〈コーセー〉からスポーツ×ビューティの融合を目指したブランド〈SPORTS beauty〉が生まれた理由。
2019.05.05

Hanako Beauty「あのコスメが生まれた理由」第7回 〈コーセー〉からスポーツ×ビューティの融合を目指したブランド〈SPORTS beauty〉が生まれた理由。

Hanako本誌連載「Hanako Beauty Skin Care あのコスメが生まれた理由」を掲載。第7回は、〈コーセー〉からスポーツとビューティの融合を目指して開発されたブランド〈スポーツビューティ〉をコスメが生まれた背景とともにご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

スポーツする人の美しさをメイクやスキンケアでサポート。

汗、水、こすれに強く白浮きしない顔&からだ用UVカット。肌表面に強固な膜を作り、サラリとした感触。美容成分が、肌をケア。普通の石けんや洗顔料でオフできる。右「サンプロテクト ジェル SPF50+・PA++++」90g 2,000円、左「サンプロテクト ミルク」60ml 2,400円※共に編集部調べ(コーセー0120-526-311)

東京オリンピックを来年に控えて日本中が盛り上がる中、化粧品メーカーの中にも、スポーツを応援しているところがある。先日スキンケアブランド〈雪肌精〉のアンバサダーにあの羽生結弦選手が就任したことで話題を集めた〈コーセー〉だ。
「コーセーとスポーツの関係は、1976年に始まりました。レジャーのためのシリーズ「スポーツ」を発売し、年にはハードなスポーツに対応するブランド〈スポーツビューティ〉がデビュー。『スポーツをする時でも美しくありたいと願う女性たちを、化粧品を通じて応援したい』という社長の想いから、スポーツとビューティの融合を目指して開発されました(コーセー商品開発・下国良子さん)
〈スポーツビューティ〉は、落ちにくいメイク「ファシオ」と高い耐久性を誇るUVカット〈スポーツビューティ〉に分化し、今でも進化し続けている。
「近年では様々なスポーツに協賛することで、スポーツとビューティの融合に貢献しています。年にはフィギュアスケートとシンクロナイズドスイミング(現在のアーティスティックスイミング)への協賛を開始。メイクが芸術点に影響を与える競技から支援を始めました」
スポーツの世界において、メイクはほぼ選手たちのセルフ。そのためプロダクトを提供するだけでなく、メイク講習会を開くなどして、テクニックもサポートしている。
「現在はそのほかにもゴルフやスキー選手たちのサポート、一般の女性が参加するランイベントなどへの協賛も行っています」
ゴルフやスキーに参加する選手は、紫外線との戦いもシビア。そこで日焼け止めの重要性や、塗り方をレクチャーすることもあるそう。そんな中新しくなったスポーツビューティの日焼け止めを紹介したところ、UVカットに厳しい選手たちも大満足だったそう。
「新しいスポーツビューティは、ミルクとジェルの両タイプとも処方を大幅に改善。イオンの力で強固な膜を作る技術を採用しました。汗や水だけでなく、衣類との摩擦、激しい動作にも負けません。ミルクのほうは、のばすと水分が弾けるみずみずしくサラリとした使い心地。ジェルは潤い感のあるテクスチャーになっています。機能面は男前ですが、見た目はピンクでフェミニン。普通の石けんでオフできるので、タウンユースにもおすすめです」
せっかくお出かけしても、日焼けを気にしてばかりでは楽しさ半減。進化したパワフルUVカットで、太陽の光と仲良く夏を満喫しよう。

フィギュアスケートの選手に、メイクを手ほどき。たくさんの選手に向けてメイク講習会やスキンケア講習会を開き、落ちないメイクのコツや紫外線ダメージのケア法などを伝授している。

初代〈スポーツビューティ〉のプロダクト。ハードなスポーツに向けた化粧品の専用ブランドとしていち早く誕生し、ファンデーションやポイントメイクアイテムなどもリリースした。

Brand Profile

〈SPORTS beauty〉
1946年に創業。76年にスポーツ専用のメイクブランドを立ち上げてから、スポーツの振興に力を入れ続けている。現在はフィギュアスケート、アーティスティックスイミング、女子プロゴルフなどをサポート。様々な選手をアンバサダーとして迎えている。

(Hanako1172号掲載/photo:MEGUMI(DOUBLE ONE)text:Yumiko Kazama)

☆Hanako Beautyの記事一覧はこちらから。

編集部

これから汗をかきやすい季節にもぴったりです。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る