京都 koe donuts
2019.04.25

ハナコラボが最新グルメリサーチ「NowOpening」 体験型ドーナツファクトリー〈koe donuts〉が京都に登場。国内で注目のニューオープン情報!

Openしたてのお店をハナコラボメンバーがレポートする連載「Now Opening」。今回は、4月26日(金)発売号「ひみつの鎌倉」から、日本各地の最新情報をお届けします!

【TOKYO】2019年3月20日OPEN!〈OIMOcafe 善福寺〉

壺焼き芋はホクホクした「むさしこがね」と蜜が出る甘さの「シルクスイート」の2種で各500円。
壺焼き芋はホクホクした「むさしこがね」と蜜が出る甘さの「シルクスイート」の2種で各500円。

埼玉県三芳の〈むさし野自然農場〉が営む〈OIMOcafe〉の2号店。三芳で働いていた大和田一樹さんが実家をリノベーションしてお芋とお茶の専門店に仕立てた。

OIMOcafe 善福寺

長さ約7mの大カウンターで広々な店内でゆったりできる。

「抹茶ラテ」(800円)
「抹茶ラテ」(800円)

1杯ずつ点ててくれる「抹茶ラテ」のほか、一煎目二煎目…と3杯飲める「煎茶」(450円~)もオススメ。

〈OIMOcafe 善福寺〉
■東京都杉並区善福寺2-24-8
■03-6454-7272 善福寺
■10:00~17:00月 火休
■14席/禁煙

レポートしてくれたハナコラボメンバーは…

「インテリアや器などのデザインも素敵!」
「インテリアや器などのデザインも素敵!」

赤埴奈津子(あかはに・なつこ)/フードコーディネーターを始め、プロップスタイリングなどさまざまに活躍。埼玉県出身

【KYOTO】2019年3月21日OPEN!〈koe donuts(コエ ドーナツ)〉

隈研吾氏や長場雄氏など有名クリエイターが参加。
隈研吾氏や長場雄氏など有名クリエイターが参加。

アパレルやホテルなどを展開するブランド〈koe〉からドーナツファクトリーが誕生。オーガニックや天然由来の地産食材を中心に使ったドーナツは、従来のイメージを一新して軽やか。

フォークとナイフで食べる「ドーナツメルトストロベリー」(850円)
フォークとナイフで食べる「ドーナツメルトストロベリー」(850円)
京都の名物五色豆があしらわれた「フィナンシエドーナツ」(350円)
京都の名物五色豆があしらわれた「フィナンシエドーナツ」(350円)

〈koe donuts(コエ ドーナツ)〉
■京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町557京都松竹阪井座ビル1F
■075-748-1162 河原町
■8:00~20:00無休
■65席+スタンド席/禁煙

レポートしてくれたハナコラボメンバーは…

「目の前で作る工程が見られるのも安心!」
「目の前で作る工程が見られるのも安心!」

西野侑里(にしの・ゆり)/大阪府出身、22歳の会社員。サロンやファッションのモデルも経験があり、新しいものに敏感。

(Hanako1172号掲載/edit : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る