日本橋 ロイヤルパークホテル 中国料理 桂花苑

フカヒレたっぷり&旬の松茸や上海蟹味噌も入ってコスパ高! 〈ロイヤルパークホテル〉の中国料理〈桂花苑〉にて秋限定メニューが登場中! Learn 2022.10.12

東京・日本橋の〈ロイヤルパークホテル〉の中国料理〈桂花苑〉にて、2022年10月31日(月)までの期間限定で秋限定のメニューが登場しています。3品にフカヒレが使用されているほか、松茸や上海蟹味噌も登場する「美味彩華2022ランチコース 白秋~滋味あふれる豊かな実りの美味を味わう~」をいただいてみました。

広東料理を中心に、中国全域の代表的な料理を提供する〈桂花苑〉。

〈桂花苑〉内観。
〈桂花苑〉内観。
〈桂花苑〉内観。
〈桂花苑〉内観。

東京メトロ水天宮前駅直結の日本橋蛎殻町に立地する〈ロイヤルパークホテル〉。ホテルの地下1階、水天宮前駅から最もアクセスしやすい場所に位置するレストランが中国料理〈桂花苑〉です。

店内は、シンプルなスペースに中国を感じさせるアートワークをコーディネートしたモダンで落ち着いた空間です。バラエティに富む広東料理を中心に、中国全域の代表的な料理を味わうことができます。

齊藤英司郎料理長。
齊藤英司郎料理長。

料理長を務めるのは、〈ロイヤルパークホテル〉開業時から〈桂花苑〉で活躍する齊藤英司郎氏。〈開東閣〉などさまざまな宴席料理などでも研鑽を重ね、2018年より中国料理〈桂花苑〉副料理長に就任し同年、東京都優良調理師知事表彰を受賞。2021年7月より〈桂花苑〉料理長を務めています。

秋の味覚の食材がたっぷり!「白秋」をテーマにした中国料理の数々。

「美味彩華2022ランチコース 白秋~滋味あふれる豊かな実りの美味を味わう~」一人8,470円(※メインは魚介もしくは肉料理どちらかのみ。+2,420円で両方味わえる)。
「美味彩華2022ランチコース 白秋~滋味あふれる豊かな実りの美味を味わう~」一人8,470円(※メインは魚介もしくは肉料理どちらかのみ。+2,420円で両方味わえる)。

10月末までの期間限定で提供されている「美味彩華2022 白秋~滋味あふれる豊かな実りの美味を味わう~」は、齊藤氏が料理長に就任後新たにスタートした年間フェア「美味彩華」の第5弾。季節の移ろいを色で表現し、齊藤料理長が彩り豊かな料理で演出する企画です。今年の9月と10月は、何色にも染めることができる「白」と「秋」を組み合わせた「白秋」がテーマになっています。ランチとディナーを展開していますが、今回はディナーコースのエッセンスを凝縮したランチコースをいただいてみました。

「前菜盛合せ」。
「前菜盛合せ」。

まずはチャーシューやクラゲなど中国料理の定番含む一品料理が盛られた「前菜盛合せ」が登場。柚子をトッピングし細切りにした白菜の酢漬けや、ピンク色のガリソースが美しいハモの黒酢ソース和えなど、まだ暑さの残る秋でも食欲をそそるさっぱりとしたメニューが光ります。鴨ロースにはピータンや野菜をくるんだり、白秋らしくエビのチリソース炒めには白いリコッタチーズソースをかけるなど、工夫が感じられます。

松茸入りのフカヒレスープに、フカヒレ入り小籠包も!

「松茸入りフカヒレスープ」。
「松茸入りフカヒレスープ」。

2品目は秋の美味・松茸と、フカヒレを使った贅沢なスープです。気仙沼産のヨシキリザメをほぐしたフカヒレを使ったスープは、松茸の芳醇な香りを鼻で楽しみつつ、鶏ガラベースのフカヒレスープの滋味を舌で感じる至福の一杯です。

「フカヒレ入り小籠包」。
「フカヒレ入り小籠包」。

続く3品目もなんとフカヒレ入り!通常お店で出しているよりも1.4倍ほど大きい小籠包の中に、ほぐしたフカヒレが入っています。丁寧に手包された小籠包から溢れる肉汁、そしてフカヒレのプチプチとした食感、豚肉の旨みがたまりません。

メインは魚介料理or肉料理からお好みをチョイス!

「帆立貝とポワローのソテー ポルチーニ茸ソース」。
「帆立貝とポワローのソテー ポルチーニ茸ソース」。

メインは魚介料理または肉料理からお好みのものを選ぶスタイルですが、プラス2,420円で両方選ぶこともできます。魚介料理はキノコの香りが豊かな「帆立貝とポワローのソテー ポルチーニ茸ソース」です。帆立貝の食感の良さを引き出すように軽く炙り、トロっと甘い西洋ネギを合わせて、ポルチーニ茸のソースで濃厚な味わいと芳しい香りに仕上げています。

「和牛のXO醤炒め」。
「和牛のXO醤炒め」。

肉料理は「和牛のXO醤炒め」。和牛の赤身のモモ肉を、干し貝柱や干しエビ、金華ハムや刻んだ生唐辛子、エビの卵やサーモンを使った自家製XO醤で炒めています。このXO醤のうま味の強さに、和牛モモ肉の味わいも負けていません。添えてあるモヤシ、紅芯大根、黄韮、マコモダケの塩炒めに、クラシックな広東料理を感じます。大黒しめじのソテーも秋らしい印象です。

上海蟹味噌やフカヒレを使ったチャーハンに、金木犀の魅力が詰まったデザート。

「フカヒレと上海蟹味噌のあんかけ炒飯」。
「フカヒレと上海蟹味噌のあんかけ炒飯」。

〆は白秋にふさわしい白い見た目をした「フカヒレと上海蟹味噌のあんかけ炒飯」です。先程の魚介料理では西洋ネギの白い芯の部分が使われていましたが、こちらでは緑の部分が有効活用されています。上海蟹味噌のコクを引き立てる名脇役です。そしてチャーハンにもまたフカヒレを使用しているという贅沢ぶり。シンプルな卵チャーハンに、上海蟹味噌やフカヒレ、西洋ネギなどを使った温かい餡がよく合います。

「桂花陳酒のゼリー 梨とモッツァレラチーズを添えて」。
「桂花陳酒のゼリー 梨とモッツァレラチーズを添えて」。

デザートは秋に甘い香りを漂わせる金木犀を使った「桂花陳酒のゼリー 梨とモッツァレラチーズを添えて」。金木犀の乾燥花びらで香りを出し、金木犀を白ワインに漬け込んだ桂花陳酒、金木犀のジャムを使ってゼリーを作っています。梨の清涼感と金木犀の甘やかな香りで秋を感じつつ、後味をさっぱりとさせてくれるデザートでした。

王道の中国料理を堪能しつつも、要素要素に秋らしさや料理長の個性が垣間見える「美味彩華2022ランチコース 白秋~滋味あふれる豊かな実りの美味を味わう~」。中国料理を通じ、秋を感じるというのも乙なものです。

「美味彩華2022ランチコース 白秋~滋味あふれる豊かな実りの美味を味わう~」
■東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1 B1 中国料理 桂花苑
■03-5641-3600(レストラン予約受付時間9:00〜19:00)
■11:30〜14:30(土日祝11:30〜15:00)、17:30〜21:30
■無休
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR