n_DSCF2333

モデル・斉藤アリスが英語と日本語で東京を案内! Alice’s TOKYO Walk vol.6〈Cat’s Meow Books〉at Sangenjyaya Learn 2018.01.21

「あれ?こんなお店あったっけ?」馴染みのエリアから少し足を伸ばせば、そこには私の知らない‘TOKYO’がたくさん。そんなまだ見ぬ‘TOKYO’との出会いを求めて、お散歩へ出かけました。

“Oh...I never knew there was a place like this!”
If I go a little farther from my favorite areas, there is so much more ‘TOKYO’ that I haven’t yet found. So, I go out in search of new discoveries.

s_DSCF2333

「猫の店員さん、本をおひとつくださいな。」
ここは2017年8月8日(世界ネコの日)にオープンした猫本だらけの本屋さん。

" Hi, Kitty. May I have a book please?"
This is a book shop filled with books about cats that opened on the "International Cat Day”, August 8, 2017.

s_DSCF2343

「猫を助ける活動を手伝いたい」という想いから店主の安村さんは、クラウドファンディングで資金を調達。里親のいない猫たちが引き取られ、現在4匹が看板猫として働いている。

The owner Mr. Yasumura raised funds by crowdfunding with a passion to help stray cats. He has been picking them up and currently there are 4 stray cats working as shop mascots.

s_DSCF2413

置いてある本は全て猫に関するものばかり。絵本やエッセイ、写真集、猫ヨガの本まで!? 普通の本屋さんではなかなか目にしない面白い本と出会えそう。

There are only books relating to cats: picture books, essays, photo books and even books on cat's yoga!? You may come across books which are hard to come by in a normal book shop.

s_DSCF2393

置いてある本は全て試し読みして買うこともできます。ビールやコーヒーを注文したら、猫たちと一緒にしばし読書に没頭。

You can free to read and buy all of the books. Let's order a beer or coffee, and settle down to read a book with cats right by you.

s_DSCF2337

伸びをしたり、顔を洗ったり…隣でのんびりと過ごす姿を見ていると、なんだかこっちまでのほほん〜。猫たちの不思議な魅力に首ったけ!

Cats stretch themselves and wash their face... their adorable gestures will make you feel relaxed as well. No doubt they would make you fall in love with their subtle charms.

s_DSCF2380

抜け毛を使ったフェルト人形づくりなど、猫にまつわる様々なイベントの開催も。本の売り上げの一部を寄付することで、さらなる猫の保護活動にも力を注いでいる。

Events about cats like felt doll-making are held every now and then. Mr. Yasumura continue to pour their efforts into helping more stray cats by donating a part of the sales of books.

s_DSCF2487

静かな住宅街の中にひっそりと佇むお店は、本を抱いた猫のイラストが描かれた黒板ボードが目印。猫カフェではないので、猫を抱く等の行為はご遠慮くださいね。

The store is located in a quiet residential neighborhood. You can spot the shop by a blackboard with a picture of a cat in front of the entrance. Please do note that the shop is not a cat cafe and refrain from cuddling cats.

DATA
〈Cat's Meow Books(キャッツミャウブックス)〉
■世田谷区若林1-6-15
■03-6326-3633
■14:00〜22:00 火休

■ Setagaya-ku Watabayashi 1-6-15
■ Close: TUE

https://www.facebook.com/CatsMeowBooks/

photo:Haru Wagnus

☆vol.5〈KiMiDoRi〉at SangenjyayaClick here!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR