ひんやりピリッと!東京で食べたい【冷やし担々麺】オススメ3選
2018.03.11

ここに行けば間違いなし! ひんやりピリッと!東京で食べたい【冷やし担々麺】オススメ3選

熱々も良いけれど、たまにはさっぱりツルっと食べたい…!担々麺特有のピリッとコクのある旨味はそのまま、爽やかなアレンジの加えられた【冷やし担々麺】をご紹介します!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.食べて健康になれる担々麺〈中国菜館 福寿〉/仙川

MG_6498
「冷やし赤担々麺」 1,080円(税込)、サラダバイキングつき1,300円(税込)

調布野菜をたっぷり使い、ゴマは皮つきのままペーストに。栄養満点な苦みのあるゴマダレが全粒粉の麺に合う。香りラー油も自家製で、揚げネギやカシューナッツ、そぼろがアクセント。素材のすべてにシェフの気持ちが詰まった一皿。

2.自家製ゴマダレが香る極上スープ!〈中国料理 翡翠宮〉/西新宿

MG_6080
「冷やし担々麺 」 2,495円(税・サ込)

旨みが凝縮したスープは、干し貝柱や干し椎茸、鰹節、昆布などのだしがベース。自家製ゴマダレが冷たいスープに溶けて舌触りがとてもなめらか。コクのある肉味噌、特製ラー油が香り立つ。滋味深いスープを心ゆくまで味わおう。

3.史上最高の冷やしがコレ!〈広東料理 龍天門〉/下北沢

MG_6306
「冷やし担々麺 」 2,400円(サ別)

汁ありの冷やし担々麺の元祖ともいわれる。陳料理長が20年以上前に生み出した担々麺が試行錯誤を経て、今年新たに史上最高の一品として復活。もとは裏メニューだったが、あまりのおいしさに今では名物として知られるように。白味噌と白ゴマの融合した味わい深いコクに高知の山椒が香る。

(Hanako1138号掲載:photo : Jiro Fujita (photopicnic), Ikuko Yanada text : Kayo Yabushita)

こんな記事もおすすめ!
☆アジア料理ファンが推すとっておきの6軒はコチラ!
☆【銀座】高コスパな洗練された飲茶ランチコースはコチラ!

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!注目のホテル、アフタヌーンティー付き宿泊プラン…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!注目のホテル、アフタヌーンティー付き宿泊プラン…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る