新宿 CHIKYU MASALA
2021.05.07

第19回 【カレーときどき村田倫子】 異国の風を感じる。新宿〈CHIKYU MASALA〉でいただく、“旅するカレー”

「カレーときどき村田倫子」へようこそ。食べたいカレー屋さんを訪ね、自身でつらつらとカレーに対する想いを綴る、いわば趣味の延長線ともいえるこの企画。今回は、新宿のカレー屋さん〈CHIKYU MASALA(チキュウ マサラ)〉を訪れました。

旅に出ること。日常から一歩抜け出したそれは、出会いの数だけ発見がある。普段では取りこぼしていた大事なものに気づき、みるみるうちに凝り固まっていた自分が解れて、新たなエネルギーに満たされていく。私によって、旅とはそうゆうものである。
コロナ下で、少し疎遠になってしまった旅。でもね、そんな枯渇を満たしてくれる素敵なカレーに出会ってしまったのよ。

新宿 CHIKYU MASALA

新宿三丁目から歩いてすぐにある、発見のオアシス〈CHIKYU MASALA〉。“旅するカレー”をテーマに紡ぐカレーは、自由で、のびのびとしていて、そして驚きに満ちている。

新宿 CHIKYU MASALA

カウンター越しに活気良く出迎えてくれたのは、ブランドディレクターのエディーさん。ビー玉みたいに美しく、少年のように好奇心に満ちた瞳。この人は人生を面白がっている…会った瞬間に感じ、楽しい予感。

新宿 CHIKYU MASALA

エディーさんの本業はカメラマン。若い頃から世界を旅して、フィルターを覗く日々。楽しい出会いと、好奇心に抗うことなく、様々なことにトライしてきた。アメリカ、ヨーロッパ、中東…様々な国を訪れ、文化に触れ、サンタモニカでは、8年ほどフレンチのキッチンで鍋を振るったそう。

新宿 CHIKYU MASALA

店内のグラフィックデザインも、エディーさんが手がけたもの。本当に何足の草鞋を履いているのか…?掘り出したらキリがないほど多彩な〈CHIKYU MASALA〉の主人。

新宿 CHIKYU MASALA

そんな経験を生かし、楽しそうを動力に紡がれたカレーは、もう驚きと感動に満ち溢れていた。

「SPECIAL COMBO CURRY」1,300円
「SPECIAL COMBO CURRY」1,300円

色彩に富んだ、華やかなプレート。お店の定番となるあいがけカレー「SPECIAL COMBO CURRY」。新作に切り替わったばかりだというお品書きは、「レバノン風キーマとコルカタのスパイシーチキンカレー」。

新宿 CHIKYU MASALA

表面の美しさだけではなく、このプレートには隠された仕掛けが…。パインナッツとバラの花弁、パプリカーパウダーでおめかしされたキーマカレー。この下には中近東での親しまれているフムス(ひよこ豆)のペースト、そして絶妙な火加減で焦がし、旨味を凝集させた焼きナスのペーストが潜んでおり、実は3層で構成されている。

新宿 CHIKYU MASALA

口に含むと言語化できない立体的な旨味が広がり、新たなおいしさに圧倒される。因数分解できないおいしいの波に、「なんじゃこりゃ〜幸せだ〜」と衝撃に溺れていく。

新宿 CHIKYU MASALA

お隣のチキンカレーも一筋縄ではいきませんよ!“コルカタ”地方、“ムンバイ”に次ぐインド第二の人口を誇る大都会の波長をベースに抽出されたカレー。

新宿 CHIKYU MASALA

ユダヤ、ペルシャ、中国など様々な要素が溶け込んだコルタカ文化と同様に、このカレーにも多角的なスパイスが使用されている。しっかりと旨味と甘味を感じるグレイビーに、ワイルドな骨つきチキン。フルーツと八角の甘い香りが最後に心地よい余韻を与える。

新宿 CHIKYU MASALA

カレーだけでも楽しいけれど、周りを彩るビーツとさつまいものディップ、ギリシャヨーグルト。タイの青パパイヤのサラダ“ソムタム”から着想を得たアチャール、日本の漬物ベースの副菜、ライスの山にちょこんとのったプリザーブドレモン(塩レモンのアチャール)。この子たちが混ざることによって、メインがより引き立てられ、華やかになる。

新宿 CHIKYU MASALA

愉快な情報量が満載の「SPECIAL COMBO CURRY」。これだけでも大満足だが、〈CHIKYU MASALA〉では週替わりのカレーも用意されている。

新宿 CHIKYU MASALA

訪れたこの日は「ムガールチキンカレー」。

「ムガールチキンカレー」1,000円
「ムガールチキンカレー」1,000円

ヒンドゥー、ペルシャ、中央アジアの文化が混じり、美食が花開いたムガル宮廷の厨房。このチキンカレーにもそのハイブリットで甘美なスパイス使いが受け継がれている。アロマティックなガラムマサラとヨーグルトでタンドールマリネしたチキン、クリーミーなナッツソースにうっとりのカレー。

新宿 CHIKYU MASALA

どの子も違う表情を纏う〈CHIKYU MASALA〉のカレー達。ここのカレーたちはエディーさんが培った旅での出会いが、彼のフィルターを通して再構築された尊い作品なのである。

新宿 CHIKYU MASALA

この感覚は、アートに触れ、心が揺さぶられる、あの感覚に似ている。だからこそ楽しくてたまらない。

新宿 CHIKYU MASALA

いま私は東京にいるけれど、ここで感じたものは確かに異国の風だった。好奇心に満ちた知らないそれは、おいしいを通してしっかりと胃袋と心を満たす。久々に旅に出れた私の心身。

「chai」(350円)もおすすめ!カレーを注文した方には、食後にミニチャイのサービスも。
「chai」(350円)もおすすめ!カレーを注文した方には、食後にミニチャイのサービスも。

あぁ、カレーって本当におもしろいなぁ。

〈CHIKYU MASALA〉

■東京都新宿区新宿3-11-12 207(夜は会員制Bar 800)
■火〜土11:30〜L.O.16:00 月、日、祝日休
https://www.instagram.com/chikyumasala/

お弁当の宅配も相談可能!詳しくはインスタグラムをご確認ください。

(photo:Kayo Sekiguchi)

村田倫子
村田倫子 / モデル

「モデルとして雑誌をはじめ、TV、ラジオ、広告、ファッションショーなどで幅広く活躍。モデル界きってのカレー好きとして知られ、イベント出演や界隈の著名人との対談も行う。自身がカレー屋に訪問し執筆まで行うWEB企画「カレーときどき村田倫子」をHanako.tokyoで連載中。」

村田倫子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る