東京 エキュート

今年のバレンタインはネット予約して、さっと受け取る作戦も。 エキナカ〈エキュート〉でいろいろ選べるバレンタインスイーツ。 Learn 2021.01.31

首都圏のターミナル駅の構内やそばにあって、通勤通学などの合間にささっとお買い物ができるエキナカ商業施設〈エキュート〉。スイーツのお店も多い〈エキュート〉各施設では、さまざまなバレンタイン商品が用意されています。今年はネット予約できる限定商品も。たくさんあるバレンタインスイーツからシチュエーションに合わせて注目した商品をご紹介します。

おうちバレンタインには華やかなケーキで彩りを。

〈アトリエうかい〉「コーディアル」2,700円。
〈アトリエうかい〉「コーディアル」2,700円。

〈アトリエうかい〉がバレンタインシーズンに販売するのは「コーディアル」。赤くてキュートなクッションの中身はふわふわ。ベリージュレをなめらかなチョコレートムースで包んでいます。上にのせられたハートはシャンパンムース。思い出に残るバレンタインを演出してくれそうです。

■〈エキュート品川〉で2月7日から販売。1日限定10台。ネット予約可。

〈和楽紅屋〉「絹糸和栗のモンブラン」1,600円。
〈和楽紅屋〉「絹糸和栗のモンブラン」1,600円。

鯛のモチーフがアクセントになっているのは〈和楽紅屋〉の「絹糸和栗のモンブラン」。絹糸のように繊細なマロンペーストと和三盆を使ったメレンゲ、ほうじ茶のロールケーキは、口に入れると溶けるよう。香りがよく甘みの強い熊本県産「利平栗」のペーストは、注文が入ってから絞るという限定品です。

■〈エキュート東京〉で2月12日~14日限定販売。ネット予約可。

〈イシヤ 東京ステーション〉「恋するチョコレート ショコラバウムクーヘン(ルビー)」1,944円。
〈イシヤ 東京ステーション〉「恋するチョコレート ショコラバウムクーヘン(ルビー)」1,944円。

北海道土産の定番「白い恋人」が有名な〈ISHIYA〉の直営店〈イシヤ 東京ステーション〉が販売するのはピンク色がロマンチックな「恋するチョコレート ショコラバウムクーヘン(ルビー)」。しっとりした生地の甘みと、たっぷり入ったルビーチョコレートのほどよい酸味と滑らかさの相性がいいバウムクーヘンです。

■〈エキュート東京〉で販売。

真心を込めてプレゼントしたくなるチョコレートボックス。

〈資生堂パーラー〉「ショコラバリエ2021」3,240円。
〈資生堂パーラー〉「ショコラバリエ2021」3,240円。

限定のショコラ12粒が3段のボックスに詰め込まれたこちらは〈資生堂パーラー〉の「ショコラバリエ2021」。ボックスが左右に開くというギミックに心が躍ります。プレゼントした相手がボックスを開くとき、どんな表情をするだろう? そんな想像をするだけで楽しくなってしまいそう。

■〈エキュートエディション渋谷〉〈エキュート大宮〉〈エキュート東京〉で販売。ネット予約可。

〈ベルプラージュ〉の「トーチチョコレート12個入」 1,404円。
〈ベルプラージュ〉の「トーチチョコレート12個入」 1,404円。

ミルクチョコを使ったシェルの中にはナッツペーストを混ぜ込んだなめらかなチョコレート、ジャンドゥヤ入り。その上にストロベリー、バニラ、ピスタチオと3種類のクリームを絞ってトーチ型に仕上げられています。ケースに刺さるように並ぶ姿もかわいらしいチョコレートです。

■〈エキュート上野〉〈エキュート大宮〉で販売。

〈和楽紅屋〉の「獺祭抹茶トリュフ4個入」1,620円。
〈和楽紅屋〉の「獺祭抹茶トリュフ4個入」1,620円。

京都府産の抹茶を贅沢に使用したチョコレートに、入手困難な日本酒として名高い「獺祭」を掛け合わせた〈和楽紅屋〉の「獺祭抹茶トリュフ4個入」。口に入れようと摘んでみると抹茶の香りがふわり。日本酒の繊細で奥深い味わいも楽しめます。日本酒が好きな人にプレゼントしてみては?

■〈エキュート東京〉〈エキュート品川〉〈エキュート上野〉で販売。ネット予約可。

キュートで手軽なスイーツは友人や同僚とのコミュニケーションのきっかけに。

〈京橋千疋屋〉の「ショコラ・フレーズ(3個入り)」1,296円。
〈京橋千疋屋〉の「ショコラ・フレーズ(3個入り)」1,296円。

華やかな赤いいちごにチョコレートを2色のチョコレートをコーティングした〈京橋千疋屋〉の「ショコラ・フレーズ(3個入り)」。もちろん、〈京橋千疋屋〉よりすぐりの国産の大粒いちごが使われています。ひとつずつパッケージに入っているので、誰かと分けやすいのもポイント。

■〈エキュート品川サウス〉で販売。ネット予約可。

〈富士見堂〉「天米ミルクショコラ」(8枚入り)798円。
〈富士見堂〉「天米ミルクショコラ」(8枚入り)798円。

お米にこだわるお煎餅屋さん〈富士見堂〉がバレンタインシーズンに販売するのは「天米ミルクショコラ」。米の粒を残した煎餅「天米」の片面にミルクチョコレートをコーディングしています。チョコの甘さと煎餅のかるい塩味とザクザク感は年代を問わず喜ばれそうです。個包装なのも◎。

■〈エキュート日暮里〉で販売。ネット予約可。

〈をかし楽市〉の「ミルクチョコ 」「ハッピーMIXチョコ」各398円。
〈をかし楽市〉の「ミルクチョコ 」「ハッピーMIXチョコ」各398円。

米袋のようなパッケージに笑顔を誘うメッセージ付きの〈をかし楽市〉のあられ菓子。「ミルクチョコ 」と「ハッピーMIXチョコ」は、サクサクのあられにチョコレートをコーティングした冬季限定品。ぽりぽりとつまみ出すと手が止まらないおいしさで、気軽なプレゼントにぴったりです。

■〈エキュート日暮里〉で販売。ネット予約可。

〈バターバトラー〉の「バターチョコレートフィナンシェ」(4個入り)972円。
〈バターバトラー〉の「バターチョコレートフィナンシェ」(4個入り)972円。

バターが主役のお菓子が揃う〈バターバトラー〉。数量限定の「バターチョコレートフィナンシェ」は、封を開けるとバターがふわっと香ります。チョコレートフィナンシェ生地にチョコレートチップが入っていてチョコレート感も十分。こっくりとした味わいで満足感もあります。

■〈エキュートエディション渋谷〉で販売。ネット予約可。

直接顔を合わせて会話する機会が激減している今日このごろ。思いを伝えたいたいせつな人へのプレゼントはもちろん、あまり話さなくなってしまった同僚や知人とのコミュニケーションに〈エキュート〉各施設で買えるバレンタインスイーツを利用してみてはいかがでしょうか?

予約サイト
※価格はすべて税込み。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR