b_1
b_1

トルコ最大の文化芸術の祭典に行ってきた。Vol.1 【トルコ】新世代の「現代アート」が今、元気!イスタンブル、アンカラを巡る Travel 2022.12.13

東西文化の交差する地で、世界で最も旅心を誘う国のひとつトルコ。なかでも街のエネルギーを底上げしている、新世代の地元作家による現代アート。2022年10月に開催された、トルコ最大の総合的な文化・芸術の祭典「トルコ・カルチャールート・フェスティバル」の展覧会でも絵画、オブジェ、視覚芸術、ニューメディアなど、多岐分野に渡り、アート文化に拍車をかけていた。なかでも中心部となる都市、イスタンブル、アンカラの現代アートシーンの“今”をピックアップ。

神話の満たされないラブストーリーから着想

a_1
a_2
a_3.JPG
a_4

まずは最も魅了されたイスタンブルの〈MEŞHER(メシェル)〉での展覧会「I Am Nobody. Are You Nobody Too?(私は何者でもない、あなたも何者でもない)」。何世紀も精神について語り継がれてきたギリシャ神話のエコーとナルキッソスの満たされないラブストーリーに、現代的な解釈を与えたモダンアート。反射、共鳴、変化をテーマに、叶わぬ恋の欲望を絵画、オブジェ、視覚技術で織りなした空間で、絶妙な人の恋心を表現。インテリアとして持ち帰りたいぐらいフォトジェニックなオブジェも魅力的。

トルコ刺繍で織りなすモダンな現代ポートレート

b_1
b_2
b_3

イスタンブルの〈GRANDPERA(グランドペラ)〉で開催されたグループ展では、古代から続くトルコ刺繍をテーマに、さまざまなアーティストが絵画やデジタルアートを展示。なかでも、近くで見ないと刺繍で編み込まれているとわからない繊細なポートレートの絵画は、展覧会では一際目を引く存在。イケメンをモデルとしたステッチの優しいタッチとスタイリッシュな額縁がグッドバランス。

アイコン映画の体験できるシネマミュージアム

c_1.
c_2.
c_5
c_6

名作映画16本と未完成映画3本の詳細や衣装などが展示されたスタンリー・キューブリック展が、イスタンブル〈ATLAS CINEMA(アトラスシネマ)〉で開催。名作『ロリータ』のコラージュや『シャイニング』に登場する双子の衣装展示など、ファンにはたまらない内容となっている。また、触れると映画の詳細が浮き上あがるデジタルブックや、映画の登場人物の声が聞こえる電話機など、名作映画を体験することができる期間限定展。

スタイリッシュな写真集や本がコレクションされた図書館

d_1
d_2
d_3
d_4

イスタンブルのアタテュルク文化センターに併設された〈AKM LIBRARY(AKM図書館)〉は、音楽、建築、デザイン、ファッションなど芸術文化に焦点をあてた図書館。1階と2階の2フロアがあり、モダンでありながら温かみある設計で、月曜以外の10時〜17時の時間帯に中にはいることができる。

ガーリーな世界へ引き込まれる絵画

e_1
e_2.
e_3
e_4
e_5

アンカラのアートギャラリー〈Cer Modern(セルモダン)〉ではヤングアーティストの絵画を展示。裸体をアートした絵画とダークガーリーな女性を描いた絵画が目立っていた。また寛ぐ男性をトルコ産のコットンテーブルクロスに鉛筆で描いたユニークな作品も印象的。

キッズやカップルに人気なデジタルアート

f_1
f_2
f_3
f_4
f_5

アンカラの〈Museum of Republic(リパブリックミュージアム)〉の敷地内の別の建物で開催されたデジタルアート展は、赤、青、緑のカラーランプの灯りで、各部屋や廊下が染まった独特の空間で、デートコースとして訪れているカップル、デジタルアートを眺める子どもが多い。トルコ絨毯が万華鏡のように変化していく部屋や、ボックスの中のキューブが輝きながら形を変えていく部屋など、いくつもの部屋に分かれていて次の部屋を覗くのがワクワクする仕組みだ。

暮らしに溶け込む猫がトルコのアートに

g_1.
g_5
g_7

トルコは野良猫がとにかく多い。イスタンブルでもアンカラでも、まるでアートのように街に溶け込んでいる。イスタンブルでは、カフェの椅子や入り口に座る猫を、店員もお客も頭をなで、けしてお店から追い出したりしない。アンカラのハマムではターキッシュアンゴラ(アンカラ猫)という白猫がアイコンになっていて銅像やお土産も。猫にやさしい国として有名であることが頷けた。

歴史的なアヤソフィヤやブルーモスクなどを巡る王道なトルコ観光はもちろん、この国の未来を彩っていく新世代アーティストたちのエネルギーある作品もぜひトルコに行ったときは触れてみてくださいね。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR