図1
2022.03.20

毎月テーマに合わせたスイーツを”推しコメ”と共に紹介! ぼる塾 田辺さんの3月の推し桜スイーツ 和菓子編/ぼる塾・田辺智加のスイーツ”推しエントリー”

いま最も注⽬と信頼を集めるスイーツラヴァーであり芸人の、ぼる塾・⽥辺智加さん。そんな田辺さんに、スイーツトレンドを発信してきた『Hanako』が、毎月様々なテーマに合わせたおすすめスイーツを送付!それを田辺さんがすべて実食して、推しコメント(略して「推しコメ」)と共に紹介していく本連載。3月のテーマは「桜」、今回のセレクターは安原伶香さんです。

田辺さんの「ちょっと言いたい」

211216_hanako-108.tif

「桜のおいしさを知らない人も多いと思いますが、今回のラインナップで見直してほしい。桜の商品って期間短いので、見逃さないようにしてほしいです。世の中の人に、桜スイーツが出た時にもっと敏感になってほしい。私もそうなんですが、海外に憧れすぎちゃって、日本のものを大切にしない傾向があるかもしれません。一旦外に目を向けるのは大事なんですけど、自分の国の素晴らしさを知ってから目を向けてほしいなと思いますね。桜を通して、そう思いました。桜の時期になったら、声を大にして言いたい。花見で騒ぐ前に(笑)、一旦桜のスイーツに目を向けてほしいです」

【推しコメ】よくぞ合わせてくれました!というハイブリッドスイーツ。/〈船橋屋こよみ〉の桜くず餅プリン。

〈船橋屋こよみ〉の桜くず餅プリン

安原伶香 
450日乳酸発酵させた小麦でんぷんを使用することで、くず餅プリンならではのもったりとした食感が特徴。季節限定の「桜くず餅プリン」は桜葉で風味付けをし、桜のやさしい味わいた楽しめます。 桜のジュレがのった 春を感じる一品です。

田辺さん 
〈船橋屋〉って、くず餅の老舗だと思ってたんですが、最近色々と進化しているなと思っていて。まず薄ピンクのゼリー?と桜の花びらで心を奪われました。これ、プリンと、上が桜なんですね。2層がめちゃくちゃ合います。確実にプリンなんですけど、くず餅の良さも感じつつ、桜が感じられる。やっぱり和と桜って合いますね。

本来合わせなくてもいいくず餅とプリンですが、お互いの良さを生かしていて、こんなに進化しているんですね。ハイブリットスイーツが実は苦手だったんですよ。ゴテゴテしていていいイメージがなくて。バラバラで良くない?と。これは、よくぞ合わせてくれました!と言いたい。これはほんと天晴れですね。すごいとしか言いようがない。くず餅とプリンの良さを感じたくて、舌を研ぎ澄ませて、職人の手間隙を感じたい。ただの硬いプリンではなくて、くず餅のもっちり感、一言では言い表せない!スプーンを入れた時に、フワッとしつつ、重い。フワの後にモチですね。食べると高揚しますね!これは動画で伝えたいです(笑)。この興奮を言語化できないのが悔しい!食べた私たちにしかわからないと思います。

〈船橋屋こよみ〉の桜くず餅プリン
〈船橋屋こよみ〉の桜くず餅プリン
〈船橋屋こよみ〉の桜くず餅プリン
〈船橋屋こよみ〉の桜くず餅プリン

〈船橋屋こよみ〉
お取り寄せ:✕(通常のくず餅プリンは可)
価格:470円(1個)
店舗情報:こよみ広尾店 東京都渋谷区広尾5-17-1
オンラインショップ
TEL:0120-8-27848

【推しコメ】フワッと軽くてもはや空気、な“冷たい桜餅”!/〈御菓子司 鶴屋寿〉の嵐山さ久ら餅。

〈御菓子司 鶴屋寿〉の嵐山さ久ら餅

安原伶香 
通年いただける「嵐山さ久ら餅」が看板商品の京都の和菓子屋さんです。関西で主流の道明寺ですが、ピンク色ではなく白色の桜餅。甘さ控えめのこし餡と桜の塩味が相性抜群です。2枚の桜の葉で包まれているのも他とは違うポイント。箱を開けた途端に桜の香りがふわ〜と漂うので春の予感を感じさせてくれる一品です!

田辺さん 
まず箱開けた時に驚いたんですよね、開けた瞬間に春を感じました!これは香りが命だと思うのですが、ファーっと桜の香りが漂ってきて。道明寺めちゃくちゃ好きなんですよ、私。あんりもめちゃくちゃ好きで。先輩後輩だった頃に、上野に行った思い出があります。その時は先輩だったので先輩が奢るんですけど、あんりが自分で買うくらい好きで。

何よりこのサイズもいいですね。ちょうど食べたいサイズです。この塩気といい、あんこの感じ。何よりこの香りがすごい。葉をふんだんに使ってもらって、ありがたい……。お取り寄せできて、通年食べられるのがいいですね。春の訪れを感じたい時もよし、寒い時もよし。おもたせにもいいですね!生菓子がお取り寄せできるなんてすごい。桜餅メインのお店っていうのも面白いですし。

パッケージもそそられますね。茶色い箱を開ける瞬間からワクワクしていて。包装紙一枚一枚にもこだわりを感じます。ついついパクパク食べられるけど、あえて時間を置いて、お店おすすめの油で揚げるやり方もやってみたい。冷蔵で届いたんですけど、できたてのもちーっとした食感ですごい!

〈御菓子司 鶴屋寿〉の嵐山さ久ら餅
〈御菓子司 鶴屋寿〉の嵐山さ久ら餅
〈御菓子司 鶴屋寿〉の嵐山さ久ら餅
〈御菓子司 鶴屋寿〉の嵐山さ久ら餅
〈御菓子司 鶴屋寿〉の嵐山さ久ら餅
〈御菓子司 鶴屋寿〉の嵐山さ久ら餅

〈御菓子司 鶴屋寿〉
お取り寄せ:◯(WEB)
価格:2.290円(10個入り)
店舗情報:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町30
公式ホームページ
TEL:075-862-0860

【推しコメ】白小豆が上品!かわいくておいしくて最高です/〈とらや〉の最中「御代の春 紅」。

〈とらや〉の最中 御代の春 紅

安原伶香 
桜をかたどった白餡入りの最中です。桜のフレーバーは入っていませんが、桜の最中がなんとも春らしい、昔ながらの和菓子です。入学祝いなど、春の贈り物としてもぴったりな縁起の良い和菓子です。商品名にも平和や繁栄を願う思いがこめられていたりと趣深い一品。香ばしい最中とすっきりとした甘さの餡がおいしい!白餡はいろんな素材と合わせられるので、これからブームが来るのではと思っています。

田辺さん 
やっぱり〈とらや〉っていうとどうしても羊羹のおもかげが好きすぎるので、そればかり食べてしまうんです。だから最中も白餡も初体験。〈とらや〉さんって羊羹=黒いあんこのイメージが強くて。黒い小豆は食べられるんですけど、白ってめずらしくないですか。私は白餡がめちゃくちゃ好きなので、今川焼きもどら焼きも白があれば絶対買っちゃう。あんこが滑らかだから口当たりもめちゃくちゃいいですし。こんな可愛くておいしくて、安定感があります。うちの母も白餡も好きなので、誕生日に贈りたいですね。

白餡がブーム寸前ということで、きてほしいですね!レモンやピスタチオ、ヘーゼルナッツとも相性がいいとか!どうなるんだろうっていうワクワクしかないですね。白餡ってクセがなくておいしい。和菓子って小豆を使っているからか体にいいって言われていますし、積極的に食べていきたいですね。

〈とらや〉の最中 御代の春 紅
掛紙は季節によって変わる。
掛紙は季節によって変わる。
〈とらや〉の最中 御代の春 紅
〈とらや〉の最中 御代の春 紅
掛紙は季節によって変わる。
〈とらや〉の最中 御代の春 紅

〈とらや〉
お取り寄せ:○(WEB)
価格:216円(1個、オンラインでは詰め合わせのみ、4月1日から価格変更あり)
店舗情報:赤坂店 東京都港区赤坂4-9-22
オンラインショップ
TEL:0120-45-4121

今回のセレクター…安原伶香

やすはら・れいか/和スイーツ研究家。 江戸中期創業の〈大三萬年堂〉十三代目。 新ブランド〈 大三萬 年堂HANARE〉も手がけた。『ガイアの夜明け』にも出演。

田辺さん初めての著書が発売中!


芸能界のスイーツ女王こと、ぼる塾・田辺さんがずっと秘密にしてきた”推し”の92品を大公開。ネットやSNSの評判を鵜呑みにせず、有名店、老舗からデパ地下、コンビニまで古今東西のスイーツに奔走し続ける田辺さんの初にして集大成のガイドブックが完成しました。
購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから

★こちらもチェック!
「ぼる塾が行く! 福島の桃体験ツアー」の様子はこちらから

photo:Shu Yamamoto,Masanori Wada text:Kahoko Nishimura

tanabe profile
田辺 智加 / ぼる塾

「千葉県出身。お笑いカルテット・ぼる塾のメンバー。」

田辺 智加さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る