愛用品 永田さん

ハナコラボ パートナーに聞いた! 働く女子の愛用品「子どもが描いた絵は印刷してポストカードやお菓子袋のタグに」 Learn 2021.05.26

仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、ハナコラボ パートナーたちが愛用しているマストアイテムをご紹介。今回は、写真・動画撮影、レシピ開発など、フリーランスでマルチに活躍する永田尚子さんに話を聞きました。

今回、愛用品を紹介してくれるハナコラボ パートナーは…

愛用品 永田さん

名前:永田尚子さん(ながた・なおこ)
職業:写真・動画撮影、レシピ開発ほか
年齢:33歳

2人のお子さんを育てながら、写真・動画撮影、レシピ開発などマルチに活躍する永田さん。昨年の春に、大阪から東京へ引っ越しました。「大阪では子どもを保育園に預けられていたのでお迎えは18:30でしたが、東京では幼稚園のため13:30に。限られた時間でできることを考えた結果、当時勤めていた会社を辞め、フリーランスになることを決意しました」。

現在は、主に企業から依頼された商品をSNS用に自宅で撮影。商品は様々で、食や子ども用品が多い。「おつまみ料理を紹介する動画メディア『TSUMAMO』では、週4回、料理家の中本千尋さんが考えたレシピを撮影し、編集、更新まで担当。そのほか、コミュニティメディア『NEXTWEEKEND』では数ヶ月に1回、『子育て交換日記』というコラムも執筆するなど、色々なことに挑戦しています。元々、気に入った商品を誰かにおすすめするのが好きなので、その商品の企業の方が投稿を見つけてくださり、仕事の依頼をいただけたときはうれしいですね」。

商品の魅力を伝える仕事が多い永田さんですが、はじめた当初は悩みがあったとか。「カメラも料理も、私はプロではないので大丈夫かな…と。でも、何度か仕事をしているうちに“自宅でできる範囲で”“リアルに楽しんでいる感じで”など、あえて本格的ではないものをクライアントが求めていることがわかって。それからは“普通の感覚”を大切に、自分らしく働くようになりました」。

東京に拠点をうつしてから1年、いまの生活のリズムにもだいぶ慣れてきた。「今年から長男が小学生になり、送り迎えがなくなったのでだいぶ楽になりました。とはいえ、コロナ禍で習い事が急になくなるなど、急なスケジュール変更は多い。いまの仕事は好きでやっていることですが、つめ込みすぎると逆にストレスになってしまうため、余白の時間をもちつつ、あとは秋に出産を控えているので無理はせず続けていきたいです。趣味の読書をして、インプットの時間に費やしてみるのもいいかもしれませんね」。

子どもの遊びに欠かせない愛用品。

永田さんは、お子さんと遊ぶときに大切にしていることがある。「大人と子どもが一緒に楽しめることを提案します。子どもの遊びにこちらが合わせすぎてしまうと、どうしても付き合ってあげている気分になり、山積みの洗濯物を畳みたい気持ちに…(笑)。それならば、自分がクレープを食べたいときは『クレープを作ろう』と子どもに提案するなど、こちらからも積極的に発信をして、お互いが全力で遊べるようにしています。そのため、情報収集は必須。特に公園に行けない雨の日は、同い年くらいの子どもがいるお母さんのSNSチェックは欠かせません。そして長男が絵にはまるように、自信が持てるものが1つでも見つかったら伸ばしてあげたいなと。子育ては長く続くものなので、楽しくできたらいいですよね」。

クリップボードとA4サイズのコピー用紙で楽しくお絵かき。

クリップボードとA4サイズのコピー用紙。左下に小さく写っているのが、プラ板の完成品。
クリップボードとA4サイズのコピー用紙。左下に小さく写っているのが、プラ板の完成品。

1人目のお子さんは大のお絵かき好き。「以前はスケッチブックを使っていましたが、何冊あっても足りないので、たくさん描いても罪悪感のないA4サイズのコピー用紙にチェンジ。さらに、試し書きみたいな絵と残しておきたい絵がごっちゃになってしまうのがイヤだったので、本当に気に入ったものはスマホに保存するように。データは、インスタの専用アカウント(@meatball_minato)に公開しています」。ちなみにA4サイズなのは、年齢的にそれ以上小さな絵がうまく描けないから。いつでもどこでも描けるようクリップボードに用紙をはさみ、リュックに入れて持ち歩いているそう。「子供たちはプラ板も好きなので、気に入ったイラストはプリント用プラ板に印刷してキーホルダーやピアスに。とても喜んでくれます」。

完成した絵はコピー機で印刷して、ポストカードやお菓子袋のタグに。

〈Canon〉の「PIXUS」。壁に貼っているの絵やカレンダーも印刷したもの。
〈Canon〉の「PIXUS」。壁に貼っているの絵やカレンダーも印刷したもの。
縮小印刷してポストカードに。
縮小印刷してポストカードに。
手作りグラノーラは袋につめ、イラストを印刷したタグを飾り付け。
手作りグラノーラは袋につめ、イラストを印刷したタグを飾り付け。
次男作の落ち葉&ドライフラワーアート。色は色鉛筆を削ってぼかし塗りしています。
次男作の落ち葉&ドライフラワーアート。色は色鉛筆を削ってぼかし塗りしています。

おうち時間で大活躍しているのが、〈Canon〉の家庭用プリンター「PIXUS」。「購入のきっかけは、写真をたくさん印刷して、アルバムの整理がしたかったから。『PIXUS』のいいところはスクエア印刷ができるところ。刷るスピードもはやくてうれしいです。子どもの絵は縮小してポストカードにしたり、作ったお菓子のタグにして友人に配ったり。以前、“子どもが描いた絵を壁に貼ることで、自身の肯定感が上がる”という記事を読んで以来、せっかく描いた絵をしまうのはもったいないと色々工夫するようになりました」。企業やイラストレーターなどがネットで配布する印刷用のデータ「プリンタブル」も活用。「いままで本屋に行かないとなかった塗り絵や間違い探しなどが無料で印刷できるので、おうち時間では本当に助かりました。絵がまだうまく描けない次男は、イラストを印刷した紙に落ち葉やドライフラワーをのせてアートを楽しんでいます」。

お菓子作りがより楽しくなるコック帽とエプロン。

コック帽とエプロンで、パティシエ気分!
コック帽とエプロンで、パティシエ気分!
お気に入りのカッティングボードで楽しく料理しています。
お気に入りのカッティングボードで楽しく料理しています。

〈IKEA〉のコック帽とエプロンのセットは、1人目のお子さんが1歳のときから愛用。「以前、私がシフォンケーキにはまっていたときに、コック帽とエプロンを着せて仕上げの生クリームとトッピングをお願いしてみたんです。それ以来、お友達の誕生日会でケーキを作るときは必ず着用してトッピングをするように。やはり気分が上がるみたいで、まわりのお友達もみんな持っています」。ケーキ以外のお菓子もお手のもの!「1番好きなのはクッキーで、いつでも作れるように材料は常備しています。粘土みたいに好きな形が作れますし、15分で完成するからいいみたい(笑)。もう一つ、お菓子作りをする際に欠かせないのが、作業台として使っているカッティングボード。「和歌山のカフェで見たカッティングボードがかわいくて。知り合いの木材屋に作ってもらった焼き板に100円ショップの取手をつけて再現してみました」。

【今月の日常の一コマ】“横浜の母”と慕っているももよさん。

愛用品 永田さん

奈良から出てきたばかりの友人と一緒に、友人の母・ももよさんのお家へ。「友人がいない日でも『寄って、寄って〜』と言ってくださるなど、お茶をする親しい間柄。お花に詳しいももよさんは、私が遊びに行くといつもお花と器を用意してくれていて、小さなアレンジメントを作るミニワークショップが始まります。庭で摘ませてもらったお花やハーブを家で飾るのも楽しい時間。関西を飛び出しても母と呼べる人がそばにいてくれることがとっても心強いです」。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR