皿(大)13,000円、(小)9,000円、片口35,000円、匙1,500円(全て富井貴志|ヒナタノオト 03-5649-8048)

母にあげたい、センスが光るプレゼント。 老舗&話題店の雑貨アイテム6選!【東京駅イーストエリア】作家ものの器や北欧デザインまで。 Learn 2020.03.01

歴史に裏付けされた職人技が光る老舗から、コンテンポラリーなアイテムが話題の店まで。ギフト探しはもちろん、自分用にも欲しくなる雑貨が目白押し。

1.〈タッチアンドフロー日本橋髙島屋S.C.店〉

手前・6,000円、奥・9,000円(共にタッチアンドフロー|タッチアンドフロー日本橋髙島屋S.C.店 03-6262-2854)
手前・6,000円、奥・9,000円(共にタッチアンドフロー|タッチアンドフロー日本橋髙島屋S.C.店 03-6262-2854)

ほどよく手になじむシュリンクレザー×真鍮ボタン。もうひとつのポケットのように気軽に使えるアイテム。ペンポーチ(手前)は全5色。4色そろうフラットポーチ B6(奥)にはこまごましたものを。

2.〈ポスタルコ京橋店〉

下・7,000円、上・ストーン付き 各14,000円( 全てポスタルコ|ポスタルコ京橋店 03-6262-6338)
下・7,000円、上・ストーン付き 各14,000円( 全てポスタルコ|ポスタルコ京橋店 03-6262-6338)

LA出身のマイク・エーブルソン氏がNYでスタートした〈ポスタルコ〉。ハンドメイドの真鍮製キーホルダーはネジで開閉して鍵を通すつくり。碧玉やメノウなど、天然石のタイプは贈り物にも喜ばれそう。

3.〈minä perhonen elävä Ⅱ〉

46,000円(iittala|minä perhonen elävä Ⅱ 03-6825-8037)
46,000円(iittala|minä perhonen elävä Ⅱ 03-6825-8037)

〈minä perhonen〉の新ショップには、家具から小物まで北欧デザインのプロダクトがそろう。コロンとしたフォルムがかわいい鳥のオブジェはフィンランドを代表するガラスデザイナー、オイバ・トイッカの作品。色違いも。

4.〈白木屋傳兵衛〉

左・950円、右・1,700円(共に白木屋傳兵衛 0120-37-5389)
左・950円、右・1,700円(共に白木屋傳兵衛 0120-37-5389)

パン屑などをさっと掃除できるテーブル用小箒(左)に、握りやすく、洋服使いにぴったりの「肩払い」(右)。軽さとコシの強さに江戸時代から続く老舗の技が感じられる上に、見た目も素敵。さりげなく飾っても様になる。

5.〈榛原〉

ちいさい蛇腹便箋各500円(榛原 03-3272-3801)
ちいさい蛇腹便箋各500円(榛原 03-3272-3801)

1806年に日本橋で創業した〈榛原〉には、トラディショナルな柄をキュートにアップデートした商品も。まるでマッチ箱みたいなルックスのこの便箋は、蛇腹式で好きな部分でカットして使えるというアイデアもの。表紙はほかにもバリエーションが。

6.〈ヒナタノオト〉

皿(大)13,000円、(小)9,000円、片口35,000円、匙1,500円(全て富井貴志|ヒナタノオト 03-5649-8048)
皿(大)13,000円、(小)9,000円、片口35,000円、匙1,500円(全て富井貴志|ヒナタノオト 03-5649-8048)

一見磁器のようでいて、実は木製。新潟の作家・富井貴志の作品で、オオノキや栗、山桜などの木材を使い、漆を何度も重ねて作り上げる。軽くて使い勝手もいいので、形違いでストックしたい。

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Kengo Shimizu styling : Chiaki Utsunomiya text : Hiroko Yabuki)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR