横浜でリゾート気分が味わえる。〈横浜ロイヤルパークホテル〉にチェックイン!〜#Hanako_Hotelgram〜
2020.10.02

第19回 時間にとらわれないひとときを。 横浜でリゾート気分が味わえる。〈横浜ロイヤルパークホテル〉にチェックイン!〜#Hanako_Hotelgram〜

週末はリラックスしたい!そんな東京で忙しく働く女子の憧れといえば、「癒しの週末ホテルステイ」!IT企業に勤めながら人気インスタグラマーとしても活躍する"もろんのん"が、そんな夢のホテルステイをリアルレポートするこの連載。今回は、横浜市西区のみなとみらい、〈横浜ロイヤルパークホテル〉へ。〈横浜ランドマークタワー〉の高層階に位置するこのホテルは日本一高いホテルなんだそう。
もろんのん
もろんのん / インスタグラマー

「Hanako本誌の連載「#HanakoTravel」でもおなじみの人気インスタグラマー。実はチーズケーキの会社に勤める社会人女子。女子向けの撮影講座の講師などもやってます。Instagram:@moron_non

もろんのんさんの記事一覧 →

こんにちは、週末トラベルフォトグラファーの“もろんのん”です。最近では「Go Toキャンペーン」などもあり、近郊の高級ホテルが注目されてますよね。ということで、今回は渋谷から電車で30分のところにある横浜へ。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

〈横浜ロイヤルパークホテル〉は、都心の中のリゾートホテル「スカイリゾート」がコンセプト。飛行機に乗ってまでリゾートに行くのはちょっと…という方にぴったりなので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。
今回のホテルは、ずばり特別な日にぴったり。友人と来てもテンションが上がるし、恋人と来てもロマンチック、家族で来てもお子さんがとても喜ぶ、思い出に残るホテルです。

まずは、チェックイン。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

今回、私はイラストレーターの友人とやってきました。チェックインは15:00、チェックアウトは11:00。チェックアウトがおそめの時間なので、朝もホテルでまったりできるのはうれしいですね。〈横浜ランドマークタワー〉内にあるホテルにたどり着くと、大理石やシャンデリアに囲まれたロビーに圧倒されます。アルコール消毒など感染対策もバッチリしてるし、ロビーも広々としているので、待ち合わせにぴったり。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

泊まったお部屋は、60〜64Fにあるスカイリゾートフロア「アトリエ」の「コーナーツイン」。47平米ある広々とした部屋で、横浜のシティビューを一望できちゃうのがすごい!ちなみにベイブリッジビューのお部屋は、カップルの記念日などに人気なんだとか。コーヒーメーカーや大きなソファなどもあるので、くつろぎやすさは100点満点です。

1階にあるケーキショップ〈Coffret(コフレ)〉で、人気のケーキを購入。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

チェックイン前に見つけたケーキショップで、シェフの自信作である「ガトーオペラ」(470円)と、秋のスイーツ「モンブラン」(500円)を買いました。お部屋の備え付けのドリンクと一緒にいただきます。「ガトーオペラ」は、今まで食べた中で1番おいしい!生地にしっとり染み込むビターなコーヒーの味わいとダークショコラの口溶けがお上品です。ちなみに、スカイリゾートフロアには〈ネスプレッソ〉のコーヒーメーカーもついているので、コーヒー好きの人はうれしいですね。

ディナー前に、メインバー〈ROYAL ASCOT(ロイヤル アスコット)〉で乾杯。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
イギリスの王室が所有をした、競馬場〈ASCOT〉が名前の由来。その昔、英国紳士の社交場は競馬場だったそうです。
神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
私は「Top Hat(トップハット)」(1,700円)というシャンパンベースのカクテル、彼女はブランデーベースの「Royal Enclosure(ロイヤルエンクローザー)」(1,400円)に。

「Top Hat」のほうがアルコール感がないので飲みやすく、お酒が好きな方は「Royal Enclosure」のほうが好きだと思います!イラストレーターや私の写真についてなど、話はつきません。

68階にある中国料理〈皇苑(こうえん)〉でディナー。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

気づけば日没し、夜に。昼の景色と変わり、一気にロマンチックになりましたね。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
「茉潤(まひろ)」。
神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

まだまだ話し足りないので、オリジナルカクテルの「茉潤(まひろ)」(900円)で乾杯。ジャスミン茶とピーチを使用したすっきりとしたカクテルです。写真ではストローを写していませんが、私たちはノンアルコール(800円)でいただきました。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
こちらは前菜。
神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

私たちは「天空晩餐」という7品のコースをいただきました。かなりお腹がいっぱいになるので、しっかり空かせておいて、早めの18時くらいに来てゆったり食べるのがおすすめかもしれません。また、取材時のラストオーダーは20時や20時半で少し早めでしたが、曜日によって営業時間が変わるのでご注意を。水曜日が一時定休日です。

お部屋に戻って、横浜の夜景を堪能。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
まるで展望台に登ったかのような夜景!
神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
女子の気になるアメニティ。なんとスカイリゾートフロア「アトリエ」のお部屋は、〈ロクシタン〉のバーベナの香りシリーズ。レモンのような柑橘系の香りが、〈ロクシタン〉の中で1番好きなので本当にうれしかったです。一晩では使いきれないので、お土産として持ち帰れるのもうれしいポイントですね。
神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
女子1人では大きすぎるバスタブ!

横浜の夜景が楽しめる〈横浜ロイヤルパークホテル〉!今回、宿泊したお部屋のバスタブには外を眺めることができる窓があったので「シティリゾート感」満載でした(カーテンで隠すこともできるのでご安心を)。それではおやすみなさい。

エネルギーをチャージして、月曜日の朝。1週間の始まりです!

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

お泊まりに行くと、朝起きる時間が一緒で洗面所の譲り合いに悩むことってありますよね。しかし、このお部屋はそんな心配は一切無用!だって大きな鏡に、洗面台が2名分ついているから。

朝食は、和食と洋食お好きな方を。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

朝食は和食を、エッグメニューはスクランブルエッグにしました。ホテルのこのぷるぷるなスクランブルエッグってどうやって作っているんですかね。

神奈川 横浜ロイヤルパークホテル
神奈川 横浜ロイヤルパークホテル

本当はもっとゆったりできますが、月曜日なので会社へ出発!普通リゾートホテルといったら、飛行機に乗って帰ってくるイメージですが、渋谷から電車で30分の距離で「スカイリゾート」な絶景と充実感を得られると思っていなかったので、この1週間は無敵に走れそうです。大切な記念日に選んだら間違いなく、いい思い出になること間違いなし!今までの連載の中では、間違いなく「お部屋からの眺め」第1位に輝きました。

私たちが宿泊した日は残念ながら少し曇っていたのですが、それでもドキドキするくらい美しい眺めでした。その他、宿泊以外でも、横浜に来たときは、メインバー〈ROYAL ASCOT〉にまたふらりと立ち寄りたいです。以上、もろんのんによる、『#Hanakohotelgram』の〈横浜ロイヤルパークホテル〉レポートでした!

今回宿泊したホテル〈横浜ロイヤルパークホテル〉

■横浜市西区みなとみらい2-2-1-3
■045-221-1133(宿泊予約は、9:00〜19:00)
https://www.yrph.com/index.html
■今回のお部屋:スカイリゾートフロア「アトリエ」の「コーナーツイン」

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る