夏のおもてなしの一皿。「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ
2020.08.17

出張!Kento’s kitchen 夏のおもてなしの一皿。「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ

今、注目のバンド「WONK」のボーカリストの長塚健斗さんに教わるのはビストロ仕込みの贅沢レシピ「夏野菜のガスパチョとスズキ」。 簡単な前日仕込みで旨味がぐっとアップ!夏のおもてなしにおすすめです。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

ディルで夏の爽やかさをプラス。

「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ

今、注目のバンド「WONK」のボーカリスト、長塚健斗さん。ミュージシャンでありながら料理人という顔も持つ。フレンチビストロのシェフを務めた経験があり、その腕前とセンスは確か。インスタライブで配信される料理動画「Kento’s kitchen」も好評を得ている。「3歳頃、脚立に乗って母のパン作りの手伝いを遊び感覚でしたのが、料理をはじめるきっかけ。Ⅹ代の頃から飲食業でアルバイトをして、イタリアンレストランやビストロで料理の基礎を学びました。今は、友人やメンバーを招いてごはん会をよくしていますね」そんな長塚さんが教えてくれるのは、旬の食材を使ったレシピ。「ガスパチョは、最近好きでよく作るメニュー。ソースとして肉にも魚にも合うし、作りおきができるので多めに作って、野菜ジュース感覚で飲んでます。今回は旬のスズキを使いましたが、アジやイワシ、タイも合うのでアレンジしてみてください」

■材料(2人分)

・トマト(ホールトマト缶でも可)…300g
・玉ねぎ…10g
・赤パプリカ(ピーマンでも可)…50g
・セロリ…10g
・きゅうり…1/2本
・ニンニク(すりおろし)…適量
・バゲット…15g
・塩…適量
・シェリービネガー(なければ赤ワインビネガーでも可)…大さじ2
・エクストラバージンオリーブオイル(なければピュアオリーブオイルでも可)…適宜
・スズキ(刺身用)…1サク
・レモン汁…適量
・ディル…適宜

■作り方

「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ

1.野菜をざく切りにする。トマトときゅうりは種を抜いてから、パプリカはヘタと種を取ってから、玉ねぎは繊維を断つように、セロリは硬い繊維を削ぎ取ってから切る。バゲットが硬い場合は、ひたひたの水(分量外)に浸けて柔らかくする。

「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ

2.1をボウルに入れ、塩とビネガーを加えて全体をざっと和えたら落としラップをして冷蔵庫で一晩寝かせる。※時間がなければ1〜2時間でもOK。

「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ

3.スズキを3%の塩水(分量外)に3分ほど浸ける。こうすることで、魚の余分な水分や臭みが抜けておいしくなる。キッチンペーパーで水分を拭き、吸水性の高いキッチンペーパーで包む。さらにラップで包んで冷蔵庫で一晩寝かせる。※時間がなければ1〜2時間でもOK。脱水が重要!

「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ

4.2を冷蔵庫から出し、すりおろしニンニクを加え、エクストラバージンオリーブオイルを垂らしながらハンドブレンダーやミキサーで乳化させるように攪拌する。塩で味を調え、酸味が足りなかったらビネガーを加える。

「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ

5.3を冷蔵庫から出し、薄くスライスする。

「夏野菜のガスパチョとスズキ」のレシピ

6.皿やグラスに4を敷き、5を盛りつける。スズキの上にレモン汁をかけ、塩(分量外)をかるく振ったら好みでエクストラバージンオリーブオイル(分量外)を軽く回しかけ、ディルを飾って完成。

今回教えてくれたのは…長塚健斗(ながつか・けんと)

長塚健斗(ながつか・けんと)さん

4人組バンド「WONK」のボーカル。バイオリンをはじめた3歳頃から、料理にも興味を持ちはじめる。4枚目のフルアルバム『EYES』が好評発売中。Instagram:@kentwits

(Hanako1187号掲載/photo:Kiyoko Eto text:Motoko Sasaki edit:Kana Umehara)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る