「クラリファイイング ジェル ウォッシュ」「クラリファイイング クレンジング ミルク」右から、肌になじませるとじんわり温まる、温感タイプ。肌を柔らかくほぐし、保湿成分がメイク汚れをオフ。クレンジング 170ml 6,050円。くすみの原因になる古い角質や、角栓を洗い流し、クリアな肌に。泡立たないタイプ。ウォッシュ 130g 4,950円(花王 0120-165-691)

Hanako Beauty「あのコスメが生まれた理由」 〈est〉から新たなクレンジング&洗顔が生まれた理由。大人の肌ぐすみに新しい解決策! Learn 2022.04.24

Hanako本誌連載「Hanako Beauty Skin Care あのコスメが生まれた理由」を掲載。今回は〈est〉から新たなクレンジング&洗顔 「クラリファイイング ジェル ウォッシュ」と「クラリファイイング クレンジング ミルク」が生まれた理由をご紹介します。

毛穴のブツブツが原因で顔がくすむことが明らかに!?

「クラリファイイング ジェル ウォッシュ」「クラリファイイング クレンジング ミルク」右から、肌になじませるとじんわり温まる、温感タイプ。肌を柔らかくほぐし、保湿成分がメイク汚れをオフ。クレンジング 170ml 6,050円。くすみの原因になる古い角質や、角栓を洗い流し、クリアな肌に。泡立たないタイプ。ウォッシュ 130g 4,950円(花王 0120-165-691)
「クラリファイイング ジェル ウォッシュ」「クラリファイイング クレンジング ミルク」右から、肌になじませるとじんわり温まる、温感タイプ。肌を柔らかくほぐし、保湿成分がメイク汚れをオフ。クレンジング 170ml 6,050円。くすみの原因になる古い角質や、角栓を洗い流し、クリアな肌に。泡立たないタイプ。ウォッシュ 130g 4,950円(花王 0120-165-691)

この春夏は、クレンジング&洗顔の新作が続々登場予定。中でも大人の肌ぐすみに新しい解決策を提案するエストの新製品は、要チェック!「私たちは、くすみの原因として角栓に着目しています。角栓とは、毛穴の中で皮脂や古い角質などの汚れが混ざってできたもので、普通の洗顔料ではなかなか落とせないといいます」(花王エストシニアマーケター・蔦谷美咲さん)

角栓は、毛穴目立ちの原因になったり、ニキビの元になることも。「花王では、角栓について昔から研究を重ねてきました。その過程で、角栓をケアすると肌が明るくなることに気がつきました。そこでさらに調べたところ、角栓が太陽光の中のブルーライトを浴びると酸化して、その酸化が皮脂により顔全体に伝播。やがては角層まで酸化し、顔全体がくすむことが分かったのです」

特殊な光を当てて、角栓の様子を撮影した画像。白く光って映るのが角栓で、頬にもたくさん詰まっていることが分かる。これが“大人の隠れ角栓”!
特殊な光を当てて、角栓の様子を撮影した画像。白く光って映るのが角栓で、頬にもたくさん詰まっていることが分かる。これが“大人の隠れ角栓”!
洗顔をしたあとは、保湿ケアも忘れずに。過酷な塩湖で生きる生物が生み出す保湿成分に着目。砂漠まで出かけて行った実験でも、肌のしっとり感をキープできたという驚きの名品。エストザローション140ml 6,600円(花王)
洗顔をしたあとは、保湿ケアも忘れずに。過酷な塩湖で生きる生物が生み出す保湿成分に着目。砂漠まで出かけて行った実験でも、肌のしっとり感をキープできたという驚きの名品。エストザローション140ml 6,600円(花王)

角栓というと、鼻の毛穴にできるイメージが。そんなに局所的な角栓で、顔中がくすむもの?「じつは大人だと、頬にもたくさんの角栓ができているんです。年齢を重ねると肌の生まれ変わり、すなわちターンオーバーが滞り、毛穴に古い角質が詰まりやすくなります。その結果、肉眼では見つけにくいものの、鼻だけでなく頬にもたくさん角栓ができてしまうんです」そこで花王では、“大人の隠れ角栓”を取り除くための洗顔料の開発をスタート。エストクラリファイイングジェルウォッシュとして発売することに。「新しい洗顔料は、泡立たないタイプ。厚みのあるジェルが肌に密着して汚れをしっかり絡め取ると同時に、毛穴に詰まった角栓を破壊します。

さらに、保湿成分が肌にしっかり残って、洗い上がりはしっとり。乾きやすい大人の肌を、優しく洗うことができます」さらに、抗酸化コーティング機能も搭載。くすみに対して、原因となる角栓の除去&酸化防止という、ダブルのアプローチを実現できる。同時発売のエストクラリファイイングクレンジングミルクには、そんな洗顔を助ける役割もある。「通常のクレンジングに多く含まれる油分には、新しい洗顔料が持つ、角栓除去の働きを妨げる可能性が。新クレンジングはそこを計算し、処方を工夫しています。しかも約73%が保湿成分でできていて、その保湿成分が汚れを落とすようになっています。こちらも、洗い上がりの肌が、かなりうるおうのを感じられます」スキンケアに励んでもくすみが晴れない、という人に吉報。角栓ケアをすれば、今度こそ明るい肌をゲットできるはず!

Brand Profile

「ひとりひとりの肌は宝石の原石で、磨き方を知ればもっと輝ける」というコンセプトから、2000年に誕生。個肌への対応とエビデンスに基づいた製品開発を重視している。この春にはブランドメッセージを「True to you.」に一新。エビデンスベースの姿勢を強化する。

(Hanako1207号掲載/photo : MEGUMI styling : Momoko Miyata text : Yumiko Kazama)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR