〈四喜肉粽〉のちまきはタレと一緒に茹でてから蒸し、じっくり時間をかけて作る。台湾式とは材料も調理法も異なり、一味違ったちまきが楽しめる。

秘密の台湾 一味違うと評判の湖州式ちまき。/秘密の台湾 REPORT no.27 Food 2023.03.30

台湾では、端午節に食べる風習のあるちまき。しかし一年中お客さんが絶えないちまきの老舗が台北にある。そのおいしさの秘密に迫ります。本誌連載『秘密の台湾』よりお届け。

親子3代で守り続ける〈四喜肉粽〉の、ちまきとは?

先代の故郷の味を、母と息子で守ってきた。息の合った連携プレーで手際良く作られる。
先代の故郷の味を、母と息子で守ってきた。息の合った連携プレーで手際良く作られる。
お店に貼られている台湾の伝統飾りには、商売繁盛の思いがつまったオリジナルの創作文字が。
お店に貼られている台湾の伝統飾りには、商売繁盛の思いがつまったオリジナルの創作文字が。
2階へと進むと、まさかこんな場所に!? と思うほどの秘密基地のような場所でちまきが作られている。
2階へと進むと、まさかこんな場所に!? と思うほどの秘密基地のような場所でちまきが作られている。

〈台北101〉にほど近い大安にある伝統市場、〈信維市場〉(シンヨウスーチャン)。市場がある古いビルは、映画のセットに迷い込んだか、はたまたタイムスリップしたかのような雰囲気。このビルの2階に、台湾で知る人ぞ知るちまきのお店がある。創業40年を超える〈四喜肉粽〉は、創始者の故郷・上海の味「湖州式ちまき(粽)」を親子3代で守り続ける店だ。
「義父は戦後、中国大陸から台湾へ渡ってきたいわゆる外省人です。かつての同僚たちに故郷の味をふるまった時、とても好評だったのがきっかけで、故郷の味を多くの人に食べてもらいたいと定年後にお店を始めました」と、2代目店主の陳麗蘭(チンレイラン)さんが語る。

〈四喜肉粽〉のちまきはタレと一緒に茹でてから蒸し、じっくり時間をかけて作る。台湾式とは材料も調理法も異なり、一味違ったちまきが楽しめる。
〈四喜肉粽〉のちまきはタレと一緒に茹でてから蒸し、じっくり時間をかけて作る。台湾式とは材料も調理法も異なり、一味違ったちまきが楽しめる。
若者には卵入りが人気!
若者には卵入りが人気!

この店のちまきは、肉入りの肉粽(ロウツォン)、ベジタリアンメニューの素粽(スツォン)、あんこ入りの甜粽(ティンツォン)の3タイプで、丸いもち米を使い、どれも弾力のある食感が特徴。そして人気の肉粽に使われている豚肉は、当日捌いた肉のみを使用し、秘伝のタレに長時間漬け込む。その後お米もタレに漬けることで、濃厚な味わいを生み出す。また、この湖州式ちまきは一度茹でてから蒸すという製法も特徴。肉とタレの旨味がモチモチとしたもち米にしみわたり、具材はシンプルでありながら濃厚で満足感のあるちまきとなる。この濃厚なちまきを求める人の行列は毎日、後を絶たない。

〈四喜肉粽〉(四喜食品行)/大安

c221120_7152lr

〈シーシーロウツォン〉
住所:台北市大安區信義路四段60之46號2樓 │ 地図
TEL:02-2707-2530
営業時間:9:00〜17:00
定休日:なし
70年の歴史をもつ〈信維市場〉の2階にある、創業40年を超える名店。人気の豚肉と卵入りのちまきは、1つ65元(テイクアウトのみ)。

※1元は約4.3円(2023年2月現在)、台湾の国際電話の国番号は886です。photo:Wakako Gomi text:Tomomi Murata coordination:Chen Tsui wen produce:Hanako.taiwan

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR