柳川の川下りやスイーツも!福岡県筑後をめぐる癒しの1泊2日旅-1日目-
2019.03.27

福岡県筑後地方の大牟田、柳川、久留米、うきは市でのんびり。 柳川の川下りやスイーツも!福岡県筑後をめぐる癒しの1泊2日旅-1日目-

福岡、というと中洲の屋台街や繁華街として盛り上がりを見せる天神など、福岡市を思い浮かべる人も多いのでは。九州一の繁華街はもちろん魅力的な場所ですが、そこからちょっと足を伸ばしてみませんか?今回は川下りやうなぎで有名な柳川や、ぶどうなどの特産品に恵まれるうきは市など、穏やかでゆったりとした時間が流れる筑後地方の旅へ出かけてみました。2日目の記事はこちらからどうぞ。

中森 りほ / フリーランス

「元グルメメディア編集のフリーライター。カレーや喫茶店、音楽や映画が大好きな下北っ子です」

中森 りほ
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

旅列車〈THE RAIL KITCHEN CHIKUGO〉でランチを楽しみながら大牟田駅へ。

東京から朝8時の飛行機に乗れば10時すぎには福岡空港に到着。

そこから地下鉄で移動し、西鉄福岡(天神)駅に着いたら、地域を味わう旅列車〈THE RAIL KITCHEN CHIKUGO〉でランチコースを楽しみながら筑後地方の大牟田駅へ向かってみませんか。

「LOCAL to TRAIN」をコンセプトにした〈THE RAIL KITCHEN CHIKUGO〉は、筑後地域の新鮮な食材を使った料理がコースで楽しめるほか、内装にも伝統工芸品が使われるなど、沿線の魅力がつめこまれた列車になっています。

〈THE RAIL KITCHEN CHIKUGO〉の詳しい乗車レポートはこちらの記事をご覧ください。

〈THE RAIL KITCHEN CHIKUGO〉公式サイト

インスタ映え抜群!〈ROOTH 2-3-3〉のミニドーナツとコーヒーでひと息。

西鉄福岡(天神)駅11:50発の旅列車に乗ったら、14:15頃には大牟田駅に到着。大牟田駅で立ち寄ってほしいのが、駅から歩いてすぐの場所にあるカフェ〈ROOTH 2-3-3〉です。

歴史ある煉瓦造りの建物を再生したお店で、ニューヨークのカフェを思わせるような内・外装は壁面の赤いレンガ、屋内の躯体も活かすことで、歴史的な良さや雰囲気などの魅力も引き出されています。

こちらで食べたいのが、直径4〜5cmと小ぶりでカラフルなミニドーナツたち。「ROOTHオリジナルプレーン」(100円)に加え「八女抹茶 & ショコラブラン」(180円)、「七山レモンクリーム」(180円)など、このお店ならではのフレーバーが15種類揃います。

お店イチオシのドリンク「BLACK & WHITE」(550円)も、ミルクの白とコーヒーのブラックが層になっていてとっても素敵!

ドーナツをドリンクの上にのせ、レンガ壁の前で撮影すれば、インスタ映えバッチリです。

〈ROOTH 2-3-3〉
■福岡県大牟田市不知火町2-3-3
■092-984-1131
■8:00〜19:00
■水休
〈ROOTH 2-3-3〉公式サイト

水郷・柳川でのんびり風流な川下りを。

大牟田駅から西鉄電車に乗り約15分ほどで、市全体に「掘割」が巡る「水郷のまち」柳川に到着です。

柳川の川下りは約410年前、柳河城築城の際、城下町を形成するために人工的に掘られたお堀を使って行われます。

川下りの乗船時間は1時間ほど。一人1,500円から乗船することができます。

柳川の川下りは、船頭さんが細長い竿一本で上手に舟を操り、ゆったりと進んでいきます。低い橋の下を通る時などは、頭をかがめるのですが、アトラクション気分で楽しかったです。

春の柳川は、堀岸に鮮やかな桃の花をのぞかせて、柳の葉っぱも色づきはじめとってもきれい。

やわらかな日差しの中に、ゆっくり、ゆっくり進んでいきます。

途中、柳川出身の詩人・北原白秋の詩を船頭さんが歌う場面も。都会の喧騒を離れ、のどかでゆったりとした時間が流れる贅沢な船旅となりました。

〈 柳川川下り(柳川観光開発)〉
■福岡県柳川市三橋町高畑329
■0944-72-6177
■9:30~16:30
■無休
柳川観光開発 公式サイト

レトロ可愛い!〈椛島氷菓〉のアイスキャンデーをペロリ。

柳川の下船場近くには、レトロで可愛らしいアイスキャンデーのお店〈椛島氷菓〉があるので、一緒に立ち寄るのもおすすめ。

古民家を利用したお店の中には、10種類ほどのアイスキャンデーが並びます。

カバ印が可愛らしいアイスキャンデーは、昔ながらの製法で一本一本手作りしているそう。今が旬のあまおうを使ったアイスキャンデーや、塩あずきなど懐かしい味わいが魅力です。

〈椛島氷菓〉
■福岡県柳川市本城町53-2
■0944-74-5333
■11:00~16:00
■水休
〈椛島氷菓〉公式サイト

自分で餃子も包める!〈餃子のラスベガス〉で福岡の夜を満喫。

柳川から西鉄電車に乗り特急で約50分、福岡市に到着。夕食は福岡で人気のビストロ〈Yorgo〉が2018年にオープンさせたお店〈餃子のラスベガス〉へ。

こちらでは注文を受けてから包む出来立ての餃子がいただけるほか、カウンター席に座れば自分たちで餃子を包むこともできるんです!

餃子の種類も「焼餃子」(480円)や「水餃子」(480円)のほか、「パクチー水餃子」(580円)、「麻辣焼餃子」(580円)などの変わり種も揃い、「肉もやし」(380円)、「半熟海苔玉」(280円)などお酒に合う料理も豊富に揃います。

お店名物のお酒「ウイスキーサワー」(480円)や「レモンサワー」(480円)などはBar秋吉が監修。店名のロゴが入った瓶もおしゃれですよね。

〈餃子のラスベガス〉
■福岡市中央区大名1-2-15 GF SQUARE大名1F
■092-707-3898
■17:00〜24:00(23:30LO)
■無休(年末年始、臨時休業の場合を除く)

福岡の夜はこれから。屋台に行ったりシメのラーメンを食べに行ったり、思い思いに福岡の夜を楽しんでみてください。

2日目は久留米市、うきは市を巡ります!2日目の記事はこちらからどうぞ。

中森 りほ

今度は柳川でうなぎを食べてみたいです!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る