京都ならではの美食が堪能できる隠れ家的名店3選
2017.10.04

繊細な「手和え寿し」に思わず歓声! 京都ならではの美食が堪能できる隠れ家的名店3選

人気寿司店の最新店の「手和え寿し」に名料亭のエスプリが詰まった旬尽くしのお弁当…京都を訪れたらやっぱり味わいたい、和の美味を堪能できる名店をご紹介!

1.アートのように美しい「手和え寿し」を楽しみに。〈AWOMB 祇園八坂〉

八坂神社のほど近く。風情ある石塀小路の町家に誕生した、人気寿司店〈AWOMB〉の最新店。

お店は石畳が敷き詰められた、京都らしい風情漂う石塀小路に。清潔感のある真っ白なオーガニックコットンののれんが目印。
お店は石畳が敷き詰められた、京都らしい風情漂う石塀小路に。清潔感のある真っ白なオーガニックコットンののれんが目印。

お店は石畳が敷き詰められた、京都らしい風情漂う石塀小路に。清潔感のある真っ白なオーガニックコットンののれんが目印。

1階の窓からは日本庭園、2階からは八坂の塔が望める、観光客ならずとも心躍るロケーション。
1階の窓からは日本庭園、2階からは八坂の塔が望める、観光客ならずとも心躍るロケーション。

1階の窓からは日本庭園、2階からは八坂の塔が望める、観光客ならずとも心躍るロケーション。

「手和え寿し」2,970円(税込)。食事メニューはこの一品のみ。
「手和え寿し」2,970円(税込)。食事メニューはこの一品のみ。

新メニューの「手和え寿し」は、愛らしい豆皿に盛り付けられた薬味を含む9種類の具とシャリ、抹茶の錦糸卵、土瓶蒸しがセットに。

薬味を和えて、お好みの具をのせて。思い思いの味を楽しんで。
薬味を和えて、お好みの具をのせて。思い思いの味を楽しんで。

薬味を和えて、お好みの具をのせて。思い思いの味を楽しんで。

具をおばんざいのように味わうもよし、具、錦糸卵をシャリにのせて、ちらし寿司のように楽しむもよし。土瓶蒸しのおだしをかけて、お茶漬けのようにさらりといただくのもOKとアレンジも自在。自分だけのおいしさを追求できるのが楽しい!

お店で使用している器やカトラリーの販売スペースも併設。
お店で使用している器やカトラリーの販売スペースも併設。

お店で使用している器やカトラリーの販売スペースも併設。

2.名料亭のサロン〈無碍山房 Salon de Muge〉でいただく旬尽くしのお弁当&甘味。

無碍山房 Salon de Muge

京都が誇る料亭〈菊乃井〉の味を気軽に味わえる場所をとの思いから、本店のすぐお隣に誕生したサロン。

無碍山房 Salon de Muge

店内はしっとりと落ち着いた雰囲気。

織部焼のタイルを敷き詰めたモダンな数寄屋造りの建物や、桜をはじめ季節の木々が彩る庭など、〈菊乃井〉らしい趣のある空間で、名物の「時雨弁当」が味わえる。

〈菊乃井〉のうま味を閉じ込めた、名物の「時雨弁当」5,000円
〈菊乃井〉のうま味を閉じ込めた、名物の「時雨弁当」5,000円
9月中旬から登場する「秋のパフェ」1,300円。
9月中旬から登場する「秋のパフェ」1,300円。

フレッシュなぶどうや柿、天津甘栗のアイス、シナモン入りの紅茶で炊いたいちじくのコンポート、ローストナッツなど、秋の味覚尽くしの逸品。

喫茶の時間には、オーダー後に練り上げるやわらかな本わらび餅、最高級の宇治抹茶のみを使った濃い抹茶パフェなど、主人の村田吉弘さんが「食べたかった」というオリジナルの甘味が出迎えてくれる。

無碍山房 Salon de Muge

3.えりぬきの素材で調える心尽くしの朝食に感激。〈朝食 喜心〉

朝食 喜心

店は抜け道的な通りに面する。

とろり濃厚な湯葉の向付で始まる朝食は「一飯一汁」とシンプルながら、素材選びや調理に手間を惜しまない姿勢が食べ手の心に響く。

「喜心の朝食」2,500円。汁物は写真の京白味噌の豚汁をはじめ3種類から選べる。〈京都中勢以(なかせい)〉の熟成豚肉を使った豚汁はうま味たっぷり。
「喜心の朝食」2,500円。汁物は写真の京白味噌の豚汁をはじめ3種類から選べる。〈京都中勢以(なかせい)〉の熟成豚肉を使った豚汁はうま味たっぷり。

訪問時間に合わせ炊き始める土鍋ご飯は見事にふっくらツヤツヤ。まずはお米からご飯に変わる頃の「煮えばな」を一口、その後も2、3回に分けて変化してゆく味わいを堪能できる。うるめいわしの丸干しを添えるのは、店を監修する料理家・中なかひがしあつし東篤志さんのご実家〈草喰なかひがし〉譲りのスタイル。

朝食 喜心

カウンター前で調理の様子が見える。

「お抹茶」650円はデミタスカップでカジュアルに味わえる。
「お抹茶」650円はデミタスカップでカジュアルに味わえる。

祇園の路地で極上の朝時間が待っている。

こんな記事もオススメ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆憧れ和食体験をもっとカジュアルにもっと楽しく♡はコチラ!
☆フォトジェニックメニューに出会える京都の隠れ家カフェ3軒はコチラ!

(Hanako1141号掲載/photo : Noriko Yoshimura, Koichi Higashiya text : Azusa Shimokawa, Aya Honjo, Awa☆Moriko)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る