横浜のディープタウン・福富町にあるカレー屋〈丸祇羅〉へ。独自の方程式で編み出した、色鮮やかで愉快なカレープレート。
2020.10.02

第14回 【カレーときどき村田倫子】 横浜のディープタウン・福富町にあるカレー屋〈丸祇羅〉へ。独自の方程式で編み出した、色鮮やかで愉快なカレープレート。

「カレーときどき村田倫子」へようこそ。食べたいカレー屋さんを訪ね、自身でつらつらとカレーに対する想いを綴る、いわば趣味の延長線ともいえるこの企画。今回は、福富町のカレー屋さん〈丸祇羅(まるまさら)〉を訪れました。
村田倫子
村田倫子 / モデル

「モデルとして雑誌をはじめ、TV、ラジオ、広告、ファッションショーなどで幅広く活躍。モデル界きってのカレー好きとして知られ、イベント出演や界隈の著名人との対談も行う。自身がカレー屋に訪問し執筆まで行うWEB企画「カレーときどき村田倫子」をHanako.tokyoで連載中。」

村田倫子さんの記事一覧 →

季節の変わり目が、なんだか覚束ないのは私だけかしら。特に今年は、夏の暑さが長く尾を引いたり、急に冷え込んだり、コロコロと忙しない気候に十分振り回されている。あぁ、みるみる減っていく私のHP。こんなときは、スパイスが秘める回復呪文を浴びに行こう。

いつもとは反対側の電車に乗り、降り立つのは関内。実はカレー屋さんが多い、横浜の激戦区である。駅から歩いて少し、心地よい緑道から少し外れた小道に、本日の癒しのカレースポットがひっそりと息を潜めている。

福富町 丸祇羅

〈丸祇羅〉。今年の春から始まった、新しい憩いの場。

福富町 丸祇羅
福富町 丸祇羅

古民家のような木の温もりを感じる店内。広い窓から柔やかに漏れる光、透ける植物の緑。リリリリ…と優しく耳に触る鈴虫の鳴き声。まるで職人の工房に訪れたかのような空間だ。

福富町 丸祇羅
「本日の丸祇羅」1,200円、トッピング「スパイス味玉」100円。

ここでは、日替わりでカレーのワンプレートが楽しめる。本日のお品書きは、「ゴーヤ、ポルサンボル、モロヘイヤとカシューナッツチャトニ、松葉のチキンカリー、カモミールティーのキーマ、パリップ、タイムと紫キャベツ、人参グリンピース、春菊、トッピングにスパイス味玉」。

福富町 丸祇羅

鮮やかで愉快なプレート。視覚から胸がときめく。

福富町 丸祇羅

スリランカのスパイス「ツナパパ」が香り立つチキンカリー。松葉のパウダーが素材の旨味を引き立てる敏腕な裏方。優しく包容力のある味わいと、後から駆け抜けるスパイスの爽快感のまにまに揺れて心地よい。

福富町 丸祇羅

バスマティライスの向かい、左上に盛られたキーマはキリリと鋭角な辛味が気持ちいい。肉の旨味をしっかり感じるマスキュリンな立ち振る舞いだ。

福富町 丸祇羅
「黒酢のポークカリー」300円。

トッピングとして追加オーダできる、「黒酢のポークカリー」。トマトの酸味とギュギュっと詰まったポークの旨味が混じって溶ける、この絶妙なバランスがたまらない。

福富町 丸祇羅

各々のスペック確認は完了。さて、ここからがショータイム。ライスの上に花開く色とりどりの副菜、そしてカレーたちを思い思いに混ぜ合わせる。優しい、強い、甘い、辛い…様々な要素が掛け合わされて、炸裂する味覚の化学反応。この瞬間がカレーの真骨頂、わたしだけの一口に酔いしれる瞬間である。

福富町 丸祇羅

スリランカや南インドを彷彿とさせるスパイスの予感を孕むカレーや副菜。でも何か違う余白と遊び心がひょっこり現れて、味覚を楽しくかき乱す。この絶妙な加減はなんだろう?

福富町 丸祇羅

「あ、適当です」。
ちょっぴりぶっきらぼうに言い放つオーナーの六反さん。面をくらう私。だって、どう紐解いても適当で表現できる味ではないから。

福富町 丸祇羅

「はじめに着地させたい味のイメージを決めるんです。そこに合う素材やスパイスを選んで、理想像に向けて仕上げていきます。今は掴んできましたが、ここに至るまで7回は挫折しそうになりましたよ」。

福富町 丸祇羅

“適当“というのは、試行錯誤を重ねて編み出した六反さん独自の方程式の答えが“丸祇羅”だから。鍋を振るうたびに更新される彼の感覚と経験が、今日を紡ぐカレー。説明書はなし。彼はアーティストなのだ。いや、職人なのかもしれない。

福富町 丸祇羅

いいなと思った。カレーってやっぱり自由だ。つくる人の“想い“を体現するフード。私たちはこの愛がこもった作品を存分に愛で、味わい、体内に吸収できる。なんて贅沢なのだろう。

福富町 丸祇羅

食べ終わった私は、すっかり元気を取り戻していた。おいしいカレー、スパイスの魔力、そして作り手のクリエイティブスピリット。全てをまるっと受け止めて、じんわりとカラダが火照っている。

やっぱりカレーは私のパワーフードだ。そう再確認した、〈丸祇羅〉での昼下がり。

〈丸祇羅〉

■神奈川県横浜市中区福富町仲通4-2 一和ビル3F
■11:30〜15:00(売り切れ次第終了) 日曜休
 ※営業時間・定休日などは、インスタグラムで随時お知らせします。

10月9日(金)には、待望の2号店〈King Roti〉がオープン!よりマニアックなカレーやタコスが楽しめます。詳しくはこちら

(photo:Kayo Sekiguchi)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る