南青山 伍
2022.02.22

木村ミサと本日のティータイム 南青山の日本茶専門店〈伍〉へ。ゆったりとした空間で、都会の喧騒を忘れる

みなさまこんにちは。木村ミサです。とっても寒〜い日々。そんな時期は熱々のお茶が飲みたくなります。朝の寒さを吹き飛ばせそうなガツンとした苦味のお茶を飲み、仕事に向かうのが冬のマイルーティン。今回は、寒い雪が印象だった日に訪れた〈伍(いつ)〉を紹介します。癒やされる空間で、心の底から温まりました。

南青山 伍

表参道駅から少し歩くと、路地の入ったところに〈伍〉はあります。元々お花屋さんだった店主が、5年前に茶道の先生にお茶を習うようになり、興味を持ったことがきっかけで古民家をリフォーム。〈伍〉が誕生しました。

南青山 伍

長いカウンター1枚のシンプルなつくりは「1人、1人とお茶を通して向き合う」という店主の想いから。この距離感はとても心地いいです。

【次ページ】
1杯目は…?

【本日の1杯目】「玉露 閃光(きらり31)」

「玉露 閃光(きらり31)」2,100円
「玉露 閃光(きらり31)」2,100円

玉露、萎凋茶などのラインナップの中から、まずはおすすめの「玉露 閃光(きらり31)」をチョイス。「閃光」とは「きらり31」という福岡県八女市星野村が産地の茶葉。気になっていた星野村が産地です。

南青山 伍

玉露にぴったりな片口でつくられた平たい茶器が印象的。50度でさっぱりと淹れます。きれいな緑の茶葉が草原を感じる。淹れているだけで、ふわっと九州の茶葉っぽい華やかな香りが広がります。妄想が広がりつつ、早速いただきます。

南青山 伍

口に含んだ瞬間「なに!この感じ初めて!」と衝撃。旨味がぎゅっとつまっていて、もはや出汁を飲んでいるような感覚です。さわやかで余韻も残る、しっかりとした味。それでいて九州っぽさも感じて、この味はシンプルに「大好き」の一言です。最後の一滴まで惜しまずいただきます。

kimura
木村ミサ / モデル

「お茶が好きで、きになるお茶を目にするとスッとレジに運んでしまう程のTEA党。世界の様々なお茶の効能や淹れ方、飲み方、文化などを勉強し毎日愛飲している。 身体の内側からキレイに健康になる食生活でモデルとして活動中。」

木村ミサさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る