神奈川 Boulangerie Yamashita
2019.01.06

第2回 まちをつなげるパン屋さん by Hanako1168 家具業界から転身したパン職人。県外からのお客さんも並ぶ店〈Boulangerie Yamashita〉へ。

パンラボ・池田浩明さんによる、Hanako本誌連載「まちをつなげるパン屋さん」を掲載。今回は、家具業界から転身したパン職人が営む〈Boulangerie Yamashita〉と、小麦の風味を生かし独自の麺世界を構築した〈うどん AGATA〉をご紹介します。

1.人のためになる、パン職人という生き方。〈Boulangerie Yamashita〉

神奈川 Boulangerie Yamashita

「本当に今みたいな生き方でいいんですか?」
ある人から言われた一言がきっかけで、山下雄作さんは北欧家具メーカー勤務の仕事を辞めた。
「自分でものを作っていないもどかしさがありました。銀座や青山で働くステータスで、自分を満たしていただけ。自分のまわりの人はあまり幸せではなかった。自分のためより、人のためにこの体を使いたい」

どうやって生きるべきか見失って、1年間鬱状態で過ごす。立ち直ったきっかけは、子供がパンを食べている姿だった。
「親父がそんなでも、子供2人は毎日パンを食べている。日常の食に関われば人の役に立てる」

パン職人になろうと一念発起、地元のパン屋で修業。30も過ぎて、若者に交じって、粉にまみれた。独立するまで3年と決め、必死にプロの技を学んだ。
緑多き町で開業したいと、湘南の二宮町を選んだ。古い建物が連なる趣深き通りに、空き物件を見つけた。パン屋に勤めながら、夜は改装工事。自ら壁を塗り、小さな小さなパン屋を作った。

「ずっと必死。支えてくれるお客様の期待に応えるだけです」
定番だけにそぎ落としたパン。客足は引きもきらず、やがてカフェもオープン。
「パン屋の食堂。ごくシンプルに。空間を五感で感じてほしい。

フレンチトースト(2枚)600円、カフェオレ400円(各税込)。
フレンチトースト(2枚)600円、カフェオレ400円(各税込)。

カフェでフレンチトーストをいただく。網焼きのおこげが麦の風合いを伝える。居心地のよさもあいまって、あたたかさに包まれたような気持ちになった。

右・バゲ ット280円、左・落花生入り抹茶食パン660円
右・バゲ ット280円、左・落花生入り抹茶食パン660円

日常のシンプルなパン中心。デンマークの友から送られたりんごで種を起こす。

下 ・クーロンヌ230円、ショコラシナモンロール 270円(各税込)
下 ・クーロンヌ230円、ショコラシナモンロール 270円(各税込)
神奈川 Boulangerie Yamashita

本と木製家具、季節の花。幻灯のような木漏れ日。焼きたてのパンとコーヒー。笑顔。一度行くと、また帰りたくなるベーカリーカフェ。

神奈川 Boulangerie Yamashita

〈Boulangerie Yamashita(ブーランジェリー ヤマシタ)〉
海沿いの緑多き町にひっそりと。守り神と仰 ぐシナモンの木に抱かれた、小さなパン売り 場と居心地のいいカフェ。新しい生き方を選 んだ夫婦と家族のようなスタッフのお店。

■0463-71-0720 二宮
■神奈川県中郡二宮町二宮1330
■10:00~17:00(パンの販売は売り切れ次第終了)木金休 
■16席
■禁煙

2.澄んだダシに浮かぶ小麦の甘さ引き立つうどん。〈うどん AGATA〉

神奈川うどん AGATA

〈うどん AGATA〉で最高のうどんに出会った。いりこの香りに誘われ、たまらずすする。麺を噛み切ろうとして、あまりのなめらかさゆえに歯を逃れ、口の中で踊る。やっと捕まえて噛み切った瞬間、小麦の甘い香りが滲みでた。山縣浩和さんが讃岐に学び、作り上げたうどんは圧倒的完成度。「AGATAうどん(つけ汁・いりこ)」は、うどんをダシといりこ揚げにまぶしていただく。小麦料理の快楽の極致がここにある。

神奈川うどん AGATA

讃岐うどんを原点として独自の麺世界を構築。麺線のうつくしさ、つるつる感、グミのようなコシ、北海道産小麦ならではの甘さ。それらすべてを成立させる。いりことこんぶ中心に、かつお節、さば節を使用し、丁寧に、香り豊かで澄みきったダシを引く。かけうどん550円(税込)~。

〈うどん AGATA(アガタ)〉
■神奈川県中郡大磯町月京29-7
■0463-68-6888 
■11:00~14:30、17:30~20:00(火水は昼のみ)木休
■21席
■禁煙

池田浩明 いけだ・ひろあき/パンラボ主宰。パンについてのエッセイ、イベントなどを柱に活動する「パンギーク」。著書に『食パンをもっとおいしくする99の魔法』『日本全国 このパンがすごい!』など。 パンラボblog

(Hanako1168号掲載/photo:Kenya Abe)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る