ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

時間にとらわれないひとときを。 オンライン紅茶レッスン&街歩き付きプランを体験。銀座〈ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8〉にチェックイン!〜#Hanako_Hotelgram〜 Learn 2021.07.08

週末はリラックスしたい!そんな東京で忙しく働く女子の憧れといえば、「癒しの週末ホテルステイ」!フォトグラファーとして活躍する"もろんのん"が、そんな夢のホテルステイをリアルレポートするこの連載。今回は銀座駅から徒歩約5分の場所にある〈ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8〉へ。銀座の古き良き街の雰囲気を尊重しつつ、新しさを取り入れた「ビンテージモダン」がデザインコンセプトです。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

さて、今回私が宿泊するプランは、アメリカ在住の人気フラワーアーティストによるオンライン宿泊イベント「ニューヨークからのオンライン紅茶レッスン&街歩き付きプラン“NEW YORK TEA LESSON”」(※販売終了)です。コロナ禍で海外旅行はもちろん、気軽に外食もしづらい…という方にぴったりのこのプラン。ホテルに宿泊しながら、アメリカ在住のお花と紅茶の講師・北野杏奈さんによるNYの街歩きライブ配信と、レストラン〈Opus〉のアフタヌーンティーとともにオンライン紅茶レッスンを受けることができ、日本にいながら海外旅行気分が楽しめます。
残念ながらこのプランは販売終了してしまいましたが、ホテルの雰囲気がわかるレポートですので、今後の参考にぜひご覧ください。

【1日目15:00】アート溢れるフロントで、チェックイン。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

チェックインは15:00、チェックアウトは12:00(通常は11:00)。今回、私はデザイナーのお友達とやってきました。週末の宿泊でしたので、フルの時間滞在して、堪能し尽くしました。
フロントのウォールアートは「It’s the wall world. / Chim↑Pom」。ホテルや旅を連想させるものたちの壁をくり抜き、ホテルの壁と入れ替えているそう。

【1日目15:15】お部屋でまずはひと息。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

お部屋は「スーペリアダブル」。入ってすぐにボックスのような机がお出迎えしてくれるのですが、実はこの中にテレビや冷蔵庫、マグカップなどが収納されているんです。ヴィンテージ感のあるゴールドブラウンのアクセントがミレニアル世代の私にはツボでした。実は〈ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜〉にも取材で宿泊したことがあるのですが、そちらとは全く世界観が異なり、銀座の街に合う雰囲気。

【1日目16:00】14Fにあるレストラン〈Opus〉で軽食。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

早くチェックインして時間に余裕があったので、レストラン〈Opus〉へ。スイーツとドリンクをいただきつつ、女子トークに花を咲かせます。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

私は黒ゴマのメレンゲと、ストロベリーのアイスとピスタチオのムース、その中に求肥が入った、驚きの新食感サクサクぷるふわデザート「グレー」をオーダー。ひんやりとしておいしいのはもちろん、見た目はスタイリッシュでギャップがありおもしろかったです。ドリンクはキミノウメと黄金桃で、1Fのロビーでも購入可能でした。

【1日目18:00】1F〈TEA SALON〉でドリンクの引き換え。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

今回のプランでは、〈TEA SALON〉で使えるドリンク2杯分の引換券がセットになっています。部屋へのテイクアウトも可能です。

【1日目18:15】2F〈CANVAS LOUNGE〉を散策。

※撮影時のみマスクを外しています。
※撮影時のみマスクを外しています。
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

1〜2Fへ移動中、現在は飲食NGですがラウンジスペースがあります。コロナ禍でなければ、このレコード棚の中からなんとDJブースが出てくるとか!

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

2Fへ上るとアート作品、そして一度座ったらなかなか立ち上がれなくなってしまう座り心地抜群のソファがあります。実はこちらのスペース、以前ハナコラボのイベントで訪れたことがありました。夜はムーディな雰囲気ですが、PCスペースもあるので昼は仕事がはかどりそう。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

さらに奥へ進むとジムがあります。日曜日の朝は、早起きして予約したジムに行くのもいいかも。現在は予約が必要ですが、このようなマシーンなどがあり鏡も大きいのでヨガなどをするのもありですね。アルコールスプレー、お水やタオルなども完備されていました。

【1日目21:00】NYオンライン街歩きツアー。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

アメリカ在住の人気フラワーアーティストによるオンライン宿泊イベント「ニューヨークからのオンライン街歩き」に、フィンガーフードをいただきながら参加します。私の部屋は机にテレビが格納されているタイプで、シアタールームのような雰囲気が楽しかったです。ちなみにオンラインライブやネットフリックスなどを鑑賞するために宿泊するお客様もいらっしゃるのだとか。フィンガーフードのメニューはトリュフ卵サンド、海老のハモンセラーノ巻き、バスクチーズケーキ。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

私はアメリカ本土へ行ったことがないので、いつか行って実際にこの風景を撮りたいな…そんな想いを馳せながら楽しく鑑賞させていただきました。

【2日目9:00】ついに楽しみにしていた紅茶のオンラインレッスン。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

私自身、紅茶は好きですが、ちゃんとしたレッスンは受けたことがなかったので興味深い内容ばかり。たくさんメモをしながら、その場で実践もできて充実した時間でした。
今回はオンラインですが、対面よりわかりにくいかも?という不安は全くなく。むしろ先生の手元が画面上で大きく写してみることができたのでわかりやすかったです。また、対面だと手をあげて質問するのが恥ずかしい方もいらっしゃるかもしれませんが、チャット形式での質問もできたのがよかったです。

紅茶を入れるときの簡単なポイントは…
・茶葉の量を正確に測る。
・温めたティーポットを使う。
・蒸らし時間は3分ほど。
・水道から汲みたての水を、十分に沸騰させる。
・茶葉をしっかり、正確に蒸す。

もちろん他にもポイントがありますが、よければ参考にしてみてくださいね。

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8
ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

メニューの内容は
・グレーマカロン、チョコレートブラウニー、マンゴーと抹茶のあんみつ
・フロランタン、チェリータルト、ナッツキャラメルムース
・青豆とペコリーノチーズのタルト、スモークチーズとキャビア
・パテ・ド・カンパーニュ
 スコーン(マスカルポーネ、ブルーベリーコンフィチュール)

ホテルグラム連載 ザロイヤルパークキャンバス銀座8

お土産でお花のブーケもいただきました。黄色とピンクで元気をもらえるカラーですね。チェックアウトは昼の12:00。ギリギリまで朝きたメールの確認をしたり、写真を選んだりしてリラックスできました。

なかなか遠出や街中に行きづらいご時世ですが、こんな時だからこそ、遠出だったらかかってしまう交通費や移動時間を銀座のホテルでちょっと贅沢に、優雅な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。また、ホテルのレストランって敷居が高いイメージがありますが、こちらのレストラン〈Opus〉は、まるでモダンなカフェのようで気軽に入れる雰囲気が◎。また近くに立ち寄った時はぜひおいしいスイーツを食べに行きたいです。以上、もろんのんによる『#Hanakohotelgram』の〈ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8〉のレポートでした!

今回宿泊したホテル〈ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8〉

■東京都中央区銀座8-9-4
■03-6205-8010
https://www.canvas-ginza8.jp/
■今回のお部屋:「スーペリアダブル」

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR