〈THE ROAST BEEF〉
2022.06.13

「父の日似顔絵付きプラン」もあり! ギフトにもおすすめ。気分がアガる〈THE ROAST BEEF〉をお取り寄せ。

〈THE ROAST BEEF〉は「世界一アガる!ローストビーフを」をコンセプトにした日本初のローストビーフ専門ブランド。こだわりのお肉を使ったローストビーフをメインに「おもてなし料理セット」や「ギフトセット」などを揃えています。6月からは父の日やお中元などに向けたプランも新たに登場するとのことで、実際にお取り寄せしてみました!

10年ものケータリング経験から生まれた、気分がアガる〈THE ROAST BEEF〉。

〈THE ROAST BEEF〉

〈THE ROAST BEEF〉を運営するデクノバースは、パーティーやお祝いなどハレの日を舞台に10年間ケータリング事業を行なってきた企業です。しかしコロナ禍で、これまでのようなサービス提供が難しくなる事態に。そんな時ふと思い浮かんだのは、ケータリングで大人気だったローストビーフ。

〈THE ROAST BEEF〉

大きなお肉の塊を前に歓声が上がり、笑顔が生まれる様子からヒントを得て、試行錯誤のなか誕生したのが〈THE ROAST BEEF〉。コンセプトの「世界一アガる!ローストビーフを」にもうなづけます。

〈THE ROAST BEEF〉をお取り寄せ。

「THE ROAST BEEF BOX ローストビーフ 300g」8,640円。
「THE ROAST BEEF BOX ローストビーフ 300g」8,640円。
「ローストビーフ岩塩ハーブ 300g」のほか、2種類のオリジナルソース入り。
「ローストビーフ岩塩ハーブ 300g」のほか、2種類のオリジナルソース入り。
「THE ROAST BEEF BOX ローストビーフ 300g」8,640円。
「ローストビーフ岩塩ハーブ 300g」のほか、2種類のオリジナルソース入り。

今回はギフトボックスの中でもオーソドックスな「THE ROAST BEEF BOX ローストビーフ 300g」を体験。冷凍クール便で到着した商品は、しっかりとした厚みのあるボックスに入っていました。トップには鮮やかなイエローのメッセージカード付き。こちらはオンラインショップでの購入時に、フリーメッセージを含む6種類から選択できるようになっています。

冷凍状態のまま届くローストビーフ。冷凍保存なら1カ月、解凍後は翌日中が賞味期限です。
冷凍状態のまま届くローストビーフ。冷凍保存なら1カ月、解凍後は翌日中が賞味期限です。
左:わさびポン酢ソース。右:エストラゴンソース。小さなパックはすりおろしわさびです。
左:わさびポン酢ソース。右:エストラゴンソース。小さなパックはすりおろしわさびです。
同梱のローストビーフブック。
同梱のローストビーフブック。
冷凍状態のまま届くローストビーフ。冷凍保存なら1カ月、解凍後は翌日中が賞味期限です。
左:わさびポン酢ソース。右:エストラゴンソース。小さなパックはすりおろしわさびです。
同梱のローストビーフブック。

真空パックのローストビーフはもちろん大きな塊のまま!迫力があります。その他、味が異なる2種類のソースが付いてくるのもうれしいポイントです。同梱の「ローストビーフブック」によると、

(1)氷水の入ったボウルにパックのままローストビーフを入れ、2時間置く
(2)常温で30分ほど置く
(3)お肉の繊維に対し垂直に切る

という流れ。(2)と(3)の間にフライパンで軽く焼くと香ばしさがアップするそう。私もこの通りに進めてみました。

和牛とアンガス牛をかけ合わせたブランド牛「WAGYU」を使用。

〈THE ROAST BEEF〉

実際にカットしてみると、断面がキレイ!鮮やかな赤身とサシの白さのコントラストに目を奪われ、思わずテンションが上がります。

〈THE ROAST BEEF〉で使っているのは、和牛とアンガス牛をかけ合わせた「WAGYU(ワギュウ)」というブランド牛。一般的な高級肉では脂が乗りすぎた味わいになってしまうそうですが、「WAGYU」は赤身と脂身のバランスが良く、ローストビーフに最適なのだとか。

〈THE ROAST BEEF〉

中心部まで真空低温調理でゆっくり火入れし、最後に高温の鉄板で表面を焼き上げるローストビーフ。そのまま1枚食べてみると、赤身ならではのしっかりした噛み心地。鼻から抜ける風味には表面の香ばしさとともにほんのりと和牛香あり。さらに口の中にも旨味がじわじわと広がり、まさに「ザ・ローストビーフ」といった印象です。

わさびポン酢ソース。
わさびポン酢ソース。
エストラゴンソース。
エストラゴンソース。
わさびポン酢ソース。
エストラゴンソース。

また、今回のセットでさらに気分が上がったのが、趣の違うこの2つのソース。「わさびポン酢ソース」は醤油と100%のかぼす果汁のほか、鰹節や昆布、わさびからなる和風ベースの味わい。かぼすのさっぱり感にピリリと引き締めるわさびの後味で、何枚でも食べ進められるようになっていました。

個人的にお気に入りなのは「エストラゴンソース」。タラゴンという名のハーブのほか、サワークリームやマスタードなどが入ったフレンチベースのソースなのですが、サワークリームの酸味やまろやかさに、玉ねぎの香味やキリッとしたマスタードが絶妙な味加減。こちらも「さらにもう1枚……」と手が伸びるおいしさでした。

〈THE ROAST BEEF〉では全部で6種類のオリジナルソースを作っているとのこと。単品でも購入できるので、いろいろ試してみるのも楽しそうです。

「ローストビーフブック」には盛り付けテクもあり。

〈THE ROAST BEEF〉

同梱の「ローストビーフブック」には、気分がアガる盛り付けテクニックも多数掲載されています。私もそのうちのひとつをマネして盛り付けてみました。

〈THE ROAST BEEF〉

カッティングボードにローストビーフとローストポテト、野菜を並べただけですが、先ほどの盛り付けよりもグッと華やかになりました。その他、ローストビーフやソースを使ったアレンジレシピもあり。最後まで楽しく食べきれる工夫がされています。

父の日ギフトは似顔絵付きもセレクトできる。

父の日 似顔絵付き BOX (ローストビーフチキンセット)/14,000円。
父の日 似顔絵付き BOX (ローストビーフチキンセット)/14,000円。
似顔絵なしのバージョン。
似顔絵なしのバージョン。
父の日 似顔絵付き BOX (ローストビーフチキンセット)/14,000円。
似顔絵なしのバージョン。

6月からは「父の日似顔絵付きBOX」も展開中。写真データを送ると、イラストレーターが1枚1枚手描きで仕上げてくれるそう。地域にもよりますが、前日17日(金)午前中までに注文すれば6月19日(日)の父の日当日に到着するとのこと。父の日ギフトで悩んでいる方は、ぜひ候補のひとつに入れてみては。

〈THE ROAST BEEF〉
公式サイト
※1配送先につき、注文金額が9,000円(税込)以上で送料無料。

profile_takubo
田窪 綾 / ライター

「調理師免許持ちのフリーライター。食分野を中心に、Webや雑誌で執筆中。白いごはんとごはんのおともがあれば幸せ。時々おにぎり屋めぐりも楽しんでいます。」

田窪 綾さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る