Waitless

サプリメントと食事、運動をオンラインでパーソナライズ。 今度こそなりたい自分に!パーソナライズなボディメイクサービス〈Waitless〉。 Learn 2021.05.07

薄着の季節到来!今のうちに身体の気になるところを引き締めておきたいですね。食事と運動、サプリメントの3つの柱で目標達成をサポートしてくれるパーソナライズサービス〈Waitless〉についてレポートします。

おうちでできるパーソナルボディメイクサービス。

Waitless

大きく生活が変化したこの1年、外出する機会が減って、運動不足やストレスが原因で体重やスタイルの維持がうまくいかないと悩んでいる人もいるかもしれません。インターネットを探せば、ダイエットの情報はたくさんありますが、食事制限や運動が続けられそうもないと思うこともありませんか?

誕生したばかりの〈Waitless〉は、食事、運動、サプリメントを自分に合わせてアドバイスしてくれるサブスクリプション型のパーソナライズボディメイクサービスです。自宅に送られてくるサプリメントとメニューカード、ハウ・トゥ・ブック、そしてオンライン上で豊富な食事レシピとエクササイズ動画を利用することができるというもの。

質問項目は年齢はもちろん、気になっているパーツ、ダイエットが失敗した理由なども。
質問項目は年齢はもちろん、気になっているパーツ、ダイエットが失敗した理由なども。

〈Waitless〉はオンライン上で質問に答えることからスタート。画面に登場する“ウェイトレスさん”の質問にチャット形式で答えます。内容は性別、年齢、体重のほか、運動習慣や普段の食事、ダイエットの目標など約20あって、かかる時間はたったの3分ほどです。

すべての質問に答えると、食事レシピやエクササイズ動画コンテンツを合わせたパーソナライズダイエットプログラムと、〈Waitless〉のために独自開発されたパーソナライズサプリメントが提案されます。組み合わせはなんと9万通りもあるのだとか。

2種類のサプリメントがダイエットプログラムをサポート。

全員に2種類のサプリメントが届きます。1種類は共通、もう1種類は自分に合ったもの。
全員に2種類のサプリメントが届きます。1種類は共通、もう1種類は自分に合ったもの。

サプリメントは、2種類をカスタマイズした「Dual-smart Method」。共通の「ベース」1種類とダイエットプログラムに合わせた「パーソナライズド」5種類のうち1種類、合計2種類が自宅に1カ月分届いてダイエットプログラムをサポートしてくれます。

共通のサプリメント「THE DAY」は二重構造のカプセル入りで、菌が腸まで届くようになっています。
共通のサプリメント「THE DAY」は二重構造のカプセル入りで、菌が腸まで届くようになっています。

白いパッケージのベースサプリメント「THE DAY」は、体内環境を整えるサポートを目的にしたもの。生きた乳酸菌と菌のエサが主成分です。カプセルが二重構造になっていて、胃酸などで壊れてしまいやすい乳酸菌が生きたまま腸まで届くよう工夫されています。

サプリメントはパッケージのデザインもおしゃれ。
サプリメントはパッケージのデザインもおしゃれ。

パーソナライズドサプリメントは、減量トレーニングを応援するブラックジンジャーが入った「DANCING QUEEN」やキトサンが配合されて糖質や脂質が多めな食生活が気になる人に向けた「AFTER CHILL」などの5種類が合って、自分に合ったサプリメントが選ばれます。

白いベースのサプリメント「THE DAY」が体内環境を整えることで、もう1種類のサプリメントに含まれる栄養を効率よく吸収できるという、とてもよく考えられた仕組みです。

サプリメントとブックレット類が入った箱もスタイリッシュ。
サプリメントとブックレット類が入った箱もスタイリッシュ。

サプリメントは、スタイリッシュなボックスに入って届きます。一緒に届くダイエットメニューカードには、自分専用の気をつけたいポイントや効果が出やすい痩せ行動が書かれているので、繰り返し目を通したい内容です。

短時間で簡単なエクササイズや、おいしさと栄養を兼ね備えた食事レシピも豊富。

エクササイズの動画や、食事のレシピはそれぞれ100種類以上。
エクササイズの動画や、食事のレシピはそれぞれ100種類以上。

エクササイズ動画コンテンツは、マッサージやストレッチのほか、オフィスでもできるエクササイズも含まれています。筋トレなどばかりではなく、ストレッチやマッサージの動画も豊富。5分から10分の短いプログラムがたくさんあるので、体を動かすのが苦手な人や忙しい人も隙間時間に取り入れることができそうです。このエクササイズ動画コンテンツは『バチェロレッテ・ジャパン』に出演していた黄皓さんも協力しているとのこと。

食事レシピは、手軽なのに見た目にも満足感が得られるレシピが並びます。また、例えば主食が好きな人には適度に主食を含むメニューや、ヘルシーで簡単に作れるスイーツメニューもあって、ダイエット目的以外でも試してみたくなるようなものものばかりです。

続けるためのサポート体制もLINEで気軽にアクセス。

自分用のメニューブックが届くので、やる気になります。
自分用のメニューブックが届くので、やる気になります。

〈Waitless〉では最初の3週間を、痩せぐせを習慣化する大切な期間と考えていて、アドバイスを送ってくれるなどフォローアップ体制が充実しています。公式LINEでウェイトレスさんが答えてくれるサポート機能は、ダイエットがうまく進まないときに、心強い味方になってくれそうです。

月に一度は、ダイエットの進捗報告をシステムから入力。プログラムとサプリメントは1カ月ごとに見直すこともできるので、体の変化を感じやすいシステムにもなっています。

パーソナルトレーニングのマシン。窓の向こうは表参道ヒルズ。
パーソナルトレーニングのマシン。窓の向こうは表参道ヒルズ。
セルフフィットネス&エステ用の個室。
セルフフィットネス&エステ用の個室。
〈Waitless〉の事業責任者〈Sparty〉の森清樺さん。
〈Waitless〉の事業責任者〈Sparty〉の森清樺さん。

〈Waitless〉は、セルフフィットネス&エステ、パーソナルトレーニングを受けられる〈Waitless THE SALON〉も近々表参道にオープン。〈Waitless〉と合わせて利用すると効果を早く感じられそうです。

「体重が減って理想の姿になる」、「ウェイトレスサポートがしてくれる」、「時間も手間もかからない」という3つの意味で名付けられた〈Waitless〉。費用の高いジムやエステが続かなかったり、自己流のダイエットがうまくいかなかったりした経験があって、次こそは!とダイエットにチャレンジしたい人は、〈Waitless〉の利用を考えてみてはいかがでしょうか?

〈Waitless〉
■定期コース 6,980円(送料無料)
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR