田町 Modern Mexican CABOS

BARをもっと、カジュアルに。 田町〈Modern Mexican CABOS〉のバーテンダー・斎藤 麻美さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜 Learn 2021.05.10

お酒業界での広報歴12年!児島麻理子が、実力派のバーテンダーをご紹介します。第29回目は、連載初の女性バーテンダー、田町〈Modern Mexican CABOS〉の斎藤 麻美さんの登場です。

本日のバーテンダーは…斎藤 麻美さん

田町 Modern Mexican CABOS

斎藤 麻美
■バーテンダー歴:8年
■生年月日:1989年4月22日
■星座:牡牛座
■血液型:A型
■趣味:山や海に行くのが好きです。人の力が及ばない場所に行くと解放された気分になるので。

「散る桜、残る桜も、散る桜」。カクテルを作る手元のバーツールに、そんな風情ある句が刻まれているのは、本日登場の斎藤麻美さんです。
「4月生まれなのですが、地元の秋田県だとその時期に桜が一番咲くんです。私が生まれた日は桜が満開だったみたいで、桜には思い入れがあります」。
カクテルを作るキリっとした顔と、柔らかな笑顔をお併せ持つ斎藤さんは、カクテルの大会でも優秀な成績を納める、業界注目の女性バーテンダーです。

田町 Modern Mexican CABOS

ロシア製の特注品であるストレーナーや、オーダー品のエプロンなど、女性らしいこだわりを感じますが、本人は女性であることはあまり気にしたことはないそう。
「カクテル大会などで、気づいたら周りはみんな男性だった、というようなことはありますが、普段、女性バーテンダーであるということを気にする場面はあまりないです。体力的には大変なこともありますが、職人であるということでは割と男女対等なんです」。

田町 Modern Mexican CABOS

元は会社員だった斎藤さん。当時の仕事の悩みや、やりたいことをバーで話しているうちに、「バーテンダーになっちゃえば?」と勧めてもらったことがきっかけだそう。
「確かに!と思い、即決でした。人と喋るのは好きだし、お酒のストーリーも好き。バーテンダーは自分の好きなことやお酒にしっかり向き合っているいいイメージがあって。実際、自分がやりたいことが全部できる仕事がバーテンダーでした。お客さんの人生を擬似体験するような楽しさがあって、職人とカウンセリングを同時にしている感覚なんですよね」。
斎藤さんはその人柄の魅力もありますが、注目を集めているのはそのカクテル技術。2019年に「シーバスリーガル」ウイスキーのカクテル大会で最終選考に選ばれたのを皮切りに、「バカルディ」ラムの大会でも最終選考の5人に選ばれるなど、華々しい記録を残しています。

田町 Modern Mexican CABOS

「自分らしいカクテルというのがわかってきたのはようやく最近です。特殊なことはしてなくて、既存のものを組み合わせることで、ちょっと体験したことのない味わいを作る、というのが、今の私らしさなのかなと思っています」。
今は大会がない中ですが、元々テキーラやラムなどラテンスピリッツが好きだったこともあり、店舗やイベントでその魅力の発信に精力を注いでいます。
「南米のスピリッツって、風土なのか、これじゃなきゃだめって決まりごとが少ないのがいいんですよね。マルガリータひとつとっても、フローズンもあるし、フルーツも入れられるし、割と自由。肩の力を抜いて、楽しんでもらうような体験をお酒で伝えられたらいいなと思っています」。
将来の夢は、“日本のバーテンダーといえば”で、名前が上がるようになること。そして100年後のカクテルブックに自分のカクテルを残すこと。斎藤さんの挑戦にこれからも注目です。

田町 Modern Mexican CABOS

2021年5月22日にはテキーラの代表的カクテルの一つ「パロマ」を祝す「パロマの日」があり、姉妹店でのイベント実施が予定されています。店舗やイベントでテキーラやメキシカンの魅力を、斎藤さんとともにぜひ探究を!

色鮮やかでメキシカンムードが漂う店内。
色鮮やかでメキシカンムードが漂う店内。
「今日は日本で一番マルガリータ作っているんじゃないか」と思う時があるほど、日々マルガリータを作っているそう。
「今日は日本で一番マルガリータ作っているんじゃないか」と思う時があるほど、日々マルガリータを作っているそう。
氷と水分を分けるためのストレーナーやメジャーカップ。バーツールのデザインにはこだわりがある。
氷と水分を分けるためのストレーナーやメジャーカップ。バーツールのデザインにはこだわりがある。

ハナコラボからの質問
Q.「バーへの第一歩はどのように踏み出せばいいでしょうか?」

A.「まずは行っちゃいなよ!というのが私のノリではあるのですが(笑)。ダイニングが併設しているバーは入りやすいかと思います。うちのお店でもバーカウンターで食べながら飲んでいる人もいますし、カウンターに座ったらバーテンダーと向き合わざるを得ないので、自然と仲良くなれますよ」。

このお店のこの一杯「クラシックマルガリータ」

「クラシックマルガリータ」800円
「クラシックマルガリータ」800円

一番よく出るカクテルは圧倒的に「マルガリータ」。天気の良い日は、店先のテラスでの1杯も気持ちいい。お店ではフローズンやフルーツを使ったものなど6種類の「マルガリータ」が揃う。

お酒と楽しむ一皿「ポークコチニータ タコス」

「ポークコチニータ タコス」500円
「ポークコチニータ タコス」500円

メキシカンの定番タコスは、一口サイズのものが12種類。ポークコチニータとは、豚肉の蒸し焼きのこと。アショーテと呼ばれるメキシコのスパイスでピリ辛に味付けされていて、マルガリータとの相性は抜群。

斎藤さんのいるお店はここ。

田町 Modern Mexican CABOS

バーカウンターとダイニングスペースが併設したメキシカンダイニング。色鮮やかな壁面や小物がメキシコ感を演出。料理は元メキシコ大使専任シェフが腕を振るい、本格的なメキシコ料理が味わえる。

■東京都港区芝5-9-8 GEMS田町1F
■03-6381-7390
■11:30〜20:00(L.O.19:00)
 ※状況に応じて営業時間が変更になります。

【本日の一言】
本場のメキシカンとマルガリータを。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR