DSCF22813

モデル・斉藤アリスが英語と日本語で東京を案内! Alice’s TOKYO Walk vol.7〈nukumuku〉at Sangenjyaya Learn 2018.01.28

「あれ?こんなお店あったっけ?」馴染みのエリアから少し足を伸ばせば、そこには私の知らない‘TOKYO’がたくさん。そんなまだ見ぬ‘TOKYO’との出会いを求めて、お散歩へ出かけました。

“Oh...I never knew there was a place like this!”
If I go a little farther from my favorite areas, there is so much more ‘TOKYO’ that I haven’t yet found. So, I go out in search of new discoveries.

DSCF22182

天然の国産素材にこだわった30種類以上の焼きたてパンがずらり。パン激戦区の三軒茶屋に、地元じゃなくても通いたくなる絶品パン屋さんを発見!

There are more than 30 different freshly baked breads made from domestic natural ingredients here. The bakery is in Sangenjyaya, the battleground of bakeries. You may not live near by, but you would surely want to make frequent visits.

DSCF22012

おすすめは魚介の自家製カレーパン(280円)。毎朝ダシから作るシーフードカレーはそのままライスにかけて食べたい美味しさ! 揚げずにオーブンで焼くからヘルシー。

The seafood curry bread is their signature one. The curry is made from seafood broth every morning and is tasty as it is. The special thing about this bread is that it’s baked and not fried.

DSCF21992

私の一押しはフランスパンドーナツ(230円)。懐かしくてほっこりする甘さと食べ応えのあるバゲット生地がなんとも言えない美味しさ。

My favorite is the baguette glazed doughnuts. You would definitely love its nostalgic sweet taste and filling texture.

DSCF21812

2階のカフェスペースへ上がってびっくり…。なにこれ、超かわいい〜! 60'sアメリカ雑貨で彩られたポップでカラフルな空間に大興奮。

You'll be amazed by going upstairs to the café on the second floor. Wow, how cute it is! I was excited with the colorful and pop interior decollated with American goods from the sixties.

DSCF21722

オールドアメリカンな雑貨が大好きな店主・与儀さん。掘り出し物との出会いを求めて、ロスまで買いつけに行くこともあるとか。

The owner Mr. Yogi is a collector of old American goods. He sometimes even goes to L.A. seeking for lucky finds.

DSCF22722

カフェで食べて欲しいのは「nukumukuバーガー」(1200円)。手作り&国産素材にこだわり、パテは和牛100%。黄色のラベルが可愛いクラフトビールと一緒に。

"nukumuku burger" is the must-have here. They are particular about home-made and natural ingredients like 100% wagyu beef. Why not have it with a bottle of craft beer with a cute yellow label?

DSCF22812

いただきま〜す! 和牛100%だからお肉そのものを食べているようなジューシー感!! 十勝はるかを使ったフライドポテも瑞々しくて病みつきになりそう。

Bon appétit. The patty made of 100 % wagyu beef is so juicy that it tastes like eating real beef! The French Fries made from potatoes from Hokkaido are also tasty.

(photo: Haru Wagnus)

DATA
nukumuku(ヌクムク)

世田谷区太子堂5-29-3 1階【休】月、第1,3,5火(祝日は営業)【営】8:00〜20:00 (日〜19:00) 2階 8:30〜18:00 (金土〜20:00) ☎03-6805-5411

Setagaya-ku Taishido 5-29-3 1F Close: MON, TUE

facebook

photo:Haru Wagnus

☆vol.6〈Cat's Meow Books〉at SangenjyayaClick here!

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR