「これからも暮らしが豊かになるスタイリングを提案していきたい。」/テーブルコーディネーター、プロップスタイリスト・菅野有希子さん
2021.04.20

第38回 ハナコラボCLOSE-UP 「これからも暮らしが豊かになるスタイリングを提案していきたい。」/テーブルコーディネーター、プロップスタイリスト・菅野有希子さん

仕事に趣味に、日々自分らしく輝いているハナコラボ パートナー。実際はどんな仕事をして、どんなことに夢中になっていて、どんな風に毎日を過ごしているんだろう?リアルなライフスタイルから、彼女たちの素顔に迫ります!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

今回、紹介するハナコラボ パートナーは…

ラボCLOSE 菅野さん

名前:菅野有希子(すがの・ゆきこ)
年齢:38歳
職業:テーブルコーディネーター、プロップスタイリスト

テーブルコーディネーター、プロップスタイリストとして雑誌や書籍、Webなど様々な媒体で活躍する菅野さん。「はじめは一般企業の会社員として働いていましたが、なかなか目が出ず、数年後にいったんキャリアをリセット。休息を取ることに。そしたら気持ちに余裕が出て、インテリアを変えてみたり料理をするなど、夢中で家事に取り組むようになったんです。そのうち、食材を使ってゼロから始める料理を極めるよりも、大好きな食器を使ってテーブルコーディネートをする、おしゃれな空間づくりが好きだと気づいて。SNSで情報を発信しているうちに、それを見た企業から仕事の依頼がくるようになり、仕事として始めることにしました」。

現在は、料理のレシピやテーブルスタイリング、インテリア雑貨など、“おうちで暮らすことにまつわること”をテーマに取り組んでいる。「主に化粧品会社や食品メーカーさんの広告撮影のスタイリングを担当することが多いですね。SNSやWeb程度のものであれば、撮影まで引き受けることもあります。クライアントに“こういう絵(写真)がほしい”と言われても伝わり方は様々なので、想いを100%汲み取るのは意外とむずかしい。打ち合わせや撮影現場でのヒアリングを大切に、私から提案してみるなど、最後まで妥協せずに取り組むようにしています。完成した作品を見て、心から喜んでもらえるとうれしい!大変なことは、力仕事が多く、見た目以上に華やかな仕事ではないこと。でも、会社員時代に比べれば苦ではありません(笑)。しいて言うなら、フリーランスは何事も1人で判断しなければいけないので、気軽に相談できる相手はほしいですね」。

今後の目標は?「好きなことを仕事にすることができたので、これからも長く続けていきたいです。あとは、いつか自分の本が出したい。意外とレシピ本はあるのに食器本ってないんですよ。私らしい切り口でたくさんの方に参考にしてもらえるような本が出せたらうれしいです」。

【菅野さんをつくる3つのこと】かわいい「うつわ」は、ときめきの源。

ラボCLOSE 菅野さん
作家の個展や蚤の市で購入したコレクションの一部。
ラボCLOSE 菅野さん
Webメディア〈cocorone〉とのコラボブランド「きほんのうつわ」。

お仕事道具でもある、趣味のうつわ。作家の個展や蚤の市などで、少しずつ集めている。「素敵なうつわがあるだけで手料理はもちろん、購入してきた惣菜もぱっと華やかになり、丁寧な暮らしにができます。料理が苦手な人こそいいうつわを持ってほしいですね」。
写真の1枚目は、海外のヴィンテージや日本の作家によるもの。「(右奥から時計まわりに)ブルーの透明ガラスのうつわは、吹きガラス工房〈fresco〉のもの。めずらしい色つきの透明ガラスは、テーブルコーディネートのアクセントになります。フチがうねうね揺らいでいるデザインもおしゃれ。おひたしなどちょっとした副菜も映えます。グラスは作家・木下 宝さんのもの。他と被らない、ころんとしたデザインにひとめ惚れ。茶色の平皿は作家・松本かおるさんのもので、銀座の展示会で購入しました。釉薬(ゆうやく)をかけず焼き締めたという、土っぽい質感がポイントです。絵柄のある白い平皿は、『東京蚤の市』で購入したフランスのアンティーク。なんといっても繊細な絵柄が素敵。和食器とも合うので、こちらもテーブルコーデのアクセントに使えます」。
2枚目はWebメディア〈cocorone〉とコラボしてつくったという、うつわのブランド「きほんのうつわ」。作陶は〈丸朝製陶所〉が担当。「毎日使いたくなるうつわを目指し、おうちごはんで使いやすいサイズのものをつくりました。地味になりすぎず、忙しいときでも使いやすい定番カラーで、電子レンジや食洗機もOKです。様々なデザインのものをつくりましたが、底に高さのあるうつわはテーブルコーデが華やかに。また、リムがあるデザインは料理がきれいに盛れるのでおすすめです」。

【菅野さんをつくる3つのこと】お茶は茶葉から淹れるこだわり派。

ラボCLOSE 菅野さん
今回、用意したのは〈TEAPOND〉の春限定のブレンドティー。
ラボCLOSE 菅野さん
お湯を淹れると花びらが舞ってかわいい!
ラボCLOSE 菅野さん
「冷え性なので、1年中温かいものを飲むようにしています」(菅野さん)。

菅野さんの生活に欠かせないのが、お茶。「私にとってお茶は“空気”のような当たり前の存在。起床後、お湯を沸かしてお茶を淹れるところから1日が始まります。寒いときはチャイ、すっきりしたいときはミントティー、食事のときはほうじ茶など、その都度種類を変えて楽しむのがこだわり。外出する日はタンブラーに入れて持ち歩きます」。写真は、お気に入りのブランド〈TEAPOND〉のブレンドティー。「オリジナルにブレンドした変わりダネの商品が多く、季節によって変わるのでよくチェックしています。お湯を入れると中で花びらが舞うので、目で見ても楽しいのがポイント。おしゃれなパッケージは、使い終わったあと小物入れに活用します」。

【菅野さんをつくる3つのこと】ネトフリタイムは至福の時間。

ラボCLOSE 菅野さん

仕事や家事がひと息ついたら、ソファに横になり、〈Netflix〉で海外ドラマやドキュメンタリー映画を鑑賞。「特に好きなジャンルはアクションやホラー。プライベートとの境目がない仕事なので、非日常の世界観にどっぷり浸かって気分転換します。最近観たお気に入りの作品は、料理番組『ワッフルとモチ』。世界の食文化が学べる子供向けの作品ですが、大人でも食育が学べるのでおすすめです。日本も出てきますよ!」

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る