「一人時間を楽しむ文化をたくさんの人に伝えていきたい」/おひとりプロデューサー・まろさん
2022.08.27 — Page 1/2

第64回 ハナコラボCLOSE-UP 「一人時間を楽しむ文化をたくさんの人に伝えていきたい」/おひとりプロデューサー・まろさん

仕事に趣味に、日々自分らしく輝いているハナコラボ パートナー。実際はどんな仕事をして、どんなことに夢中になっていて、どんな風に毎日を過ごしているんだろう?リアルなライフスタイルから、彼女たちの素顔に迫ります!

今回、紹介するハナコラボ パートナーは…

「一人時間を楽しむ文化をたくさんの人に伝えていきたい」/おひとりプロデューサー・まろさん

名前:まろ
年齢:30歳
職業:おひとりプロデューサー

メディア関連の企業に勤める傍ら、一人で行きたいホテルやお店の情報を発信するWebメディア「おひとりさま。」を個人で運営するまろさん。2〜3年ほど前から、平日をメインに、都内のホテルを中心に宿泊し、“ホテル暮らし”を続けている。「ホテル暮らしを始めたきっかけは、色々な街が見たかったから。定住してしまうとどうしてもそのエリアばかりの生活になってしまいますし、東京でもまだまだ知らない場所が多い。そこで、ホテルを転々とする生活をすることにしたんです。あとは、以前から一人でたびたび宿泊するくらい、単純にホテルの空間が好きで。平日、休日関係なく、わくわくする気分でいたいなという想いもありました」。

メディアが大きくなった現在も実際に一人で宿泊し、本当にいいなと思ったホテルのみを紹介している。「実はほとんど自腹。というのも、値段と見合っているかどうかも大切なポイントの一つなので、無料で宿泊させてもらうとわからなくなってしまうなと。お金はかかるけど、日用品など買わなくて済むものが増えましたし、いまの生活ができるなら払う価値はありますね」。

“おひとりさま”で宿泊するホテルの魅力は?「チェックインからチェックアウトまでの限られた時間の中で、一人なら自分のペースで好きなことができる。素敵な空間をじっくり堪能するなど、自分がやりたいことをやり尽くせるのが魅力なのかなと思います」。

2022年からは、漫画家・マキヒロチさんのマンガ『おひとりさまホテル』(『月刊コミックバンチ』にて連載中)に原案として参加するなど、活動の幅を広げているまろさん。今後の目標は?「一人時間を通して、リフレッシュしたり、自分と向き合って、心からやりたいことや得意なことを見出せたりしたら、社会がもっと明るくなるはず。そして、外で一人時間を過ごす文化があまりない海外にも伝えていきたいです」。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る