INTERSECT BY LEXUS – TOKYO10 2

バレンタインが終わった後も楽しめるセットはいかが? 〈INTERSECT BY LEXUS – TOKYO〉から、おうち時間を豊かに彩るチョコレートセットが登場。 Learn 2021.02.12

〈INTERSECT BY LEXUS – TOKYO〉から、2種類のバレンタイン特別ギフト、「板チョコレート&トレイ(丸皿)」と「ホットチョコレートクラム&ウィスク(泡立て器)」が登場。チョコレート技師として注目を集める〈蕪木(かぶき)〉の蕪木祐介氏と、素材感を活かしたプロダクトを手がける〈SyuRo〉の宇南山加子氏がタッグを組み、おうち時間を豊かに彩るセット商品を開発しました。チョコレートを食べ終わったあとも、形に残るギフトを大切な人に贈ってみませんか。

〈蕪木〉オリジナルの板チョコレート「薫」と、〈SyuRo〉銅製トレイのセット。

「板チョコレート&トレイ」4,500円(税込)。
「板チョコレート&トレイ」4,500円(税込)。

台東区のチョコレート・珈琲店〈蕪木〉が、INTERSECTで過ごす時間をイメージして開発したオリジナルのチョコレート「薫」と、〈SyuRo〉の銅製トレイがセットになったギフトです。

「薫」は、コクが強いカカオ分高めのビターミルクチョコレート。ローストナッツのようなカカオの芳醇な香りに加え、ミルクを混ぜて高温で練り上げることで生まれる、ビターキャラメルのような香ばしさが特長です。

INTERSECT BY LEXUS – TOKYO4

〈SyuRo〉の銅製トレイは、金属を叩いて延ばし少しずつ形をつくる鍛金の技法で製作。トレイの表面には、職人の道具で一つ一つ打ち付けられた跡がうっすらと残り、チョコレートを乗せた際に温かみを感じます。素材そのものを楽しんでもらうために、サビ止め加工を一切使用していないとのこと。その滑らかさに驚きます。

チョコレートを食べ終わったあとは、ティータイムに小菓子を置いたり、アクセサリーなどを置いたりするのも良さそうです。

「薫」をアレンジしたホットチョコ用のチョコレートクラムと、オリジナルウィスクのセット。

「ホットチョコレートクラム&ウィスク」4,500円(税込)。
「ホットチョコレートクラム&ウィスク」4,500円(税込)。

もう一つのギフトは、ホットチョコレートドリンク専用のチョコレートクラム(2杯分)と、オリジナルウィスク(泡立て器)のセットです。

銅のウィスクは新潟・燕三条で制作。表面を銅メッキで仕上げた、安全で品質が確かな金属加工を行なったもので、使い勝手はもちろん、長く使えるよう線材の太さや本数にまでこだわりました。

ホットチョコレートの作り方は、まず、小鍋に牛乳を入れ、泡立て器で混ぜながら温める。淵がふつふつとなるくまらいまで温めたら、クラムを加え、泡立て器でよくかき混ぜる。
ホットチョコレートの作り方は、まず、小鍋に牛乳を入れ、泡立て器で混ぜながら温める。淵がふつふつとなるくまらいまで温めたら、クラムを加え、泡立て器でよくかき混ぜる。
沸騰後、火を止めてしっかりと溶けるまでかき混ぜれば完成。
沸騰後、火を止めてしっかりと溶けるまでかき混ぜれば完成。

温めている最中から、香ばしさが漂ってくる濃厚ホットチョコレート。チョコレートをそのまま飲んでいるようなとろっとしたテクスチャーは、心も身体も温めてくれます。作る時間も含めて、リッチな気分にさせてくれるでしょう。

〈蕪木〉の新作オリジナルチョコレート「薫」と、〈SyuRo〉のテーブルウェアがセットで体験できるのは〈INTERSECT BY LEXUS – TOKYO〉だけ。大切な人や頑張るご自身へ、特別なひとときを贈ってみてはいかがでしょうか。

〈INTERSECT BY LEXUS – TOKYO〉
「板チョコレート&トレイセット」4,500円(税込)
「ホットチョコレートクラム&ウィスクセット」4,500円(税込)
■東京都港区南青山4−21−26
■BISTRO LOUNGE 11:00〜23:00
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR