クラシック音楽
2021.03.03

第6回 つまみ食いクラシック アラサー音楽家がおすすめ!面白くてクセになるクラシックYouTuber5選。登録者300万人超のチャンネルも。

3歳からヴァイオリンを始め、クラシック音楽と共に歩むこと26年。そんな筆者が、シンプルに「楽しい」「聴いてみたい」と思えるクラシック音楽の魅力をつまみ食い気分でお伝えしていくクラシック音楽入門。新しい趣味を見つけたい、癒されたい…そんなHanako女子へ捧げる連載。今回は、Hanako世代の音楽家がおすすめしたいクラシックユーチューバーをご紹介します。

1.業界の裏話からプロの一発撮り(!)演奏動画まで、興味深いクラシックの世界が覗けちゃう『KOKESHI ARTS』

「『クラシック音楽は堅苦しい。』そんなイメージを払拭するために立ち上げられたチャンネルです!「レコーディングの裏側ってどうなっているの?」「コンサートの本番中に寝ちゃうことがあるって本当?」等々、ちょっと言いにくい業界の裏話や比較実演を交えながら、観た人に「へえ〜」と思ってもらえるようなコンテンツをお届けしています。ゲストは毎回入れ替わり!テレビでみたことのある音楽業界の有名な「あの人」が出演するかも!?」

Navigator…村田光史(むらた・こうじ)

クラリネット奏者兼フリーのシステムエンジニア。クラシック音楽のYouTubeチャンネル『KOKESHI ARTS』ディレクター。来てくれたゲストに無茶振りをするのが大好き。座右の銘は「不言実行」。

2.世界を舞台に活躍する日本人ピアニストが送る『たくおんtv』

「ウィーン在住のピアニスト・石井琢磨さんのチャンネルです。演奏動画だけでなく、ウィーンの美しい街並みや音楽家の仲間との対談などYoutubeだからこそ楽しめるコンテンツが盛りだくさん!私がドイツへ初めて来たときに彼の生演奏を聴き、衝撃を受けたのを覚えています。このピアニストは絶対にこれからもっと有名になると、確信のようなものがありました。録音は何度でも録り直せたり、編集したりと、実際の演奏をどうにでもできる時代にはなりましたが、コロナ禍が収まった暁には、ぜひ彼のライブ演奏も聴いてみて欲しいです。本物の素晴らしいピアニストです。」

Navigator…渡辺晴香(わたなべ・はるか)

ドイツ・ライプツィヒ留学中の自然が大好きなピアニスト。現在は現地オーケストラ団員の伴奏者を担当するなど、主に伴奏や室内楽の分野で活躍中。座右の銘は「七転び八起き」。

3.登録者は300万人超!みんなが笑えるクラシック“あるある”を発信するチャンネル『TwoSet Violin』

「オーストラリアのヴァイオリニスト2人組によるチャンネルです。小さい頃からの英才教育、青春時代はコンクールや音大受験、卒業後は楽団のオーディション…という典型的な音楽家人生を歩んだ2人だからこそ創り上げられる、クラシック音楽家のネタの数々は、笑えること間違いなしです。音楽業界の方にかかわらず他の業界にも共通するような「あるある!」が沢山。ただ笑えるだけではなく、少し勇気をもらえる、そんな動画です!」

Navigator…猪子奈実(いのこ・なみ)

東京音楽大学卒業。桐朋オーケストラ・アカデミーを経て、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団に在籍。現在、中国国家大劇院管弦楽団ヴァイオリン奏者。

4.実力派イケメンロシア人ヴァイオリニストのお洒落な演奏動画『Yury Revich channel』

「ヨーロッパで大人気の、今をときめくヴァイオリニスト、ユーリ・レイヴィチのYouTubeチャンネル!とにかく上手い、同世代で最も素晴らしいヴァイオリニストの一人のユーリ君ですが、実力もさることながら、本人監修のお洒落で画期的な演奏動画を沢山配信している事も、彼の魅力の一つ。今まで彼が演奏してきた、世界各国の錚々たる名ホールでのコンサート動画ももちろん配信しているので、クラシックファンも、そうでない人も存分に楽しめるチャンネルです。個人的には、特にクラシックを普段聴かない方々に、彼のinstagramもインスタグラマー顔負けのかっこ良さなので、両方是非チェックしてほしい!」

Navigator…福原すみれ(ふくはら・すみれ)

東京音楽大学卒業後、モスクワに渡りチャイコフスキー国立モスクワ音楽院にて研鑽を積む。現在モスクワ在住5年目。

5.ベルリンの名門オーケストラが繰り広げるオーケストラのさまざまな顔『KonzerthausVideos』

「ドイツ・ベルリンに本拠を置くオーケストラ『ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(Konzerthausorchester Berlin)』のチャンネルです。歴史ある素晴らしいオーケストラですが、Youtubeはとても親しみやすい動画がたくさん!街中の音をオーケストラの楽器で表現したり、面白い楽曲を演奏してみたり、団員の対談など、もちろんコンサートの動画もあり、オーケストラのいろんな表情を楽しむことができるチャンネルです。全編ドイツ語(または英語)ではありますが、美しい映像と音楽で楽しめること間違いなしです。ベルリンを訪れる機会があったら、ぜひ生で、そして素晴らしいホール〈コンツェルトハウス ベルリン〉でこのオーケストラを聴いて欲しい!」(小林)

【おまけ】Youtubeでクラシックコンサートデビュー!『春の室内楽コンサート』

このご時世、なかなかコンサートへ行けない方々に朗報!オンラインでクラシックコンサートが気軽に楽しめるチャンネルがあります。今回ご紹介するのは、春に聴きたくなるクラシックのメロディが堪能できる『春の室内楽コンサート』。Youtubeチャンネル『Viva Classic』にて配信されます。なかなか一緒にいけないお子さまと、または夫婦で、家族で、そしてひとりでも、この春おすすめのコンサートです。まずはYoutubeからクラシックコンサートデビューしませんか?(実際コンサートも行われるので、足を運んでも◎)

クラシック音楽

【コンサート概要】

■東京都目黒区八雲1-1-1〈めぐろパーシモンホール〉小ホール(東横線「都立大学駅」徒歩7分)
■3月16日(火)
■18:30開演(18:00開場)〜20:00(終演予定)
■4,500円

【オンライン配信概要】

■3月19日(金)
■20:00~
Youtubeチャンネル『Viva Classic』にて配信予定時刻より公開。

クラシック音楽

(illustration:Erena Kobayashi)

いかがでしたか?ユニークで魅力的なクラシックチャンネルをご紹介しましたが、素敵なクラシックYouTuberはまだまだたくさんいらっしゃいます。コンサートへ行くのにハードルの高さを感じている方や、忙しくてなかなか行けない、そもそもクラシックをもう少しカジュアルに楽しみたい…そんな方々にもYouTubeはとても身近で親しみやすいツールなのではないでしょうか。今回の“つまみぐい”が、みなさんのクラシック音楽への扉を開くきっかけになりますように。次回もお楽しみに。

【連載記事一覧】

小林 えれな
小林 えれな / Hanako.tokyo

「宇宙の街(茨城県つくば市)出身のヴァイオリン弾き。都内の音大を卒業後、ベルリンに留学。現在はアナログ(クラシック音楽)とデジタル(Webライター)を行き来するパラレルワーカー。」

小林 えれなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る