左・粗挽きカカオキューブ各520円(各税込)。右・コロンビア、マダガスカル、ガーナの3種入りテイストセット1,950円。
2021.03.01

今気になるのは岡山県。 【岡山旅行】行くなら知っておきたい4つのこと。名物「カキフライのソフトクリーム」、クラフトチョコレートも!

ローカルブランドが増え、国内旅行先としても注目を集めている岡山県。岡山旅行に行くなら知っておきたい、ツウしか知らないようなスポットをご紹介します。

1.〈五味の市〉の「カキフライソフト」を食す。

#カキソフト #甘塩っぱさがたまらない
#カキソフト #甘塩っぱさがたまらない

岡山県は牡蠣の名産地。日生漁港にある大きな魚市場〈五味の市〉で味わえるカキソフトは仕上げのさしみ醤油が良いアクセント。

2. 〈倉敷意匠アチブランチ〉で掘り出し物を発見!

倉敷意匠アチブランチの外観。林源十郎商店の1階にあり。
倉敷意匠アチブランチの外観。林源十郎商店の1階にあり。
カタカタ「印判手の小皿」1,080円~
カタカタ「印判手の小皿」1,080円~
トラネコボンボン「豆皿」874円(各税込)
トラネコボンボン「豆皿」874円(各税込)
倉敷意匠アチブランチの外観。林源十郎商店の1階にあり。
カタカタ「印判手の小皿」1,080円~
トラネコボンボン「豆皿」874円(各税込)

全国各地の作家や職人とコラボし、別注でオリジナル商品を作っている〈倉敷意匠〉計画室と分室のアイテムがほぼそろう唯一の直営店。

印判という古いプリント手法をあえて使う〈カタカタ〉の小皿など誤差の出る作り方を楽しんでいる作家ものがキュート。

〈倉敷意匠アチブランチ〉
■岡山県倉敷市阿知2-23-10 林源十郎商店内 
■086-441-7710
■10:00~18:00 月休(祝の場合は翌火休)

(Hanako1174号掲載/photo : Noriko Matsumoto text : Asami Asai, Saki Ikuta (Kokohore Japan))

3.欲しいガラス食器がきっと見つかる〈ヒロイグラススタジオ〉

@hiroyglass(花岡央)

岡山県備前市で吹きガラス工房〈ヒロイグラススタジオ〉を主宰する花岡央さん。淡いブルーガラスのオリジナルシリーズ「GRICE」は、お米を発色原料のひとつとしてガラスに溶かし込んだ人気作。涼感がありながらも凛とした佇まいで、ギフトにもぴったり。オンラインでは「on apartment」ほか、工房併設のショップでも取り扱いあり。ミニワイングラス1脚4,200円。

www.hiroyglass.com

(Hanako1186号掲載/photo:Kozue Hanada text&edit:Yoshie Chokki)

4.お土産には〈石挽カカオissai〉のクラフトチョコレートを。

左・粗挽きカカオキューブ各520円(各税込)。右・コロンビア、マダガスカル、ガーナの3種入りテイストセット1,950円。
左・粗挽きカカオキューブ各520円(各税込)。右・コロンビア、マダガスカル、ガーナの3種入りテイストセット1,950円。

石の街・矢掛町に誕生した店が作るのは、昔ながらの石臼で仕上げる薫り高い本格クラフトチョコレート。原材料はカカオ豆と和三盆のみ。地元産白花崗岩の石臼を使い、カカオ産地ごとの味わいを大胆に表現したチョコは、石臼形のフォルムも特徴。

〈石挽カカオissai(イシビキカカオ イッサイ)〉
■岡山県小田郡矢掛町矢掛3074-1
■0866-63-4245
■12:00~17:00 火水木休
■4席/禁煙

(Hanako1193号掲載/photo : MEGUMI styling : Mari Nagasaka text & edit : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る