名古屋で一番美味しい!アフタヌーンティー〈カフェタナカ〉へ

カフェを求めて、東京から世界まで。 名古屋で一番美味しい!アフタヌーンティー〈カフェタナカ〉へ Learn 2022.09.02

カフェ好きで知られるモデル・斉藤アリスが、東京はもちろん、日本全国そして世界のカフェをご案内!

ここ数年で一気に盛り上がってきているアフタヌーンティー。東京ではたくさん巡ってきたけど、私の地元・名古屋では今どうなの?ということで、名古屋ヌン活してきました。

カフェ外観。
カフェ外観。
看板もかわいい。
看板もかわいい。
カフェ内観。
カフェ内観。
お店の天井。
お店の天井。

いろいろと巡った中で私の一推しは、名古屋の上飯田にある〈カフェタナカ〉です。名古屋駅から電車で30分くらいの場所にあるよ。1963年創業と歴史があるお店で、コーヒー専門店でした。

クッキー缶「REGAL DE CHIHIRO」。
クッキー缶「REGAL DE CHIHIRO」。
中身はフロランタンやムラングなど約7種類。
中身はフロランタンやムラングなど約7種類。

カフェタナカといえば、クッキー缶。百貨店の催事で見かけたことのある人、多いのでは?東京でも催事に並べば、1時間以内には完売する人気っぷり。1枚ずつ手作りで焼き上げたクッキーは、さっくり、ほろり。それはもう絶品です。

お店に並ぶフルーツタルト。
お店に並ぶフルーツタルト。
自家製コーヒーも健在。
自家製コーヒーも健在。
創業当時のコーヒー缶。
創業当時のコーヒー缶。

そんな美味しいお菓子を作っているのは、創業者の娘・田中千尋シェフ。小さな頃からお店を手伝っていた千尋さんは「父の珈琲に合うフランス菓子を作りたい」という想いで、フランスへお菓子修行へ。1995年に〈タナカコーヒー〉から〈カフェタナカ〉へ進化しました。このエピソードが大好きなんです、私。

テラス席にいる斉藤アリス。
テラス席にいる斉藤アリス。
アフタヌーンティー・ア・ラ・セゾン。
アフタヌーンティー・ア・ラ・セゾン。
お店のオリジナルブレンドティーと共に。
お店のオリジナルブレンドティーと共に。

今回わたしが頂いたのは「アフタヌーンティー・ア・ラ・セゾン」の夏季限定メニュー。パステルカラーのお皿に並んだ一口サイズのスイーツたちが可愛すぎます。そして見た目からも美味しいそうなの、伝わってきますよね。

上段のスイーツ。
上段のスイーツ。
スワンシュー・ジョーヌ。
スワンシュー・ジョーヌ。
幸運を運ぶハリネズミクッキー。
幸運を運ぶハリネズミクッキー。
トロピック・ルージュエブラン。
トロピック・ルージュエブラン。

お皿の中央には、沖縄のパッションフルーツと完熟フルーツトマトを使ったゼリー、トロピック・ルージュエブラン。手前のスワンシューには、フレッシュミント、パッションフルーツ、ガナッシュを合わせたクリームが入っていて、どれも夏らしい爽やかな美味しさ。

下段はセイボリー。
下段はセイボリー。
桃のスープ。
桃のスープ。
夏野菜のプレッセ。
夏野菜のプレッセ。
スコーンとサンドイッチ。
スコーンとサンドイッチ。

お料理やスイーツには、全国の契約農家から届く新鮮なフルーツをたっぷりと使っています。桃のスープは、豚肉を塩漬けにしたパンチェッタと合わせて。ほどよい塩気と桃の甘さがたまらん。必要以上の加工はせず、素材を生かすことが田中シェフのモットー。

中段はケーキやタルト。
中段はケーキやタルト。
マンゴーのショートケーキ。
マンゴーのショートケーキ。
パイナップルのタルト。
パイナップルのタルト。
ミルフィーユ・ジャルダン・デテ。
ミルフィーユ・ジャルダン・デテ。

中段にはケーキやタルトが並びます。岩垣島のパイナップルを使ったタルトには、焼き込んだパイナップルとフレッシュな果実の両方を使用。焼いてトロトロになったフルーツ、みずみずしい生食感のフルーツ、いろんな美味しさがぎゅっと詰まっています。9月13日からは秋のメニューに衣替え。9月2日から予約がスタートするので、名古屋のみなさん、ぜひ足を運んでみてくださいね。

〈CAFÉ TANAKA(カフェタナカ)〉

■名古屋市北区上飯田西町2-11-2
■月~金9:30〜17:30(L.O.17:00)、土日祝8:30~18:30(L.O.18:00)
■不定休

「アフタヌーンティー ア・ラ・セゾン」
期間:2022年9月13日~10月28日(平日のみ。90分制。要予約)
値段:お一人様4,180円 ※2名から予約可
※予約は電話(052-938-8977)のみ受付

過去の連載はこちら


Alice in Cafeland 一覧

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR