n2_mikawaya_0033

秋になったら食べたくなるものと言えばこれ! とろ〜り濃厚…やみつき必至の【銀座】の絶品グラタンランチ7選 Food 2017.09.20

チーズ好きにはたまらないグラタン。老舗高級洋食店の伝統の味に秘伝のレシピで作るホテルメイドのものまで、銀座のおすすめランチをご紹介!

1.焦げ目もこんがり美しく伝統の味を今に伝える。〈みかわや〉

「芝海老のグラタン」(2,900円)(税込)
「芝海老のグラタン」(2,900円)(税込)

昭和23年創業の老舗高級洋食店。「芝海老のグラタン」は、50年以上続く定番メニュー。まだ洋食が日本に浸透していなかった創業当初、「芝海老のグラタン」が新聞に掲載されたのを機に瞬く間に人気店の仲間入りを果たしたという逸話を持つ。バターライスの上に、芝海老、タマネギ、マッシュルーム入りベシャメルソースをのせて。サラダ付き。レシピや素材は当時のままに、国産の芝海老を厳選して使用。鍋底にバターライスを薄く敷きつめ、濃厚なベシャメルソースとの絶妙な相性で堪能させる。

みかわや

レトロな洋館が特別感を演出。

2.ホワイトソースと和素材の妙。ご飯に似合いの懐かしの味!〈銀之塔〉

「グラタン」(1,900円)(税込)
「グラタン」(1,900円)(税込)

自家製ホワイトソースにパルメザンチーズをかけ焼き上げた。小鉢3品とお新香、ご飯付き。「グラタン」はマカロニを使わず、ご飯と一緒に食べるのが創業時から変わらぬ独自のスタイル。バターたっぷりのホワイトソースに、エビとしいたけをごろりと加えて和の風味をプラス。どこか懐かしい味わいに、やみつきになること間違いなし。

銀之塔

質蔵を改装したという風情漂う店構え。昭和30年の開店以来、メニューは「シチュー」と「グラタン」の2種類のみ。

3.秘伝のレシピを代々受け継ぎ、ホテルメイドの上質な美味を提供。〈パークサイドダイナー〉

「マカロニグラタン」(2,200円)(税込)
「マカロニグラタン」(2,200円)(税込)

チキン、ハム、マッシュルーム入り。隠し味にニンニクを少量忍ばせ風味を高めている。特製のベシャメルソースは、代々の料理長に受け継がれてきたホテルが誇る伝統の味。マカロニはあえて柔らかめに仕上げ、ソースをほどよく含ませた日本流のスタイルで提供している。小海老が彩りよく鎮座する様は、まさに洋食のお手本のような美しさ。手間暇かけたその味に、一度食べたら誰もがファンになってしまうとか。11:00~提供。

パークサイドダイナー

今年開店10周年。フェアも各種開催。

4.変わらぬ味で愛され続けて50年。ランチタイムの人気メニュー。〈café 紅鹿舎〉

「グラタンとスウィートパン」(900円)(税込)
「グラタンとスウィートパン」(900円)(税込)

チーズをたっぷりのせて香ばしいランチセットのグラタンは昭和40年代から続くロングセラー。サラダ、玉子、ドリンク付き。具材には水煮のあさりを使い、貝のダシでソースの旨みをグッと高めている。セットのスウィートパンはパン屋に特注する店のオリジナルで、やさしくほのかな甘さが特徴。サラダやゆで玉子も付いてボリュームも充実、大満足のおいしさに人気の理由がうかがえる。ランチ(11:00~14:00)メニュー。

café 紅鹿舎

昭和32年創業。有楽町の名物喫茶。

5.魚介の風味が香るリッチな味で優雅なランチタイムを手に入れて。〈ロイヤルクリスタルカフェ〉

「シーフードグラタン」(2,200円)(税込)
「シーフードグラタン」(2,200円)(税込)

ランチタイムの一番人気は、ズワイガニ、帆立貝、エビと、魚介を贅沢に使った「シーフードグラタン」。サラダ、パン、コーヒーか紅茶がセットに。ドリンクはおかわり可。自家製ホワイトソースにマカロニと水牛のモッツァレラチーズ「ブッファラ」を合わせ、リッチかつ奥行きある味わいに。ランチ(11:00~14:00)メニュー。

ロイヤルクリスタルカフェ

ラリックの調度が飾られた瀟洒な店内。

クラシック音楽が流れる店内はどこまでも優雅な雰囲気で、思わず長居してしまう心地よさ。

6.ソースに潜むマカロニに老舗洋食店のこだわりがきらり。〈煉瓦亭〉

「エビマカロニグラタン」(1,700円)(税込)
「エビマカロニグラタン」(1,700円)(税込)

マカロニの存在感で群を抜くのが、洋食の草分け〈煉瓦亭〉の「マカロニグラタン」。数十年来のレシピを守り、マカロニはカットせず使うのが店のこだわり。エビ、タマネギ、マッシュルーム入り。マカロニをぐるりと巻き、ベシャメルソースで閉じ込めている。マカロニによく絡むよう、ベシャメルソースは牛乳の割合を調整しサラッとした仕上がりに。パン粉にこんがり焼き色を付け、昔ながらの変わらぬ味を守り続けている。

煉瓦亭

明治28年創業。銀座を代表する洋食店。

7.マカロニではなくスパゲッティ 特製ソースで味わう名物グラタン。〈CAFE仏蘭西屋〉

「ベーコンとアスパラのスパグラタン」(1,030円)(ランチ価格・税込)
「ベーコンとアスパラのスパグラタン」(1,030円)(ランチ価格・税込)

名物はマカロニのかわりにスパゲッティを使ったオリジナルのスパグラタン。ミモレットチーズがパスタと絶妙に絡み合う。ホワイトソースとトマトソースを合わせて作る特製ソースは、風味付けにニンニクが少量加わりスパゲッティと好相性。ベーコン、アスパラ、ミモレットチーズをトッピングし、285度の高温でサッと焼き上げできたてあつあつを提供している。ランチタイム(11:00~16:00)はドリンクがセットに。

CAFE仏蘭西屋

1981年創業。銀座で貴重な憩いの場所。

こんな記事もオススメ!
☆高コスパな洗練された飲茶ランチコース2選はコチラ!
☆テーブルパフォーマンスも見事な絶品シーザーサラダのお店4軒はコチラ!
☆デトックス薬膳酵素カレーなど銀座のヘルシーランチ4軒はコチラ!

(Hanako1130号掲載/photo : Michi Murakami, Eriko Matsumoto text : Etsuko Onodera)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR