_52A9833.eps
2018.10.08

行くべき名店。 国際コンテストで入賞した逸品を楽しもう。世界で認められた東京のジェラート名店2選

涼しい風が吹き、気持ちの良い気候の秋の東京。濃厚かつさっぱりとした味わいが絶品のジェラート片手にお散歩、なんていかがですか?数多ある東京のジェラート店の中でも、国際コンクールで入賞経験のある、世界にも認められた2軒をご紹介します。

1.はちみつとくるみの美味しさがぎゅっと詰まった「メルノワ」は必食!〈ジェラテリア シンチェリータ〉/阿佐ヶ谷

52A9815_atari

定番アイテムから旬の果物を使ったフレーバーまで、ジェラートは常時約15種類をラインナップ。

DMA-_52A9833

なかでも一番人気の「メルノワ」は、はちみつのやさしい甘さとくるみの香ばしさが後を引くおいしさ。イタリアの国際コンテストで入賞した自信作。左・ケサールマンゴー460円、右・メルノワとカカオ500円(各税込)

DMA-_52A9840

季節感を大切に、毎月11日には4~5種類の新作が登場するので、足を運ぶたび新たな味が楽しめるのもうれしい。ピスタチオ750円(税込)。自家焙煎したシチリア産ピスタチオを贅沢に。

(Hanako1138号掲載/photo : Takuya Suzuki text : Etsuko Onodera)

2.美味しくて、カラダにも優しいジェラートを食べるならここ。〈Premarché Gelateria 中目黒店〉/中目黒

MG_0968atari

長年自然食に携わってきた中川信男さんが、フェアトレードやオーガニックの考えをより広く知ってもらうために、ジェラート店をオープン。イタリアで修業したのち、京都で店を始めてから約10カ月で世界ジェラートコンテストに入賞した。

MG_0981atari

アレルギーや食文化などを超え、みんながおいしいジェラートを食べられるようにと全てグルテンフリーのフレーバーは40種類も。動物性素材不使用の“Vegan”、動物性素材は使わないがハチミツは使う“Beegan”など、誰もが安心して選ぶことができる。熱烈なファンが増加中だ。

MG_0957atari

100%お米のみで作ったジェラートや、モンブランなど、ユニークなフレーバーも多数。写真は、ねっとりとしたテクスチャーのピスタチオとマンゴーの2フレーバーカップ700円。オーガニックナッツ&フルーツのトッピングビュッフェ(+300円)もある。

(Hanako1162号掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る