ハワイのソウルフードであるHOT SAND(SPAM & EGG)340円。ウィルキンソン150円 といっしょに海岸で食べれば、気分はハワイ。

まちをつなげるパン屋さん by Hanako1189 【鎌倉】ハワイのパンが勢揃い〈KOMOPAN〉へ。湘南に、南国の風を感じるあたたかなパン屋がオープン。 Learn 2020.11.06

パンラボ・池田浩明さんによる、Hanako本誌連載「まちをつなげるパン屋さん」を掲載。新しい生活様式の導入とともにパンをめぐる景色も変化してきました。そこで今回は、映画の中に飛び込んだようなベーカリー〈KOMOPAN〉をご紹介します。

ハワイの日常のパンが湘南にやってきた。

湘南の海風を感じるベンチでパンを食べるのが最高。座っているのは、小森俊幸シェフの娘の糸ちゃん。パパとママを手伝い、除菌したり、パンを袋詰めしたりの働き者。
湘南の海風を感じるベンチでパンを食べるのが最高。座っているのは、小森俊幸シェフの娘の糸ちゃん。パパとママを手伝い、除菌したり、パンを袋詰めしたりの働き者。
店内のプレイルーム。店には映画『ホノカアボーイ』と同じ、くまちゃんのかき氷機が置かれるなど、遊び心あふれる。
店内のプレイルーム。店には映画『ホノカアボーイ』と同じ、くまちゃんのかき氷機が置かれるなど、遊び心あふれる。

パン屋を巡ることは旅だ。そこにパン屋がなければ行くこともなかった町を発見する小さな旅。さらにイマジネーション次第で、海の向こうのリゾートや、映画に出てくる町にだって行けるだろう。江ノ電に揺られ、腰越で降りる。駅前には漁港と海水浴場。観光地めいたところはあまりなく、ゆっくりとした時間が過ぎている。残暑の日差しと、海風も手伝って、あの映画の風景に似ている気がした。ハワイの田舎町ホノカアを舞台にした真田敦監督の映画『ホノカアボーイ』。

「CREAM MALASADA」230円。 映画『ホノカアボーイ』への愛 がすごすぎて、実際のレシピを もとに、国産小麦に替えて再現。
「CREAM MALASADA」230円。 映画『ホノカアボーイ』への愛 がすごすぎて、実際のレシピを もとに、国産小麦に替えて再現。

小森俊幸さんは妻の圭さんの夢を叶えた。大好きな『ホノカアボーイ』に出てくる古い映画館みたいなパン屋を作るという夢を。クリーム色に塗った板張りの外壁、パイン材の堂々たるカウンター。そこには、バスケットに盛られたマラサダが置かれる。倍賞千恵子扮するビーが揚げていた(実際には料理家の高山なおみが作っていた)マラサダはおいしそうで、映画を見た人なら必ず食べたいと思うだろう。小森さんは、同レシピをもとに、もちもちで再現している。

KOMOPAN 腰越
ロゴ入りの紙袋でテイクア ウトして、近くの腰越海水浴場でピクニック。
ロゴ入りの紙袋でテイクア ウトして、近くの腰越海水浴場でピクニック。
ハワイのソウルフードであるHOT SAND(SPAM & EGG)340円。ウィルキンソン150円 といっしょに海岸で食べれば、気分はハワイ。
ハワイのソウルフードであるHOT SAND(SPAM & EGG)340円。ウィルキンソン150円 といっしょに海岸で食べれば、気分はハワイ。

小森さんは、連載第1回で登場した、横須賀の〈soilby HOUTOU BAKERY〉のシェフを務めていた。地元の農業を盛り上げようと、野菜をたくさんのせたパンで話題になったが、ここでは封印。具材より、パン生地自体を味わってほしいと、腕をふるう。たとえば、サワードゥ。手作りの発酵種で作る西海岸発のこのパンを、栃木の自然栽培生産者・上野長一さんの小麦を自家製粉、穀物をまとわせて「ANOANO」(ハワイ語で「種」の意味)というパンに仕立てた。全粒粉の香りがココアのように甘く、素敵に感じられる。

多くのパンに、ハワイ語の名前がつけられ、ハワイで実際に食べられているパンも、ブリトーやスパムサンドなど数多い。そんなパンといっしょに、瓶のドリンクも買って、腰越海岸へ行こう。『ホノカアボーイ』で吹いていたやさしい風を、頰に感じるかもしれない。

〈KOMOPAN〉

KOMOPAN 腰越

江の島の隣の腰越に、8月20日にオープン。内外装のイメージはハワイ。マラサダやブリトーなど、ハワイで食べられているパンが中心。
■神奈川県鎌倉市腰越4-9-4
■0467-55-5142
■8:30〜17:00(売り切れ次第終了)日月休

池田浩明(いけだ・ひろあき)/パンラボ主宰。パンについてのエッセイ、イベントなどを柱に活動する「パンギーク」。著書に『食パンをもっとおいしくする99の魔法』『日本全国 このパンがすごい!』など。 ■パンラボblogpanlabo.jugem.jp

(Hanako1189号掲載/photo:Kenya Abe)

Videos

Pick Up

SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR