top49

アーティスティクな空間に酔いしれる! 2018年1月にオープンしたての〈ハイアット セントリック 銀座 東京〉にチェックイン!~#Hanako_Hotelgram~ Learn 2018.04.03

週末は遠出せずともリラックスしたい!そんな東京で忙しく働く女子の憧れといえば、「癒しの週末ホテルステイ」!IT企業に勤めながら人気インスタグラマーとしても活躍する〈もろんのん〉が、そんな夢のホテルステイをリアルレポートするこの連載。今回は学友と一緒に、〈ハイアット セントリック 銀座 東京〉へ。

☆前回の記事、ラグジュアリーなライフスタイル体験をできる〈ザ・キャピトルホテル 東急〉はコチラ!

セントリックはハイアットの新しい「ライフスタイル ブランド」ホテル

7ac5f2d8d866394e6afcc8219c8b9e7d

#1階エントランス

307acab53d273b26b3eb498eb249e007

#実は写真のフィルムネガ #銀座の写真

早速遊びココロに富んだオブジェがお出迎えしてくださいます。

b79c9d704ba1d8fca4754a5ec9b16528

#4階ロビー

「街の中心」、「情報の中心」という意味を持つ〈ハイアット セントリック 銀座 東京〉。

20e54ea7c86c26fe70ee0e226420add7

#トレンドや情報の中心

ゆったりしたデラックスルームへ早速チェックイン

5be1d3627ea5af906d493a5790b83497

扉を開けると、クローゼット部分が障子のようなガラス戸で仕切られた、お部屋が登場。

76b798ad171bf98ecfe294e347dfbaf7

#キングサイズベッド

5a66853e6d457b656525e4937f90873a

#特徴的な部屋のルームレイアウト

部屋の中央に設けられた「マルチファンクションテーブル」が特徴的です。閉じてテーブルに、開けば洗面台として利用でき、引き出しや冷蔵庫などが集約されていました。

6b6f9a4614b9bd516e9af794eca8da2a

#ネスプレッソ #電気ケトル完備

いい意味で生活感がなく、この企画で初めて「住みたいと思えるお部屋」です。

ディナーは3階のオールデイダイニング「NAMIKI667」

f8506e2949daf9574e39ceeda48cf4fc

エレベーターを降りるとすぐにお店で、看板とかはなく、ホテル全体がくつろげる1つの大きな場所のように感じました。

e437f02294fa5c4790b2def0d3ecf6b5

#文字アートワーク

19世紀末から新聞社の本社があった土地にちなんだ、活版文字や印刷機などを様々なアートワークに反映しているそう。

a3795c4e5ae45851cc71b7ccd441e412

#乾杯はワインで

7bd188c06b0b8fdd85a442fa9ed6b01b

料理はどれも美味しそうで迷ったので、ディナーセット「TOKYO」にしました。2,3品頼むのであれば、コースにしちゃった方が、デザートや最後コーヒーなどもついてくるので、お得です。

46b7f09977bb681ed63b0dc397cd1e93

#縞鰺のカルパッチョ #アヒアマリージョ

2d18b58ed1819fb9b42849977b43cb18

#帆立貝のロースト #オニオンドレッシング

449cde88991efaf2335b6d79debe4f12

#国産牛頰肉の赤ワイン煮込み #鮮魚のブレゼ

メインは、牛とお魚を1品ずつ頼んでシェアをしました。個人的に感動したのは、お魚料理です。貝の出汁がしみておいしかったです

0f0816eaf431147c2009f8f52f903b11

#博多あまおうのミルフィーユストロベリーアイスクリーム

春の時期ならではの、苺のスイーツ!甘すぎず、あまおうのほどよい甘酸っぱさが引き立っていました。

6101d28b5a319def9b46039c25c55ddc

食後は最後にもう一杯。友達との女子トークが止まらないので、最後にもう一杯テーブルでいただきました。隣にバーカウンターもあるので、デートでしっとりしたい時には、そっちに移動するのもよさそう!

今日はおやすみなさい。

月曜日の朝、おはようございます

8acb2550a70ac7fb797d92139253d882

#アメニティは、BeeKind #レモングラスの香り

部屋には、4Kテレビや、BOSEのスピーカーもあるので、快適にくつろぐことができました。

22d8dbb88916a3db6752a980f61e8d51
5c1a689910428d5363693c62c7ed7f66

#起床

私が泊まった並木通り沿いの部屋は、朝になると素敵な光が差し込みます。

「NAMIKI667」で朝食ブッフェ

c7b86d0b3099d7d69b81a05f8c1a186f

#たくさんのメニューがお出迎え

6a0c065b901aa386a0e2c3effabbee89

#その場で作ってくれる卵料理などもあり。

cb3b473ff467a8476fca5a5520b63a4f
a709d1ba3faabe497e4a5ade17ab1c2e

#盛り付けるお皿も自由に選べます

f12a61eeeb8324a6ceaa267ea4dddc5a

「月曜日の朝から贅沢だね。」と笑いながらいただきました。ちょっと大切な日に大切な人と土日の週末に来ても素敵ですね。

15070874d3891550ba7fdab06d159a7d

#バーチャーミューズリー

こちらはグラノーラをヨーグルトでふやかして、ベリーなどを添えたデザートです。初めて食べたのですが、これが本当に美味しくってあと3個くらい食べたいところでした。笑

もろんのんの感想まとめ。

8da9e5db068643638ee238a147e4cb03

第11回の週末ホテルステイ、今回は〈ハイアット セントリック 銀座 東京〉さん。銀座のホテルということでちょっと緊張しちゃいそう!と思っていましたが、むしろ逆で、肩肘張らずにゆったり過ごせる憩いの場でした。個人的には、デートというよりは、家族や親しい友人と訪れたいホテルやレストランだと思いました。銀座を訪れた時は、ランチで利用してみたいです。ありがとうございました!

今回宿泊したホテル〈ハイアット セントリック 銀座 東京〉

e9f65713318d57404ed6bce9df8f6c4c

■ 東京都中央区銀座 6-6-7
■電話:03-6837-1313 (宿泊予約)

https://ginzatokyo.centric.hyatt.com/ja/hotel/home.html

■お部屋:デラックス(47平方メートル)
■キングベッド1台又はツインベッド2台
■50インチの4Kテレビ
■窓際のデイベッド

☆前回の記事、ラグジュアリーなライフスタイル体験をできる〈ザ・キャピトルホテル 東急〉はコチラ!

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR