〈o/sio〉新メニュー
2020.03.09

SNS映え抜群。ボリューム満点のお肉に舌鼓! 代々木上原の名店が丸の内へ。カジュアルビストロ〈o/sio〉の注目新メニュー4選!

リピーターも多く、代々木上原で絶大な人気を誇る〈sio〉。食通が足繁く通う〈sio〉の味わいはそのままに、誰もが知る料理をより美味しくデイリーに楽しめる〈o/sio〉の新メニューをご紹介します。

1.〆のラーメンならぬ、〆料理の新定番「かっこめ ロマンの豚丼」。

丸の内 o/sio

「かっこめ ロマンの豚丼」(1,100円)は、豚肉を食べやすいサイズに丁寧にカット。とろ〜りとろける卵黄と豚肉の相性が抜群です。生姜を添えるのではなく、玉ねぎと一緒にじっくり煮込む〈o/sio〉ならではの隠し技で、味の変化を楽しんでください。

女性用はひと回り小さいサイズのどんぶりを用意するなど、細かな気配りも魅力。一度食べるとやみつきになる「ロマンの豚丼」をお目当てに、かっこみ女子が急増中なのも納得の一品。かきこんで完食できるように設計し尽くした拘りの豚丼を、ぜひ味わってみて!

2.シンプルで優しい味わいに仕上げた「優しい火入れの優しい鴨」。

丸の内 o/sio

肉厚で食べ応え抜群の「優しい火入れの優しい鴨」(2,700円)は、鴨特有の血生臭さがなくゆっくり時間をかけて味わいたい一皿。

北海道産のスノーホワイトチェリバレーという、旨味の強い品種の鴨を優しく火入れして仕上げました。芽キャベツやスナップエンドウなどの季節の野菜とともに、素材の味を楽しんで!

3.脂身の甘さが広がる「 ローストポーク」。

丸の内 o/sio

ブランド豚「まる美豚」のロース肉を使用した、「ローストポーク」(2,500円/200g)。大皿にのったローストポークは、見た目のインパクトも抜群!

100g・200g・300gから欲しい分だけ切り分けて、焼きたてを楽しめます。ほんのり甘い脂身とお肉お柔らかさを、じっくりと堪能してみて!

4.リピーター続出の「ナポリタンを超えたナポリタン」

丸の内 o/sio

昔ながらの喫茶店ナポリタンとは一味違う、〈o/sio〉の「ナポリタンを超えたナポリタン」(1,100円)。仕上げに生クリームとバターを使うことで、しっとりとした味わいに仕上げています。

アルデンテの麺と、シャキシャキ食感の野菜が好相性。野菜のカットや酸味の飛ばし方まで考えられた、クセになる一品です。

丸の内 o/sio

〈o/sio〉
■東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエアB1
■03-3217-4001
■11:00~14:30(14:00LO)、17:00~23:00(フード22:00LO、ドリンク22:30LO)、日祝~22:00(フード21:00LO、ドリンク21:30LO)
■無休(不定休あり)
■44席
■禁煙

加藤 朋子
加藤 朋子 / PR・フリーライター

「100カ国以上の一人旅を経て、自然のパワーを再発見。温泉と生はちみつとランジェリーが大好き!お気に入りのランジェリーを身につけて、各地の温泉を訪れるのが至福の時。おやつもスキンケアも生はちみつ!ラジオパーソナリティやウォーキング講師もしています。」

加藤 朋子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る