n_THE-THREE-BEARS_0022_atari
2018.01.15

英アンティーク空間のティールームに、ノスタルジックな古民家カフェ… 【京都】世界の紅茶が楽しめるとっておきの紅茶専門店3軒

和のイメージが強い京都ですが、日本茶だけでなく紅茶も人気!今回はイギリスのアンティークに囲まれたティールームや町屋をリノベーションしたカフェなど、とっておきの空間で世界のこだわりの紅茶が楽しめる3軒をご紹介します。

こんな記事もオススメ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆おしゃれなショップ×カフェその1はコチラ!
☆連載・インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内はコチラ!

1.イギリスの町のカフェや家庭の味が楽しめるティールーム〈THE THREE BEARS〉/烏丸蛸薬師

THE-THREE-BEARS_0095_atari

シックな外観。店名はイギリスの絵本から。

THE-THREE-BEARS_0073_atari

カウンターや椅子などはイギリスのアンティーク。

s_THE-THREE-BEARS_0055_atari

店内で作られたお菓子が並ぶショーケース。現地のレシピを日本人の口に合うようアレンジしている。

爽やかなレモンとゴールデンシロップを使った「トリークルタルト」350円やコンデンスミルクのトフィーとバナナ入りの「バノフィーパイ」600円など、イギリスらしいメニューがそろう。

s_THE-THREE-BEARS_0022_atari

紅茶は「現地のカフェや家庭と同じように」という考えからティーバッグを採用。どれもポットでたっぷりいただける。本場の味を気軽に味わってほしいという気持ちが詰まっている。「イングリッシュ・ブレックファースト(ポット・オブ・ティー)」650円(各税込)。

s_THE-THREE-BEARS_0041_atari

奥は壁紙が変わり、また違った趣の空間。

2.味、香り、名前、全てが印象的なフレーバーティーが楽しめる〈STARDUST〉/紫竹

STARDUST_0125

築80年以上の建物は、元は機屋だったそう。静かでしっとりとした空間。

STARDUST_0096

バニラやベリー、パッションフルーツなどをブレンドした「オーヴ・ド・シャンハイ」、マンゴーやひまわりの花びらの入った「ルミエール」など、フランス・リヨンのお茶専門店〈CHA YUAN〉の茶葉がそろう。

STARDUST_0002_atari

茶葉は50g 900円~。美しい名前のものが多く、プレゼントとしてもおすすめ。

香料などは使わず、ドライフルーツやハーブで香りづけしているフレーバーティーは、ほかにはないブレンドと、ポエティックなネーミングが魅力だ。すっきりと爽やかな後味のものや、寒い冬に飲みたい甘い香りのものなど、常時18種ほどが並ぶ。

STARDUST_0055_atari

紅茶のほかに烏龍茶や緑茶もあり。650円~。ほかにはない自然なフレーバーには、根強いファンが多い。

ぜひ、その日の気分や体調に合わせて選んでみて。

3.世界各地の紅茶を気軽な価格で楽しめる〈町家紅茶館 卯晴〉/今出川

UHARU_0004_atari

築100年以上の町家を改装した店内。

バングラデシュにあるカジカジ農園の自然農法による茶葉や、インドやスリランカ、アフリカなど世界各地の紅茶が40種ほど。

UHARU_0023_atari

カフェや茶葉の販売スペースには、瓶詰めがあるので好みのフレーバーを探して。

オーガニックのものやノンカフェイン、フレーバーティーと思わず目移りしてしまうほど。それを気軽に味わってほしいという思いから、どれもポットで500円(税込)。

UHARU_0168_atari

紅茶とチョコレートブラウニーのセットは900円(税込)。

しかも、販売している茶葉は、グラム単位のほかティーバッグ1個から購入可能という良心的な店だ。

s_UHARU_0183_atari

オリジナルの缶にさまざまな種類のティーバッグを詰めて購入することも可能。

店主一人で切り盛りしているので、ゆっくりのんびり紅茶を楽しんでほしいそう。

こんな記事もオススメ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆おしゃれなショップ×カフェその1はコチラ!
☆連載・インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内はコチラ!

(Hanako1145号掲載/photo : Sadaho Naito text & edit : Kaori Hareyama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る