フルーツサンド
2021.05.04

見目麗しいスペシャルおやつで、優雅なひとときを。 初心者も簡単!”萌え断フルーツサンド”の作り方。料理研究家・森崎繭香さんが直伝!

ブーム継続中の“萌え断”フルーツサンド。自分で作れば、おいしさも特別感も倍増。旬のフルーツを使ったり、基本を応用してオリジナルの断面にチャレンジしても◎!今回は料理研究家・森崎繭香さんにスペシャルな萌え断フルーツサンドの作り方を教えてもらいました。4月28日(水)発売 Hanako1196号「自分を高める、学びの教科書。」よりお届け。
フルーツサンド

フルーツサンドの魅力は、なんといっても映えるビジュアル。素人にはハードルが高そうだが、「コツさえ押さえれば、お菓子作りに不慣れな人でもきれいにできますよ」と、お菓子・料理研究家の森崎繭香さん。「断面はフルーツの配置と切り方で決まります。基本は、カットする線に沿ってフルーツを置くこと。クリームがやわらかいと断面が崩れやすいので、少しかために仕上げるのもポイントです」

教わったのは「断面をイメージしやすく失敗が少ない」という2種類のサンド。見た目はもちろん、甘酸っぱいフルーツとさっぱりしたヨーグルトクリームのバランスが絶妙!「簡単でおやつにも軽食にもなって、優雅な気分に浸れるのがフルーツサンドのいいところ。今の時季ならキウイやマンゴーもおすすめです。断面を計算しながらフルーツを配置していくのも楽しみのひとつですよ」

【Step1】ヨーグルトクリームを作る。

フルーツサンド

■材料(2人分/いちごサンド1個、ぶどうサンド1個分)

・生クリーム…100ml
・ギリシャヨーグルト(無糖)…100g
・砂糖…大さじ2

【1】
【1】
【2】
【2】
【2】
【2】
【3】
【3】
【1】
【2】
【2】
【3】

1.ボウルに生クリーム、砂糖を入れ、ボウルの底を氷水にあてる。

2. 1を9分立て(しっかり筋がつき、ツノが立つくらい)になるまで泡立てる。

3.ギリシャヨーグルトを加え、さっくりと混ぜる。

【POINT】ギリシャヨーグルトは水切りヨーグルトでも可。

ボウルにキッチンペーパーを敷いたざるを重ね、普通のヨーグルトを200g入れて冷蔵庫で一晩おいて水切りして使う。

【Step2】フルーツをはさむ。

フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド

■材料

・食パン(8枚切り)…4枚
(いちごサンド、ぶどうサンドに各2枚ずつ使用)
・【Step1】のヨーグルトクリーム…200g
・ぶどう(種なし、皮まで食べられるもの)…赤4粒、緑5粒
・いちご…6粒

サンドの作り方

フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド
フルーツサンド

1.まな板にラップを広げ、その上に食パン1枚を置き、ヨーグルトクリームの1/4量を塗り広げる。真ん中は厚めに、端は少し余裕を持たせて塗る。

2.【いちごサンドの場合】いちごを写真のように並べる。
【ぶどうサンドの場合】ぶどうを写真のように並べる。

【3】
【3】

3.もう1枚のパンにも、1と同様にクリームを塗る。クリーム面が下になるように2にかぶせ、軽く押さえる。

【4】
【4】
【POINT】ラップでくるんだ後は冷蔵庫で30分ほど休ませると切りやすくなる。
【POINT】ラップでくるんだ後は冷蔵庫で30分ほど休ませると切りやすくなる。
【4】
【POINT】ラップでくるんだ後は冷蔵庫で30分ほど休ませると切りやすくなる。

4.ラップでぴっちりと包み、油性ペンで2の点線の通りにカットする方向の印をつけておく。

【POINT】ラップでくるんだ後は冷蔵庫で30分ほど休ませると切りやすくなる。

冷やすとクリームが適度にかたくなり、パンがクリームの余分な水分を吸ってしっとりして、切りやすく断面もきれいに。

【5】
【5】
【POINT】耳のカットが苦手な人はクリームを塗る前に食パンの耳を落としておく。
【POINT】耳のカットが苦手な人はクリームを塗る前に食パンの耳を落としておく。
【6】
【6】
【5】
【POINT】耳のカットが苦手な人はクリームを塗る前に食パンの耳を落としておく。
【6】

5.ラップに包んだまま、四方の耳を落とす。

【POINT】耳のカットが苦手な人はクリームを塗る前に食パンの耳を落としておく。

パンを重ねて耳を切る方が切り口がそろいきれいだが、うまくできるか心配なら、クリームを塗る前にカットしてもOK。

6.ラップの印通りにカットする。一方向切ったら包丁についたクリームを拭くと◎。

王道いちごサンドは永遠のかわいさ。

フルーツサンド

2色のぶどうを水玉模様に見立てて。

フルーツサンド

Teacher…森崎繭香(もりさき・まゆか)

お菓子・料理研究家。身近な材料を使った作りやすいレシピを提案。犬と一緒に楽しめる無添加おやつのプロデュースも手がける。

(Hanako1196号掲載/photo : Kenya Abe styling : Momoko Miyata illustration : Shapre text : Asami Kumasaka cooperation : gallery & cafe yaichi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る