今日の結論。アイスクラフティーがあれば、暑いことはいいことだ。
2018.07.25

Bob Foundationの朝倉洋美さんと一緒に堪能。 今日の結論。アイスクラフティーがあれば、暑いことはいいことだ。

昨日は暑くて大変だったけど、今日はアイスクラフティーがあったから、暑さが心地よく感じられて。Bob Foundationの朝倉洋美さんも誘ってこだわりの詰まった「紅茶花伝 クラフティー」を一緒に堪能!(PR/日本コカ・コーラ)

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

こだわりの強い人にこそ、今夏はアイスクラフティーを。

茹だるような暑い日、キンキンに冷やした一杯を渇いた喉に流し込む。最高の瞬間をより贅沢なものにするために、その〝一杯〞はこだわりたい。そんな人には、紅茶にたっぷりの果汁を加える〝クラフティー〞がぴったり。紅茶のすっきりとした味わいに、しっかりと感じられる果実の甘み。暑い夏をリッチかつ爽快に彩る、強い味方だ。

紅茶に果汁を注ぐ、という新しい楽しみ方を提案し、それが手軽かつハイクオリティで楽しめる一本がある。それが「紅茶花伝 クラフティー」。使用する茶葉は2倍(※紅茶花伝 ロイヤルレモンティー比)。芳潤な香りを醸す紅茶に加えるのは、100%オレンジの果汁とはちみつ。作り方と同様、自分たちが口にする素材にもこだわりたい人たちだってゴクゴクと喉を鳴らして楽しめるのだ。

朝倉洋美(あさくら・ひろみ)/2002年、朝倉充展とBob Foundationをスタート。イラストレーション、グラフィック、ムービーなど手法は様々に、雑誌、広告、空間デザイン…と幅広く活動。

さて、冷蔵庫でしっかり冷えた「紅茶花伝 クラフティー」を取り出したのは、クリエイティブユニット・Bob Foundationの朝倉洋美さん。「すごくすっきりした飲み心地で後味もさっぱりしているから、暑い夏の日にデイリーに楽しめる一本ですね!」

そう語る彼女が、「紅茶花伝 クラフティー」を口にして得たインスピレーションをデザインに落とし込んだのが、画像(上)の作品。
しっかりと冷やした「紅茶花伝 クラフティー」を常備しておく。暑ければ暑いほど楽しみが増える、夏のライフスタイルの秘訣だ。

What's "CRAFTEA"?新しい紅茶の楽しみ方を手軽においしく!

アルファベットで表記すると「CRAFTEA」。こちらは、こだわりの手作りを意味する「CRAFT」と紅茶を意味する「TEA」を合わせた造語。その名の通り、毎日の生活を大事にする人のための「紅茶花伝 クラフティー」には3つのこだわりが。

【紅茶】
手摘みのセイロン茶葉を2倍量使用(※紅茶花伝 ロイヤルレモンティー比)。豊かな香りが花開く!
【100%果汁】
おいしいところだけ贅沢に搾った、「ミニッツメイド」の厳選果汁が爽やかなフレーバーを演出。
【はちみつ】
すっきりとした味わいを邪魔せず、やさしい甘みをプラスするために加えるのは、はちみつ。

さあ、今年の夏は、さまざまなシーンでアイスクラフティーを楽しもう!

■「紅茶花伝 クラフティー」のサイトはこちら
■「紅茶花伝 クラフティー」410ml 希望小売価格140円。
■お問い合わせ/日本コカ・コーラ 0120-308509


(photo : Maki Ogasawara illustration : Bob Foundation)

編集部

ペットボトルと一緒にグラスもしっ かり冷やして楽しむ。暑い夏だからこその、贅沢な気分を味わう方法。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る