冷え性改善や整腸作用に!アレンジ自在「生姜のシロップ」のレシピ
2020.07.02

自家製ジンジャーエールもできる! 冷え性改善や整腸作用に!アレンジ自在「生姜のシロップ」のレシピ

日本をはじめ、世界にはさまざまな食の知恵があります。そのひとつが“保存食”。今回はプロップスタイリスト・宮田桃子さんに、イングランドで親しまれいている保存食「生姜のシロップ」のレシピを教えてもらいました。6月27日(土)発売Hanako『2020年の今こそ取り寄せたいもの。』よりお届け。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

血行を促す生姜をシロップにして活用。【保存期間は2週間】

「生姜のシロップ」のレシピ

イギリスで広く親しまれているジンジャーブレッドをはじめ、ビスケットやケーキなどに多用されるのがステム・ジンジャーと呼ばれる生姜の砂糖漬け。生姜には血行促進や整腸作用、冷え性の改善などさまざまな効能があるとされているが、手軽に取り入れるなら生姜のシロップがおすすめ。お湯で割ったり、夏は炭酸割りで自家製ジンジャーエールにも!

■材料

生姜…200g
砂糖…100g
ハチミツ…100g
水…100ml
ブラックペッパー(粒)…小さじ1
レモン汁…1個分

■作り方

「生姜のシロップ」のレシピ

1.生姜を皮ごと薄くスライスする。
【Point.1】生姜は皮にたっぷりと栄養分があるので、よく洗ってから丸ごとスライス。

2.鍋にレモン汁以外の材料を入れ、ざっくりと混ぜ合わせる。

「生姜のシロップ」のレシピ

3.鍋に蓋をして5分煮たあと、蓋を取って中火でさらに5分煮る。
【Point.2】鍋を火にかけたら、全体にとろみが出るまでゆっくりと煮込むことでまろやかな味わいに。

4.火を止め、レモン汁を加えて完成

※保存期間はあくまでも目安です。夏場は冷蔵庫で保管してください。

Navigator…宮田桃子(みやた ・ ももこ)

プロップスタイリスト。調理師専門学校を卒業し、西洋料理店で働いた後、もともと興味があったスタイリストの道へ。現在は雑誌やWebで、おもにフードや雑貨などのスタイリングを手がける。

(Hanako1186号掲載/photo:Norio Kidera styling:Momoko Miyata text:Keiko Kodera)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る