n_ichicabachika_MG_0411
2017.05.21

豊富な地酒と合わせたい、山形郷土のラーメンも! これを待ってた!博多の名物うどんにあの人気肉料理店が手掛ける鉄板焼きそばも。麺をつまみに飲める3軒

「締めじゃない!飲める麺!」をお届け。お酒が進むコクのある出汁の博多うどんに、人気肉料理店が手掛けるこだわりの無添加焼きそば、奥深い味わいの山形郷土ラーメン…締めとしてだけではなく、飲みながら美味しい麺を堪能したい!そんな願いを叶えてくれる人気の3軒をご紹介します。

1.これはブームの予感!ふわり、新食感の博多うどん。〈博多うどん酒場 イチカバチカ〉/恵比寿

ichicabachika_MG_04222

口に含んで思わずほっこり。40~50分下茹でするという麺がふわふわと軟らかいのだ。これぞ博多うどんの最大の特徴。実は、経営は博多ラーメン〈一風堂〉を運営するグループ会社。地元食文化への想いは強く、博多焼とりの名店〈八兵衛〉とコラボしてうどん居酒屋を構えたのだ。

「肉ゴボ天うどん」950円、「豚バラ串」1本200円(各税込)
「肉ゴボ天うどん」950円、「豚バラ串」1本200円(各税込)

昆布やホタテ、アゴ、焼スルメなど7種類の海産物からとったダシに塩ダレを合わせたラーメンスープ発想による汁がまたお酒に合う。これは見逃せません!

2.あのB級屋台料理がお酒が進む極上の味に!?〈無添加焼きそば バル チェローナ〉/白金高輪

cherona_MG_0319-768x512

B級グルメの焼きそばを本気で追求してみたら……。業界屈指の肉料理店〈ミート矢澤〉が立ち上げた新機軸はそんな個性派。

「牛すじネギ焼きそば」1,300円(税込)、「海老の串焼き」1本380円。
「牛すじネギ焼きそば」1,300円(税込)、「海老の串焼き」1本380円。

昼は焼きそば専門店、夜は鉄板焼きバルとして営業するが、主役はもちもちの生麺、千葉のブランド豚・アボカドポーク、吉野川産青のりなど無添加食材と、国産リンゴなどの旨みを抽出した濃厚ソースなど3種類を配合したソースで作る焼きそばだ。タパスと焼きそばにサングリアやワイン、これは至福。

3.山形郷土の味とともに優しい余韻のラーメンを。〈麺ダイニング ととこ〉/神保町

totoco_MG_0088

ここは山形出身の女性店主による郷土料理とラーメンの店。カウンター奥には地酒がずらりと並び、メニューには玉こんにゃく、冷やっこだしのっけ、いも煮から真室川の天然鮎やイワナの炭火焼きまで、山形郷土の味が驚くほど充実。

「ととこしょう油ラーメン」780円、「いも煮」550円(各税込)
「ととこしょう油ラーメン」780円、「いも煮」550円(各税込)

中でもイチオシは「ととこしょう油ラーメン」。自然循環型農業で育った米沢牧場の鶏、山形のマルセイ醤油を用いた味は奥深く、さらにトッピングの山形産リンゴ酢を加えると、飲んだ後にも優しい。

こんな記事もオススメ!
☆イマ東京で飲みに行きたいお店まとめはコチラ!
☆グルメな街・中目黒を満喫する3軒はしごコースはコチラ!

(Hanako1120号掲載/photo : Kenya Abe text:Kota Shizuka edit : Kei Sasaki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る