GWは箱根でご褒美旅。一度は泊まりたい箱根のおすすめ宿3選
2019.04.20

箱根の温泉地で心も体もリラックス。 GWは箱根でご褒美旅。一度は泊まりたい箱根のおすすめ宿3選

東京から気軽に行くことができる温泉地・箱根。そんな箱根には魅力的な宿もたくさん。今回は編集部おすすめの温泉宿をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.ヘルシーな玄米菜食と温泉で心身デトックス。箱根湯本の人気温泉宿〈養生館 はるのひかり〉/箱根湯本

朝に夕に、艶やかな源泉かけ流しの湯に身を任せ、芯から体を温める温泉は、日本古来の「養生」の基本。

日常を離れ、ちょっと羽目を外して仲間と山海のご馳走に舌鼓を打つ温泉が〝ハレ〞ならば、ひっそりと一人、心身の再生を求める〝ケ〞の温泉宿が〈養生館 はるのひかり〉だ。良泉をかけ流しで堪能する温泉はもとより、宿の菜園と無農薬栽培に徹する近隣の農家の旬の野菜たっぷりの玄米菜食のおいしさに魅せられて、常時3割はリピーター客という人気の宿。

有機・無農薬栽培の地元の野菜や豆で作る玄米菜食の夕ごはん。中でも、メイン格は「畑のごちそうサラダ」。豆乳のソースを添えて。
雑穀ごはんと味噌汁、イワシの丸干し。体と心にじわりと染み込む朝ごはんの基本。簡素にして芳醇な滋味。
手前が宿の正面玄関。旧東海道沿いの町に大正時代に建てられた茶屋建築の佇まいが美しい。

大正期の財閥の茶屋として建てられた母屋など、品格がにじむ木造建築や庭も、休息と滋養を求めて滞在する客に静けさを約束する。

夕食の別注料理「奴麻婆豆腐」650円。紅芯大根や黄ラディッシュなど、根菜と揚げ白髪葱をのせ、旨辛味噌を添えた一品。

2015年より湯守りとして宿を切り盛りする米山雄二郎さんは、農学や生物学、発酵を学んだ経験から、無農薬野菜栽培、納豆や果実酒、野菜や海藻を発酵・熟成させて作る自慢の調味料〝旨辛味噌〞など、宿の食卓に上る食材の多くを自ら作る。

景色の良いお一人様部屋。毎月初めに開始する予約で3カ月先まですぐに埋まってしまうとか。

さらなる魅力は、温泉宿では稀な、お一人様部屋の充実だ。リブランドオープンを機に、一人客のためのテラス付き洋室3部屋を見晴らしの良い最上階に新設。

無農薬のお茶やコーヒーが飲める広々とした読書室も完備。

初夏の新緑を一人部屋から独り占めし、読書室で静かに過ごす。養生のための温泉滞在が今、静かなブームを迎えている。

〈養生館はるのひかり〉
新宿から小田急ロマンスカーで箱根湯本駅へ85分。新幹線や小田急線急行での小田原駅経由なら、箱根登山線に乗り換え箱根湯本駅まで15分。
■神奈川県足柄下郡箱根町湯本554
■0460-85-5641
■全14室 1泊2食付き1人12,800円〜(1人部屋は14,800円)
こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています!

(Hanako TRIP『1泊2日からの元気をもらう、週末旅。』掲載/photo:Tetsuya Ito text:Chiyo Sagae)

2.箱根の森のフレンチが楽しめる〈箱根オーベルジュ漣-Ren-〉/仙石原

箱根西麓野菜や駿河湾・相模湾の海鮮、地鶏や黒毛和牛など、箱根に集まってくる食材を用い、日本人の舌に合うフランス料理を提供している。

「ラカン産鴨のロースト 秋のフルーツ、サルミソース」など旬を追った美しい品々が並ぶ。

厳選した自然派ワインとのペアリングもまたお楽しみ。

〈箱根オーベルジュ漣-Ren-〉
■神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285-17 
■0460-84-9000
■IN/15:00OUT/11:00 
■1泊/20,000円 
■アクセス/小田急箱根湯本駅より箱根登山バス湖尻・桃源台行きで仙郷楼前下車、徒歩6分。

(Hanako1147号掲載/text:Kahoko Nishimura)

3.雄大な自然を全身で浴びる。〈箱根小涌園 天悠〉/天悠

標高に位置する〈箱根小涌園 天悠〉は、四方を囲む山々の頂が近く、空も広く開けている。この宿で最高の景色が望めるのは大浴場「浮雲の湯」の露天温泉。目の前の箱根外輪山は、開放感を与えながら気持ちのいい距離で包み込んでくれます。

渓谷側と外輪山側の2種類ある標準客室。最上階客室や特別客室を含め、全客室に露天温泉付き 。

広大な敷地の中には、沢や滝が流れる渓谷庭園がある。朝には庭園を眺めながらヨガを楽しむアクティビティも。

ここは箱根の自然を体いっぱいに味わう宿です。

〈箱根小涌園 天悠〉
小田急箱根湯本駅から路線バス(箱根登山バスか伊豆箱根バス)で約20分「小涌園」下車、園内巡回バス2分。または、路線バス(伊豆箱根バス)で約20分「天悠」下車 、徒歩すぐ。
■神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
■0465-20-0260
■150部屋 (IN/15:00 OUT/11:00)
■料金1泊/33,000円〜

(Hanako1147号:photo:Tomo Ishiwatari Yoko Taijiri,text:Kahoko Nishimura Musumi Hidaka)

編集部

温泉にゆっくりつかりたい。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る