。

斧屋(おのや)/パフェを通して食文化とエンタメについて考える評論家。多くのメディアやイベントに出演。著作は『東京パフェ学』(文化出版局)、『パフェ本』(小学館)など。

(Hanako1181号掲載/photo : MEGUMI text : Riho Nakamori)

TOPに戻る