今春オープンしたばかりの注目スポット!14階テラスから銀座の眺望を楽しめるレストラン〈Opus〉が気になる。
2019.06.11

読者コミュニティー・ハナコラボが体験! 今春オープンしたばかりの注目スポット!14階テラスから銀座の眺望を楽しめるレストラン〈Opus〉が気になる。

今年3月に開業したホテル〈ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8〉を舞台に、雑誌Hanakoの読者コミュニティーのハナコラボがさまざまなことにトライしていく「ハナコラボミーティング@銀座」。その第3弾となる今回は、同ホテルの14階にあるレストラン〈Opus〉のディナーメニューを試食してみることに。銀座の街を一望できるテラス席で、楽しく優雅なひとときを過ごしました。

大場桃果 / エディター・ライター

「1994年生まれ。幼い頃からとにかくピンクが好きで、気分を高めてくれる愛用品はほとんどピンク一色。」

大場桃果
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

有名レストランのシェフが手がける美しい料理の数々。

ミシュラン一つ星を獲得した東京・広尾のレストラン〈Ode〉の生井祐介シェフが監修する〈Opus〉は、モーニングからディナーまで楽しめるオールデイダイニング。ベースとなるフレンチに日本的かつ現代的な要素を加えることで、まるでアート作品のように芸術的な料理を作り上げています。今回は、個性豊かな7つの料理を味わえるディナーコースを特別に試食してみました。

乾杯を合図に、みんなで試食スタート。

この日集まったハナコラボは約15人。挨拶も兼ねて、まずは乾杯からスタートです!軽やかな口当たりが魅力の、イタリア産のシャンパンをいただきました。

「テラス席でシャンパンを飲めるって、なんだかテンションが上がりますね!」「天気がいいので、ついついお酒も進んじゃいます」とみんなの気分も高まってきた様子。

そこへ、試食用に一口サイズにアレンジしたディナーメニューが登場。「彩りもキレイですね」「見た目だけでは味を想像できなくて、なんだかワクワクします!」とハナコラボも大興奮。

メニューは、左下から時計回りに「松坂ポークのスペアリブと自家製サルシッチャ」、「イワシのマリネ オイルサーディン風」、フォアグラのムースやいぶりがっこを最中でサンドした「MONAKA」、イカスミを練りこんだ「黒いはんぺん」、卵かけご飯からインスピレーションを受けた「TKGリゾット」、「鰆の味噌漬け キャベツのエチュべ」、デザートの「グレー」。通常ディナータイムは、コーヒーか紅茶がセットになって6,800円(税込)で提供されています。

「一つ一つ味がまったく違うので、食べていてとても楽しいです」「上品な味わいですが、お酒ともよく合います」と一同大満足の様子。特に印象に残った料理について尋ねてみると、「TKGリゾットが一番好きでした」「サルシッチャが美味しかった!」とみんなそれぞれお気に入りが見つかったようでした。

銀座の街を一望できる14階のテラス席。

他では味わえない料理はもちろん、きらびやかな銀座の街を一望できる専用テラス席も〈Opus〉の魅力の一つ。天井を設けていないので、広々とした空を見上げることができて解放感は抜群。外での食事が気持ちよくなってくるこれからの季節、お友達とのランチや大切な人とのディナーにもぴったりです。

〈Opus〉


■東京都中央区銀座8-9-4 ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8 14階

■03-6263-8432

■7:00〜23:00(日のみ7:00〜21:00)
■80席

■https://www.canvas-ginza8.jp

大場桃果

テラス席にぴったりの快晴で、みんな気持ちよさそうでした!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る