『ラブライブ!』シリーズの聖地〈神田明神〉、モデルとなったスポットをチェック!
2019.01.08

『ラブライブ!』コラボグッズや、アニメコラボカフェも。 『ラブライブ!』シリーズの聖地〈神田明神〉、モデルとなったスポットをチェック!

『ラブライブ! 』『ラブライブ!サンシャイン!!』の聖地、御茶ノ水〈神田明神〉。モデルとなったスポットや『ラブライブ!』コラボグッズ、アニメコラボカフェなどをご紹介します。Hanako『幸せをよぶ、神社とお寺。』「あのアニメの聖地へ。」よりお届け!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

時代とともに伝統も変わる、寛容さと包容力が魅力の神社。

『ラブライブ!』第2期、主人公の穂乃果がコンテスト「ラブライブ!」への再出場を決心し、降り始めた雨に向かって「雨、止めー!」と叫ぶシーンにて登場。

「神社は神聖な場所ですが、時代とともに新しい伝統を作る場でもあるんです」とは、神田明神権禰宜・岸川雅範さん。その言葉通り、1,300年近い歴史の中で、浮世絵から連ドラまで、その時々の文化を受け入れ、さまざまな舞台として親しまれてきた都心の神社だ。『ラブライブ!』シリーズ作中では、決意表明や転換点のシーンとして登場。コラボ授与品の作成、アニメにちなんだ企画を含む納涼まつりなど、オープンさも相まって、“聖地”として全国から熱心なファンたちが集う。

都心の中の憩いの場は作中で何度も登場!

『ラブライブ!』より。主人公の所属するアイドルグループ“μ’s(ミューズ)”メンバーの一人・東條希は、神田明神で境内の掃除など簡単な手伝いをしている。

『ラブライブ!サンシャイン!!』より。沼津からライブイベントのために上京してきた“Aqours(アクア)”メンバーが、のちの好敵手と出会うのは境内狛犬前。実力の差を見せつけられる。

『ラブライブ!サンシャイン!!』より。神田明神境内に続く「男坂」は、ファンなら絶対知っているという場所。主人公たちメンバーがいつもトレーニングのために駆け上がる長い石段だ。

『ラブライブ! 』シリーズ関連のグッズも境内で手に入る!

『ラブライブ!』と神田明神のコラボほか、アニメ絵馬も鈴なりに。アニメのコラボが多い神田明神らしく、芸能人や声優などもたびたび訪れる。

境内で販売される、ラブライブ!コラボ御朱印帳2,000円。

授与品のお守りにもキャラが。各800円。

鳥居の隣に、アニメコラボカフェが登場!〈明神カフェ〉

コラボ期間中は、等身大パネルなどが並ぶ。

2017年オープン。さまざまなアニメとのコラボ企画を行う、もうひとつの“聖地”。

ドリンクを選べる本日のデザートセット600円。
コラボフードも随時登場。取材時は、『東京喰種(トーキョーグール)』コラボの喰種のジュレ(すでに終了)。コラボ作は随時変更するのでお楽しみに。

〈明神カフェ〉
■東京都文京区湯島1-2-13 御茶ノ水明神ビル1F
■050-3187-8764 
■11:00~20:00 火休 
■48席/禁煙

『ラブライブ!』『ラブライブ!サンシャイン!!』

二作とも廃校の危機に陥った学園を救うため、「新入生を集めたい」との想いでスクールアイドルコンテスト「ラブライブ!」出場と優勝を目指す少女たちの物語。東京・秋葉原や神田周辺と静岡県沼津市がそれぞれの舞台となっている。

〈神田明神〉

御茶ノ水駅から5分ほどの場所にある、都心の神社。730年の創建当初は大手町にあったが、江戸城拡張の折、現在地に移転した。
■東京都千代田区外神田2-16-2
■03-3254-0753
■授与品受付9:00~16:00

ここも聖地!〈淡島神社〉/静岡

金運、技芸の神様といわれる市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祀る神社。淡島の山頂部分に位置するため、本殿にたどり着くには長い階段を上らねばならない。『ラブライブ!サンシャイン!!』作中では、トレーニングコースとして頻繁に登場する。

〈淡島神社〉
■静岡県沼津市内浦重寺476

今回教えてくれたのは…

柿澤史行
一般社団法人アニメツーリズム協会事務局公益事業部部長。以前はKADOKAWAのIR・広報担当として「中の人」も務めた。2016年9月より現職。

Hanako『幸せをよぶ、神社とお寺。』特集では、全国のおすすめ神社・寺・聖地を多数ご紹介しています。

(Hanako1168号掲載/photo : Megumi Uchiyama text : Marika Watanabe)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る