topDMA-DSC_7598-768x584
2018.11.21

キュートなフルーツサンドも気になる。 素材にこだわった手作りパンを求めて。【代官山】おしゃれベーカリー3軒

大人の落ち着きとファッションカルチャーやアートスペースが混在する魅力的な街・代官山。ショッピングを楽しんだ後は、甘いパンでブレイクタイムはいかが?今回は、代官山エリアで人気の素材にこだわるベーカリー、サンドイッチショップをご紹介します。

1.すべての食材にこだわった体に優しいパン〈空と麦と〉

DMA-_DSC0681

店主の池田さんは少し変わった経歴の持ち主。自分の田舎を作ろうと、山梨県北杜市に畑を借り、無農薬・無肥料で野菜を育て始め、次に麦の栽培に興味を持つ。自家製小麦のパンは評判を生み、代官山にベーカリーカフェを開いたのが2014年のこと。

DMA-_DSC0582

体にいいものを食べてほしいという思いから、パンに使われる素材や調味料はもちろん、デリの野菜など、提供するすべての食材にこだわり抜き、愛されている。安心して食べられる野菜や食材なども販売する。

(特別編集HanakoFOOD P63掲載:photo:Yuichiro kikuchi text:Taeko Terao,Tomoko Matsumoto)

2.カフェでトレトゥール(フランス流の軽食)とパンを。〈IL PLEUT SUR LA SEINE〉

DMA-DSC_7598

「日本一おいしいフランス菓子店」を標榜する、巨匠・弓田亨さんのパティスリー。しっかり素材の味がして、かつ上品に着地する。「クロワッサン」240円。「パン・オ・ショコラ」260円。バターの香ばしさとチョコのほろ苦さが戯れあう。

「パン・オ・レザン」260円、「クロワッサン・オ・ザマンドゥ」380円
「パン・オ・レザン」260円、「クロワッサン・オ・ザマンドゥ」380円

表面を覆うあんずジャムの甘酸っぱさとアーモンドクリームとの優雅な邂逅。

「パテ・ド・カンパーニュ」(パンとスープ付き)は1,000円
「パテ・ド・カンパーニュ」(パンとスープ付き)は1,000円

(Hanako特別編集FOOD MOOK掲載:photo:Yuichiro Kikuchi, Akiko Mizuno text:Takeo Terao, Tomoko Matsumoto edit:Rie Nishikawa)

3.仲間と作る自然派サンドイッチ〈Bird〉

1125

苺とオレンジ、自然の苦みが魅力の自家製マーマレードとさっぱりしたクリームは相性抜群。750円(税込)

1216

食材はオーナーである鈴木一史さんの仲間たちから調達している。

(1134号掲載/photo : Yutaka Tada text : Miki Konno)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る