中目黒 GENKAI BURGER

レストラン〈sio〉鳥羽シェフ監修! 高級ハンバーガーのフルコースが原価で楽しめる?!〈GENKAI BURGER〉がリニューアルオープン! Learn 2022.07.12

製菓・調理・カフェの専門校〈レコールバンタン〉の生徒たちが主導で作るハンバーガー店〈GENKAI BURGER〉がリニューアル!コロナ禍で実践の機会が少ないなか、多くの人に料理を楽しんでもらえるようにと、今回も破格の値段で本格的な味を楽しめます。気になる新メニューの内容と、おいしさの秘密をレポートします!

中目黒 GENKAI BURGER

社会に近い学びの場を提供する食の専門スクール〈レコールバンタン〉。「おいしいだけが、ゴールじゃない」をコンセプトに、将来自分のお店を出すことを志す生徒たちへの教育を行っています。料理の技術はもちろん、開業に必要なノウハウや、店舗を運営していく際に必要となる情報発信まで幅広い学びを提供しているんだとか。
その一環として始まったのが、生徒たちが実際にメニューの企画から調理、サービスまでを、原価ギリギリの価格で販売する期間限定プロジェクト〈GENKAI BURGER〉です。

中目黒 GENKAI BURGER

通常の飲食店とは違い、校舎で作るため家賃や固定費、利益が不要なため、人件費と食材費のみでの提供を実現。また、フィードバックシートに感想を記載してもらうことで、お店や生徒の成長につなげるという双方にとって嬉しい仕組みを設けています。

メニュー監修は、1ツ星レストラン〈sio〉の鳥羽周作シェフ。

鳥羽周作 sio 一つ星レストラン
生徒 鳥羽シェフ GENKAI BURGER

プロジェクト2回目となる今回の新メニューは、1回目に続き鳥羽周作シェフ監修の、ハンバーガーをメインにしたコース。鳥羽シェフの美味しさのロジックである「5味+1」(5味:甘味、塩味、酸味、苦味、旨味)(+1:辛味、食感、香り)を表現し、より大きな感動体験を提供したいという想いから、メインのハンバーガーだけでなく前菜やデザートも含めた4品構成になっています。
料理は生み出すまでの思考過程が大事だと語る鳥羽シェフ。
「ここの生徒たちは思考レベルが高いので、ほとんど言うことなしでした」と太鼓判を押したコースは一体どんな味なのか・・・期待が高まります!

生徒たちが目指した「これまでに食べたことない味」とは?

「冷製コーンスープ」原価105円。
「冷製コーンスープ」原価105円。

目覚めの一皿と称した前菜は、国産とうもろこしを使った冷製スープ。コーンの濃厚な甘みに清涼感を加えるのはミントオイル。夏らしい爽やかな一品で、食欲スイッチオン。

「スパイス香るチョップドサラダ」原価153円。
「スパイス香るチョップドサラダ」原価153円。

食欲にさらにブーストをかけてくれる「高める一皿」は、クスクスやパプリカなど10種以上の食材を合わせたチョップドサラダ。時折現れる刻んだレーズンがアクセントになっていて心地いい。次のハンバーガーをおいしくいただけるようにと計算された量もポイントだそう。

中目黒 GENKAI BURGER

仕上げにチーズをかけるパフォーマンスも。味、食感、量、見た目全てに趣向を凝らした、頭の柔らかな生徒だからこその一皿、こんなにお安くいただけるなんて・・・!

感動は最高潮に!「味わう一皿」。

「果汁×肉汁 宮崎マンゴー“GENKAI”サルサバーガー ケイジャンポテト添え」原価1,784円。
「果汁×肉汁 宮崎マンゴー“GENKAI”サルサバーガー ケイジャンポテト添え」原価1,784円。
ツヤツヤの宮崎マンゴーと、肉汁したたる神戸牛がたっぷり!!
ツヤツヤの宮崎マンゴーと、肉汁したたる神戸牛がたっぷり!!
お店オリジナルのペーパーに包んで豪快にいただきます。
お店オリジナルのペーパーに包んで豪快にいただきます。

ジューシーかつスパイシーなハンバーガー。神戸牛の旨味と塩味を軸に、トマトの酸味、ルッコラの苦味、マンゴーの甘み、サルサの辛みで、鳥羽シェフが提唱している立体的で奥行きのある料理のロジック「5味+1」を表現。具材が見えるような盛り付けも美しく、食欲そそります。

豪快に頬張ると、したたるジューシーな肉汁と宮崎マンゴーの果汁がじゅわ〜っと口の中に広がります。お肉の旨味に均衡するほど甘味の強いマンゴーで、個性ある唯一無二のハンバーガーに。ボリューム満点なのにもたれずパクパクいけてしまいました。何度も言いますが、生徒が作ったとは思えないクオリティです。

「八朔とアールグレイのグラニテ」原価64円。
「八朔とアールグレイのグラニテ」原価64円。

最後は余韻を楽しむための一皿を。アールグレイの芳醇な香りに八朔の酸味と苦味、ディルの爽やかさと、最後まで味の奥行きへの工夫が抜かりない・・・!爽やかに口の中をリフレッシュ。「ハンバーガーのコース」ってあまり聞いたことがなかったけれど、計算された4品に大満足。

中目黒 GENKAI BURGER

食を堪能した後は、フィードバックシートの記入を。未来の外食産業を担うフレッシュな生徒の方々へ向けて、ぜひ感想を伝えましょう。

今回ご紹介した〈GENKAI BURGER〉は、7月9日(土)~9月24日(土)までの期間限定。唯一無二のハンバーガーコースを堪能し、未来のシェフたちの応援をしてみませんか?生徒たちが運営しているSNSにも要チェックです!

〈GENKAI BURGER〉
■東京都目黒区上目黒1-3-3 レコールバンタン東京校 レーヴ校舎
■11:00~14:00LO
■土曜のみ営業
公式サイト
公式Instagram

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR