フォトジェニックメニューに出会える京都の隠れ家カフェ3軒
2017.10.09

アーティスティックなパフェに彩り豊かなアレンジトースト… フォトジェニックメニューに出会える京都の隠れ家カフェ3軒

京都のカフェは路地にひっそりと佇むお店も侮れません!アーティスティックなパフェに彩り豊かなアレンジトースト…隠れ家的なお店で出会った、思わずテンションが上がるSNS映え抜群のメニューをご紹介。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.敏腕パティシエがつくるプレミアムなパフェ。〈SUGiTORA〉

SUGiTORA

新京極と寺町通、ふたつのにぎやかな商店街をつなぐ路地に、今年3月オープン。名門ホテルなどでパティシエとして研鑽を積んだ杉田晋一さんが、生家である老舗果物店の屋号を継ぎ、旬のフルーツを生かしたジェラートをそろえる。

SUGiTORA
「北海道ミルクとマンゴーのパフェ」(1,700円)(各税込)

フレッシュマンゴーのソースに甘口ワイン・モスカートのジュレなどで華やかな香りに。

その手腕がひときわ光るのが、ジェラートをベースに多彩なソースや焼き菓子のパーツを合わせたパフェ。芸術的な一品は、見ても味わってもため息の連続だ。秋に向けて、モンブランやタルトタタンをイメージしたパフェも構想中。

SUGiTORA

ジェラートはミルクなど定番と季節のフレーバー合わせて8種。

SUGiTORA
「チョコレート」
SUGiTORA
「オレンジサンギーヌ」(各400円)

2.いろんな味が楽しめるアレンジトーストに夢中♡〈dolce panda〉

オーダー専門のパティスリーを営み、人気を集めていたパティシエール・榊本未来さんが開いた菓子工房併設のカフェ。

dolce panda

榊本さんの祖母が住んでいたおうちをリノベーションし、カフェ&工房に。

dolce panda

カウンター6席のみのミニマムな空間。親子お菓子教室など、イベントも随時開催。

タルトなどの焼き菓子に加えて必食なのが、旬の食材を使ったアレンジトースト。

dolce panda
日替わりのスープ、ドリンク、小さなタルトが付いた「トーストセット」(1,000円)

仕上げに表面を軽く炙り、香ばしさを高めたりんごとくるみのメープルクリームチーズ、プチトマトとモッツァレラのジェノベーゼソースなど、甘系からおかず系まで、日替わりのトッピングが8種類も!多彩な味をハーフ&ハーフで楽しめ、組み合わせに迷うこと間違いなし。

dolce panda
乳製品・卵不使用の「おやさいクッキー」(各250円)

3.昭和レトロな路地でふだん使いの祇園を体験。〈菊しんコーヒー〉

菊しんコーヒー

八坂神社や高台寺など、観光名所がひしめく界隈にありながら、のどかな風情を残す裏道。

菊しんコーヒー

過ごしやすい季節には引き戸を開放。

「この建物自体が昔から〝菊しん〟っていう名前なんです」と店主・東翔太さんが微笑む。

菊しんコーヒー

理科の実験のようなサイフォン式の抽出に目を奪われる。サイフォンで丁寧に抽出する一杯を求め、「お兄ちゃん、いつものやつな」とご近所さんが集う温かなムードも魅力。

菊しんコーヒー

「レモントースト」400円は厚切りトーストにレモネード用シロップの果実をトッピング。後味すっきりのレギュラーコーヒー500円(各税込)。お値打ちなモーニングをはじめ、トーストやデザート、カレーなどメニュー豊富なので、いろんな時間帯に訪れたくなる。

菊しんコーヒー

味のある「レモントースト」の文字にほっこり。

豆は自家焙煎で販売もあり、100ɡ 600円(税込)~。

こんな記事もオススメ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆京都ならではの美食が堪能できる隠れ家的名店3選はコチラ!
☆おしゃれなショップ×カフェその1はコチラ!
☆おしゃれなショップ×カフェその2はコチラ!

(Hanako1141号掲載/photo : Noriko Yoshimura, Koichi Higashiya text : Azusa Shimokawa, Aya Honjo, Awa☆Moriko)

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る