FotoJet (3)

ハナコラボ 前田紀至子が綴る”わたしの旅、あなたの旅” 第39回 【マカオ女子旅】至高のホテルステイとホッピング。〜〈シェラトングランド・マカオ〉&〈セントレジス・マカオ〉編〜 Learn 2019.12.11

日々国内外を旅している前田紀至子による、淑女らしく旅を愉しむための旅のしおり。今回は女子旅にぴったりなマカオでのラグジュアリーホテルホッピング記を前後編に渡ってお届けします。

〈エアマカオ〉に乗ってマカオへ。

今回利用したのは成田空港発の〈エアマカオ〉。19時20分発なので、午後休を取れば余裕を持って行けるのが嬉しい。

1

今回のお供も〈グローブトロッター〉のトロリーケース。奇しくもマカオカラーで気持ちが盛り上がる。

2

マカオ着は00時10分。空港から中心地まで近いとはいえども、翌日からのスケジュールに備えて機内で少し仮眠をとっておくのがおすすめ。機内では乾燥対策のスキンケアも忘れずに。

最初のホテルは〈シェラトングランド・マカオ,コタイセントラル〉へ。

〈シェラトングランド・マカオ,コタイセントラル〉

最初のホテルは〈シェラトングランド・マカオ,コタイセントラル〉のエグゼクティブスイート。マカオはホテルの価格が比較的お手頃なので、いつもよりも贅沢な女子旅をするなら絶好のディティネーション。

〈シェラトングランド・マカオ,コタイセントラル〉

軽いデスクワークや朝のヘアメイクが一層楽しくなるデスク。

〈シェラトングランド・マカオ,コタイセントラル〉

寝る前のガールズトークも盛り上がる広々としたベッドは寝心地も抜群。

〈シェラトングランド・マカオ,コタイセントラル〉

広々としたバスルームであれこれ繰り広げる美容トークは女子旅の醍醐味! つい夜通しお喋りしたくなる空間。

7

翌朝はインナービューティーの充実から。〈HACCI〉の飲む日焼け止めや、オーダーメイドのサプリメント、天然アナツバメの巣のゼリー〈美巣〉など、あれこれ情報交換しながら真剣にお試し。

8

朝食はビュッフェ形式なので、迷わずヌードルバーへ直行。マカオのホテルでは麺やトッピングの具材を選べるところが多々。歯ごたえのある細麺はやみつきになるおいしさ。

9

食後はデザートを兼ねて、マカオ名物エッグタルトを食べ比べすべくホテルと隣接している〈ザ・ベネチアン・マカオ〉のショッピングモールへ。一番の目的は、有名店である〈ロード ストーズ ベーカリー ベネチアン店〉

10

〈ザ・ベネチアン・マカオ〉内だけでも様々なエッグタルトが売られているので、自分好みのエッグタルトを見つけたいところ。

お目当の〈セントレジス・マカオ,コタイセントラル〉内のスパへ。

11

食後はお目当てのホテル、〈セントレジス・マカオ,コタイセントラル〉内のスパ「イリディウムスパ」で、トリートメント体験。新しく始まったメニュー「Curated Aromatherapy」は、なんと自分でスクラブを作るというユニークなもの。精油で香りを組み合わせたり、スクラブの質感まで決められたりとかなりの本格派。

12

18種類の精油を組み合わせて、スクラブの質感を調整したら最後に色をつけて完成。この後これで体をマッサージしてもらえるなんて、美容好きにはたまらない!

13

12月らしく、喉に良いお茶のサービスも。コージーできめ細やかなサービスが〈セントレジス〉らしい。

14

スパは最上階に位置しているだけあって、眺望も格別。

〈The Manor〉でマカオの素敵な夜を。

15

トリートメント後は、〈The Manor〉にて海にインスピレーションを受けたメニューを。世界各国から取り寄せられた極上の海の幸は絶品。

16

品の良い味付けに舌鼓。帆立とトリュフの組み合わせは夢のよう。

17

食後にはさっぱりとレモンチュロを。端々まで気の利いたプレゼンテーションに思わずにっこり。

18

食後は〈The St. Regis Ber〉でシグネチャー的存在のカクテル、「ブラッディマリー」を。このホテルオリジナルの「Maria do Leste」はポルトガルをはじめとして各国からのスパイスやライムを加えて作り上げたユニークな一品。

19

濃厚でジューシーなブラッディマリーはタバスコやウォッカのさじ加減も自分次第。心地よく素敵な雰囲気に酔いしれながら夜は更けていったのでした。

今回の旅の場所はここ!…マカオでホテルホッピングを満喫する旅

〈シェラトングランド・マカオ〉
www.marriott.co.jp

〈セントレジス・マカオ〉
www.marriott.co.jp

☆前回の「台中直行便が人気の〈マンダリン航空〉搭乗記。おいしい&快適フライトが叶う!」はコチラから。

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。Travel 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?Learn 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。Learn 2023.08.12 PR